スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ランキング応援お願いします。<(_ _)>


だれとでもできる?





上野さんたちと会う前に、夫はもう一組のご夫婦とやりとりしていたようでした。
そのご夫婦の写真がメールに添付されてきたというので、見せてもらいました。

40代後半くらいのご夫婦。
目も隠すことなく、ばっちりと写っています。

正直、ひるみました。
というのも、ご主人のほうがかなりの薄毛だったからなのです。

プロフィールではわりと長身で中肉ということだったのですが、見てみるまではいろいろとわからないことがあるものだと思いました。
私は、
「ほんとにこのひと・・・?」
と及び腰な口調で聞きました。
夫は、
「そうだよ。やさしそうな人だろ?」
と意に介さない様子。

私は不服でした。
イケメンを希望してるわけじゃないけど、わざわざ好みに合わない人とセックスしなければならないのだろうか?
奥さんのほうはなかなかの美人。
夫はそれを逃したくないだけなんじゃ・・・?

しかし夫の言い分はこうでした。
「俺はどんな人でも受け入れられる人間になりたいんだ。
自分もたいしたものじゃないのに、人を選ぶなんておこがましすぎる」
わかるようなわからないような理論でしたが、要するに夫にとってのスワップは快楽というよりも自分自身に対する挑戦なのだと解釈しました。
大げさに言うならば、人間というものを知る行為。

夫にそういう話を聞かされるうち、私もはじめに抱いていた薄毛のご主人に対する見方が変わってきました。
うん、よく見たら目がかわいいよね。
へえ、犬好きなんだね。
体鍛えてるんだ、いいじゃない~。

なんだかいとおしくさえ思えてきたのです。
そしておしまいには、あの薄毛のご主人に抱かれるんだ・・・という妄想までしはじめました。
すると不思議なもの。
ふさふさの頭髪の人よりも、薄毛の人のほうが、エロくかんじてしまうのです。
頭に汗をかきながら私の乳首をなめると思うと、一段といやらしく思えてくるのです。
これは発見でした。

そうだ、私も冒険しなければ。

どんなところにどんなすごいものが眠っているかわからない。
どんな体型であろうが、どんな髪型であろうが、何歳であろうが、冒険のようなセックスをするんだ。

そんなことを思ったのです。

愛がなければセックスができない。
それは一部真実だと思います。
愛がなければ『よい』セックスはできない。
心まで満たされるセックスはなかなか愛なしにはたどりつけない。

しかし、人間愛も立派な愛。
人間愛さえ持っていれば、だれとでもセックスできるんだ。

私は夫以外の人とセックスするときは、その相手に愛を感じる努力をします。
どんな見た目だろうが、どんなテクニックだろうが、今自分に向き合ってくれているということがとても崇高な行為に思えるのです。

本来、出会うことのなかった相手と出会っている。
それはネット社会がもたらしてくれたラッキーだと思うのです。

以前も書きましたが、スワップしてから、夫のことをもっと深く愛するようになりました。
セックスだけの相手に嫉妬を感じることがばかばかしいくらい、愛おしくなりました。

今セックスがすごく楽しいです。
セックスレスなご夫婦がいたら、一度スワップしませんか?とお誘いしたいくらい、楽しいです。
スワップはテニスの打ち合いと似ています。
初めての相手はどれくらいのテクニックなのか、強めに打ったらどうかえってくるか、
など探りあうことからはじめるからです。

若いころには感じることのできない快楽。
純粋にスポーツだと思えるセックス。
それは心が枯れだしてからはじめてやってくるものなのかもしれないと思いました。




いつもランキングクリックおよび拍手ありがとうございます~!!(*´∀`*b)
今日は少しまじめな内容でした?
なかなか、書きたいことをうまくまとめるのはむずかしいですね。
自分の気持ちばっかりがエロモードでも、文章にするとぜんぜん伝わってなかったり・・・。
いろいろ、がんばります~ (=∩_∩=)

ランキング応援お願いします。<(_ _)>


テーマ : 日記
ジャンル : アダルト

スワップ後




上野さん夫婦と別れふたりきりになったとき、私たちはお互い顔を見合わせて笑いました。
「本当に、あったね」
「ほんと。スワップしたね」
笑えて仕方ありませんでした。

正直、安堵したというのが本音。
気持ちよかったというよりも、スワップした事実が私たちにとっては大事なのでした。
スワップしても、なにも変わらないという事実が。

もしかしたらこれがきっかけで私たちの関係がギクシャクしたらどうしよう?
そんなことも思っていたのですが、まったく心配ありませんでした。

むしろ、私は夫のことが本当に好きなんだ。
それを深く確信した行為だったと思えるのです。

長い月日をかけて夫という人間を理解して、夫といることが当たり前になって、これ以上深く愛することなどないだろうと思っていたのですが、それは違いました。
子どもを産み育て、心も体もおばさんになってゆく自分。
でもこれがきっと幸せというものなのだろう、とあきらめていた時期もありました。
しかし、オンナは復活するのだ!
そう確信したのです。
そして、復活したオンナは、あらたに夫を男として見つめるようになったのです。
スワップしなければわからなかったことでした。

スワップした後の夫とのセックスは、また違うものでした。
お互い、他人と交わった性器。
ここを使ったのか、ここをなめられたのか、ここが感じたのか、
そんなことを思ったり、実際に言い合ったりしながら激しく抱き合いました。

上野さんが印象深いことを言ってたのを思い出しました。
「スワップはアフターがいいんですよ」

スワップする前の私はむしろ、ビフォーでも十分セックスの回数は増えてるのだから、アフターにそんなに意味あるのかなと思っていました。
でも実際、スワップをしてみると、アフターがいい、ということがとても実感できました。

上野さんではイクことができなかった私も、夫となら安心してイクことができます。
そうして、夫をなめてあげることがとても好きになりました。
乳首、ペニスの先っぽ、その裏の筋、睾丸の裏、アナル。
セックスが楽しい、と思いました。

上野さん夫婦とのスワップをおかず(?)に、何度も激しいセックスをしました。
それくらい、初めてのスワップは私たちにとって雷に打たれたような衝撃体験だったのです。
でも私たちはスワップするのは1ヶ月に1回くらいにしよう、と決めました。
求めるのは刺激。
それ以上回数を重ねたら刺激が薄まってしまうと思ったからです。

そして、次のお相手に会うのはそれから3ヶ月後のことになりました。



いつもランキングクリックおよび拍手をありがとうございます~!゚・:,。★\(^-^ )♪
スワップ以来、夫とのセックスで手抜きはなくなりました。
いえ、それまで手抜きしてたってわけでもないのですが、
毎回濃厚でエロいセックスになったのです。(//∇//)
スワップはいい刺激になりました!
二回目のスワップはまた違った感慨があります。
お読みいただけたらうれしいです~!\(^ ^)/


ランキング応援お願いします。<(_ _)>


テーマ : 日記
ジャンル : アダルト

プロフィール

Author:メロン♀
夫にスワッピングの話を聞き、最初は全拒否から始めました。(>_<)
初体験まで数年かかりましたが、徐々にこの世界のよさがわかりはじめたアラフォー世代。スワッピングをお誘いくださるカップル様 募集中(沖縄県の某所)




最新記事
メールフォーム
沖縄某所まで会いに来てスワッピングをお誘いくださる同年代カップルさん募集中です。できれば女性同士でやり取りを進められたら永いお付き合いができると思います。こちらでの出会いは記事にはしませんので気軽にご連絡ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
アクセス元ランキング
検索フォーム
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。