スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ランキング応援お願いします。<(_ _)>


挿入なし?




お金持ちで、スワップ経験も豊富で、レズプレイを要求して・・・
と書くと、なんだか金持ちの変態みたいなイメージがありますが、江藤さん夫婦はまったくそういう雰囲気ではなく、むしろ田舎のおじさんみたいな風貌でした。

4Pからそれぞれの相手とのスワップに突入。
夫と、江藤さんの奥さんはさっそくシックスナインをしています。
控えめでおとなしそうな奥さんは、大きな声であえぎます。

江藤さんはその声に興奮しているようで、私にむかってしきりに、
「ほら、うちの奥さんすごい声出してるよね」
などといいます。
あんまり何度も言うので、しまいに私の心の中には、
「奥さんのことはどーでもいいよ!」
という、さめた気持ちが湧き上がってきました。

江藤さんはそれほどいやらしく濃厚な愛撫をする人ではなく、どちらかというと淡々と胸からあそこにと舌を這わせてゆきます。
もっと強く、もっと激しく!
そう思いました。
江藤さんは愛撫をしながらも奥さんのチェックに余念がありません。
私を愛撫しながら、奥さんに向って、
「感じてるの?すごい声だね」
などと声をかけているのでした。

夫は奥さんのあそこに指を突っ込んで激しく出し入れしています。
奥さんは、
「はあっ、ああんっ、いいわ、ああ~んっ・・!」
と乱れてびちょびちょに濡れているようでした。

江藤さんはひざをついて立ち、私にフェラを要求します。
私は「こっちを見て集中しなさい」というような気持ちで、江藤さんのペニスを強く吸いました。
そのとたん、
「あ、イク、イっちゃうよ・・・」
というと、江藤さんはあっという間に果ててしまいました。

「はあ~?もう~?」
と思いましたが、口には出しませんでした。
江藤さんは苦笑いしながら、
「奥さんの声がすごいからさ・・・」
と言い訳していました。

その後、江藤さんのペニスは復活せず、結局、挿入なし、ということになりました。
江藤さんは、
「若いころなら何度もできたんだけど・・・」
とまたまた言い訳していました。
奥さんを見ながら感じ、奥さんを見ながらイった江藤さんは、すごく奥さんが好きなんだなと思いました。

でも、私は挿入されていない上にイってもいないので、不満が残るスワップとなりました。
あとから聞いたところによると、夫は挿入したもののイクことができなかったようで、私たちはふたりともザンネンな結果だったのだとわかりました。
そうして、それは江藤さん側にしても一緒なのだと思いました。




ランキングクリックおよび拍手、ありがとうございま~す!!
寒くなって少しばかり体調を崩してしまいました。
なので、先週は1回だけでした~、ざんねん!(´Д`。)
でもきのうはしました!(//∇//)
スワップで濃厚セックスできる日は来るのか!?
また読んでくださいね!\(^ ^)/

ランキング応援お願いします。<(_ _)>


テーマ : 日記
ジャンル : アダルト

レズプレイ




江藤さん夫婦は待ち合わせの時間には少し遅れていました。
メールを送るともう少し時間がかかるという返事ばかり。
私たちは過去にネットでだまされた経験から、
「ひょっとしてまた釣りってこと、ない?」
「大丈夫だと思うんだけどなあ・・」
というやり取りを何度もしていました。

「もう来ないかもよ」
とあきらめかけていたとき、待ち合わせの場所に江藤さん夫婦と思われるカップルが現れました。
果たして、それは江藤さん夫婦。

かっぷくのよいご主人と、細身の奥さん。
ほんとうにどこにでもいそうな夫婦。
むしろ、奥さんはどちらかというとまじめで寂しげな印象すらあります。

こんな人があんな写真を・・・?

私はにわかには信じられませんでした。

ほんとうにこの夫婦とスワップするの?

それもなかなかに信じがたいくらい、エロい印象というものが皆無なご夫婦でした。
まるでビジネスのようなあいさつを済ませたあと、とりあえず居酒屋でごはんを食べることにしました。

ご主人も奥さんもあまりおしゃべりでもなく、お酒が入ってもエロエロに乱れるわけでもなく、私はひょっとしたらこのままごはんだけで終わるかもしれないと思ったくらいです。

しかし、店を出たらすぐにホテルに直行という流れになり、それはそうだな、そのために会ってるんだから、と考え直しました。

江藤さん夫婦は旅行で私たちの地方に訪れているため、そこにおじゃますることにしました。
そのホテルは地元でも高級で有名なホテル。
私はこの普通きわまりないご夫婦がますますわからなくなりました。

もしかしたら変態的なプレイを強要されるかもしれない。
金持ちほど、変態が多いと聞くし・・・。

ふとそんなことが頭をよぎりました。
しかし、どう考えても向こうのほうが体力なさそう。
いざというときには走って逃げてもいいんだから。
そう考えて江藤さんの宿泊しているホテルに足を踏み入れました。

初めてのスワップのときはそれこそなにものどを通らないくらい緊張していたのですが、2回目はまるで違いました。
お相手が見た目、ふつうのおじさんとおばさんというのもあったかもしれません。
ゴージャスなお部屋で少し話しをしたあと、シャワーを浴びようという流れになりました。

夫が耳打ちしたところによると、江藤さんのやり方というのは、最初、奥さんが私に対してレズプレイをする。
そして徐々にふたりの夫が妻や相手の奥さんを愛撫し、最終的にそれぞれにわかれて楽しむ、というスタイル。

正直なところ、レズプレイにはかなり抵抗がありました。
エッチな動画などでレズプレイを見ることもありましたが、普通にエロいな~と思う程度で、レズプレイをまさか自分が経験するなんてことは考えたこともありませんでした。

シャワーを浴び終えて、江藤さんがベッドカバーをばっさりとはずします。
私は夫にうながされてそこに寝転がりました。
江藤さんは奥さんに対して、私の乳首を愛撫するよう指示します。

私は恥ずかしく
「え~!!」
とかなり躊躇しました。
夫は
「だめだよ、ちゃんとやらなきゃ」
と強引に私を押さえつけ、江藤さんの奥さんをいざないます。

奥さんは「じゃあ」と言って私の乳首を舐めはじめました。
初めて女性に愛撫されている。
奥さんは舌と指を使って私の乳首をもてあそびます。
もっとエロい気持ちになるのかと思いましたが、まったくそんなことはありませんでした。
それよりも、奥さんが女性を愛撫しているという状況をうれしそうに見ている江藤さんは、いまどういう気持ちなんだろう、とかいうことが気になっていました。

奥さんの指は下のほうに伸び、私のクリトリスをもみはじめます。
女性の指は男性よりもずいぶんとやわらかくやさしいものだな、と思いました。

夫が私の胸を愛撫し始めます。
それを皮切りに、江藤さんも加わり4Pが始まりました。
夫は私を愛撫しながら、奥さんの胸やあそこを愛撫。
江藤さんは私のあそこを舐め、私は奥さんの乳首をこりこりしたり、江藤さんのペニスをまさぐったり。

初めての4P。

きっと横で見てるほうがエッチな感じがするんだろうな、と漠然と思いながら、私は必死によがり声を上げていたのでした。




ランキングクリックおよび拍手をいつもありがとうございます~v(⌒o⌒)v
寒くなるとエッチの回数って減っちゃいますよね。
寒さに負けずに年間エッチ120回目指したいと思います!ヽ(*´Д`*)ノ
また来てくださいね!

ランキング応援お願いします。<(_ _)>


テーマ : 日記
ジャンル : アダルト

スワップ二回目に向けて



次のスワップ相手は50歳前後のご夫婦、江藤さん。
江藤さんご夫婦はスワップの経験はけっこうあるらしいとのこと。
スワップもさることながら、奥さんのヌード写真を撮るのが好きということでした。

夫が見せてくれたメールには、江藤さんの奥さんのヌード写真が添付されていました。
奥さんは細身でなかなかのスタイル。
顔はモザイクがかかっているのでわかりませんが、普通の人のように見受けられました。

私はますますスワップというものは、ふつうの人たちの趣味なのだということを確信しました。
セックスは少々刺激のあるスポーツなのだ。

江藤さん夫婦は信頼できるカップルと年に数回スワップを楽しんでいるのだとか。
私たち夫婦が信頼できるカップルかどうかは、どうやって判断するのだろう?
と疑問に思いましたが、夫はメールでのやりとりには細心の注意を払う人。
じっくりと時間をかけて相手に安心感を与えているようでした。

私たちにとっても江藤さん夫婦が信頼できるかどうかはわかりません。
出たとこ勝負な部分が非常に大きいと思うのです。
危険は覚悟で飛び込んでいかなければいけないときもあります。

江藤さんと会う日が近づくにしたがって、私たちのセックス回数も増えてきました。
お風呂もいっしょに入り、お風呂の中でもセックスしました。

湯船に手をつきお尻を突き出し、夫のペニスを迎え入れる。
そこで夫がイクときもあれば、出てから部屋で続きを楽しむこともありました。

お互い見ず知らずの相手に思いをはせながら、知り尽くした相手とのセックスを堪能します。
最初は夫が私の乳首やクリトリスを愛撫し、次に私が夫にフェラをする。
それからシックスナインに突入。
その後、すぐに挿入するときもあれば、夫が指をつかって私をびちゃびちゃにすることもありました。

じらされると入れてほしくてたまらなくなります。
あそこを夫によく見えるように、腰を動かし、
「ねえ、入れて、入れてよ」
と甘ったるい声でお願いします。

夫のペニスが私のあそこに入れられる瞬間はすごく好きです。
にゅるっと入ってくると、思わず声が漏れます。

夫は私をずんずんとつきながら、乳首をなめたりクリトリスをいじったり。
頭の中は真っ白になってゆきます。

濃厚で気持ちのよいセックス。
夫となら毎回こうなるのですが。
江藤さん夫婦と、きちんとセックスできるだろうか?

私たちの不安はそこにありました。




ランキングクリックに拍手、ありがとうございます~!\(@^0^@)/
徐々に二回目のスワップのことを書いてゆきますので、また読んでくださいね!
夫とは今週2回セックスしました。
きっともう1回はすると思います!
気持ちいいこと、大好きです~!(●^д^●)

ランキング応援お願いします。<(_ _)>


テーマ : 日記
ジャンル : アダルト

プロフィール

Author:メロン♀
夫にスワッピングの話を聞き、最初は全拒否から始めました。(>_<)
初体験まで数年かかりましたが、徐々にこの世界のよさがわかりはじめたアラフォー世代。スワッピングをお誘いくださるカップル様 募集中(沖縄県の某所)




最新記事
メールフォーム
沖縄某所まで会いに来てスワッピングをお誘いくださる同年代カップルさん募集中です。できれば女性同士でやり取りを進められたら永いお付き合いができると思います。こちらでの出会いは記事にはしませんので気軽にご連絡ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
アクセス元ランキング
検索フォーム
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。