スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ランキング応援お願いします。<(_ _)>


若いということよりも



私は第二次ベビーブーマーといわれる世代なので、同じ時代を生きてきた人たちは多いと思います。
そのため、スワップで出会う人たちも、同じ世代の人が多いのはラッキーなことだと思います。
セックスだけではない面白さがある、というのがスワップの醍醐味だと思うからです。
もちろん、違った世代の方々と出会える楽しみはあります。
私にはまだわからない悩みとか、経験したしんどさ、などをうかがうのはおもしろいもの。
スワップという一過性の出会いではあるものの、その人はその人の人生があるというのを垣間見ることができるのは、おもしろい短編小説を読むようなわくわく感があるからです。

年下の田島さんカップルとお会いしたのは、年上夫婦の園田さんと会った後でした。
田島さんカップルは野外で露出撮影が趣味とのこと。
スワップはNG。
そのため私は気楽に出かけました(笑)
田島さんは私たちよりも少し下。
夫がいうには彼女も同じくらいの年だとのこと。
しかし、実際にお会いした彼女はまったくそんな年には見えませんでした。

年齢というのは見た目だけではなく、話の内容、立ち居振る舞い、言葉遣い、いろんなところににじみ出てきます。
見た目が若くても、話してみるとそれなりの年齢に思えたというのはよくあること。
その彼女もそんな感じなのかと思っていました。

田島さんが撮影をしたいというので、私たちはそれをただただ眺めているだけでした。
彼女は下着姿でスタンバイ。
田島さんは、海をバックに彼女を立たせ、彼女の股間ごしに海を撮ります。
じろじろ見るのも悪いな、とは思ったのですが、やはりそこは見てしまいます(笑)
彼女は皮膚もたるみなく、とくに運動もしていないというわりには垂れていないきちんとした体をしていました。

30代後半でこれはすごい、と内心驚嘆しました。
ひとしきり撮影が終わり、ごはんを食べに行くことにしました。
歩いて向かう途中、夫が田島さんと話しているので、私は彼女と話すことになります。
しかし、困りました。
お互い共通の会話がなさすぎるのです。
夫と田島さんは、そっち系(笑)の話をずっとしていますが、私と彼女は相手に連れられてこの道に入ったので、とくに熱く語ることもありません。
しょうがなく天候の話をして時間をやりすごすことになるのでした。

同世代とはいえなくても、そこは女同士。
もっと盛り上がってもいいはずなのに、ちょっと世代が違うだけでこんなに会話のとっかかりがないものかと、自分の話題の広げ方の貧弱さにちょっと落ち込みました。
しかし話しているうちに、彼女の年齢がまだ20代だということがわかりました。
田島さんとはかなり年齢差があるとのこと。
その田島さんよりも年上の私などは、彼女にとってはとくに興味のないおばさん世代であり、話のとっかかりがないのは当然なのかもしれないと思いました。
かたや、つけまつげにカラコン、最新のアイフォンを使いこなすこれからの世代。
こちらは子育て、親の介護、自分の老後、白髪染めに頭を悩ます先細り世代。

くすみのない肌同様、心にもくすみはまだあらわれていない彼女には、スワップする夫婦の気持ちというのはまったく理解できないのだろうなあ、と思いました。
私たちにとっても、理解できないのは同じ。
通ってきた道だとはいえ、若いころの気持ちはそのまま持っては行けないのです。
だから彼女の気持ちのどこに入り込んで話を広げたらよいのか、まるでわからなくなりました。
スワップでの出会いは短編小説を読むようなものと書きましたが、読みたいのはドラマチックなもの。
苦悩、嫉妬、官能、快楽、そういうどろどろしたものにまみれている人生と交錯したいからスワップするのです。
田島さんカップルはまだ恋愛の途中なので、スワップの入り込む余地はないように見えました。
げんに、何度かチャレンジしようとしたらしいのですが、うまくゆかなかったのだとか。

スワップは、いろんな意味で女にかげりが見えたときにするのがよいように思います。
でないと醍醐味は味わえないと思うのです。
『若い』という、世の中を残酷に切りすてられる時期がすぎて、いろんなものにまみれて傷ついてからでないと、本当に大切なものはわかりません。
スワップで出会うひとたちには、きちんとまみれて傷ついたひとたちという空気を感じます。
そういうひとたちの人生をひもときながら交わる楽しさが、スワップにはあるのだと思います。




いつもゆっくり更新でごめんなさい!(^^;)
それでもご訪問いただき、ありがとうございます!!
読んだよ~のお言葉を、ランキングクリックしていただけるとうれしいです~\(^ ^)
ランキング応援お願いします。<(_ _)>


テーマ : 日記
ジャンル : アダルト

究極のコレクション


先週できたら更新するといいながら、やはりできませんでした。
すみません(汗
がんばればできるけど、けっこう厳しいかも・・という約束はできるだけしないほうがいいと悟った夏です(笑)

さて、前回の続きです。
瀬川さんとその奴隷さんカップル。
ご主人様と奴隷という形態のカップルがいるというのは理解はしていたものの、実際かれらを目にして思ったのは、
「見た目ではまずわからない」
ということでした。
ご主人様というと私の貧相な想像力では、細めの神経質の知的の近寄りがたいオーラが満載な人たちだと思っていました。
ところが、瀬川さんはそのどれにもあてはまらないどころか、ことごとく逆のタイプでした。

瀬川さんは奴隷がいかに自分に従順かということを語りました。
奴隷である彼女はうれしそうに(少なくともわたしにはそう見えました)、瀬川さんの言葉を聞いています。
私たちはどんな表情をして聞いたらよいのかわからず、とりあえず、初めて聞く世界をそのまま受け取ることに必死でした。
瀬川さんに電話がかかってきて席をはずしたとき、彼女が語りだしました。
奴隷だというと引かれることが多いけど、自分は精神的な部分でとても彼に助けられている、
彼の言うことを聞いている状態というのは、自分が望んだことなのでありがたいのです、
と。

奴隷になる気持ちは私にはまずわかりませんでしたが、ひとつとてもよくわかったことがありました。
それはそこには愛があるのだということです。
本来の奴隷は、なりたくてなるのではありません。
なりたくないのに、無理やり奴隷にされてしまうのです。
だから自由が欲しいのです。

しかし、性の世界では自ら望んで奴隷になります。
ご主人様に自分のことをすべて決めて欲しい。
自分を左右して欲しい。
自由を奪って欲しい。
そこに感じるのは、大好きなご主人様の意思が自分のすべてに反映されているというよさなのだと思ったのです。

そう思って瀬川さんカップルを眺めると、彼らをつなぎとめているものは愛しかないのだと思えるのでした。
もちろん瀬川さんは愛などないということを強調します。
奴隷に愛情なんかかけるわけがないと、気色ばむのです。
しかし、そうやってムキになるのは愛がある裏返しだろうと思いました。
ここまで要求してもこたえてくれる奴隷。
こういうこともやってくれる奴隷。
奴隷彼女本人よりも、瀬川さん自身がその状態に縛り付けられているという気がしました。
きっと大好きで仕方ないのでしょう。

このふたりの関係のよさは、わからないでもありません。
私自身、奴隷になりたいとはまったく思いませんが、またなれるような性格だとも思っていませんが、大好きな人が自分のすべてを決めているのがいいという状況はわかります。
そのひとのいうことを全部受け入れていたい、その人の好きな女でいたい、そういう気持ちは理解できるのです。
そして男側なら、女に自分の要求を受け入れてもらいたい、自分好みの女になって欲しい、そう考えると思うのです。
それが女のカスタマイズにつながるのではないでしょうか。
自分好みの女を作ること。
それは男の理想なのかもしれません。
コレクションの究極といえます。

だからスワッピングよりも寝取られ願望の強い男性というのは、きっと自分の妻あるいはパートナーしか必要ないのだと思います。
カスタマイズした妻が感じるところを堪能したいはずです。
残念ながら他人の妻にはそんなに興味はないのです(笑)
瀬川さんも、彼女はいろんな人に貸し出しはするけれども、自分自身、他人を抱きたいとは思わないとおっしゃってました。
夫婦、あるいはカップルにはいろんな形態があって、お互いが納得している状態なのであれば、まったくそこに他人がとやかく言う必要はないのです。
愛がある、セックスがある。
それがすべてです。
瀬川さんカップルにお会いして、そういうことを考えました。



暑いので、なかなかPCに向かうのがおっくうになってしまって、ただでさえゆっくり更新がとどこおってすみません。
読んでいただきありがとうございました!
読んだよ~のおことばをランキングクリックいただけるとうれしいです!!\(^ ^)/



ランキング応援お願いします。<(_ _)>


テーマ : 日記
ジャンル : アダルト

女をカスタマイズ



かねてから考えていた男性のコレクション癖について、考えたことを書きたいと思います。

スワッピングのみならず、寝取られ願望の男性もそうだと思うのですが、男性は自分のパートナーの女性をいかにカスタマイズしているか、ということを売りにすることが多いような気がします。
妻はフェラが上手です、アナルが大好きです、巨乳なのでパイズリが得意ですなど、自分の妻の売りポイントをプッシュします。
最初私はそのことが不思議でたまりませんでした。
妻はそういうことはまず言いません。
夫はクンニが最高です、乳首責めがたまりません、なんて言う人はいないと思います。

それはなぜなのでしょう。
私なりに考えたのですが、それは男のコレクション趣味と同じだと思うのです。
よく女にはまずわからないといわれるのが、男のコレクション好きな性癖について。
男性はなぜかいろいろ集めたがります。
そのジャンルは多岐にわたりますが、共通してると思うのが、コレクションを見せたいという思い。
自分ががんばって集めたものを自慢したいという思いがあると思うのです。
それもその価値をわかっている人に見せたい。
そして賞賛してほしい。
そんな気持ちが働くのではないでしょうか。
その気持ちが女性に対しても当てはまるのでは?と思ったのです。

昔の皇帝のような立場の人であれば、実際に女性をコレクションできます。
いろんなタイプの女性をはべらせることは男のあこがれでしょう。
しかし、そんなことがかなわない今。
コレクションの中のお気に入りをぴかぴかに磨く、というような意味合いで女性をカスタマイズするのではないでしょうか。

そんなことを考えていたとき、夫から、
「勉強になるから会ってみる?」
とあるカップルさんと会うことを提案されました。
興味深いカップルさんらしく、たぶん会ったことのないタイプだといいます。
スワップは無し。
女性がいろいろカスタマイズされた方なので、それを鑑賞したりお話を聞いたりするだけとのこと。
私はスワップがないという気楽さから、そのカップルさんとお会いすることにしました。

お会いした瀬川さんカップルは旅行中だとのこと。
私たちよりもかなり年上。
見た目、ふつうのご夫婦に見えました。
よくしゃべるご主人に物静かな奥さん。
そんな印象がありました。
軽くあいさつしたあと、私が、
「奥さんは・・・」
と女性のほうに話を聞こうとすると、瀬川さんが厳しい口調で、
「奥さんじゃないよ」
とさえぎります。
ちょっと驚きましたが、愛人を連れての旅行では「奥さん」ということばは禁句なのかと勝手に納得しました。

ひととおり差し障りのない会話をしたあと、瀬川さんがおもむろに、
「ピアス見ます?」
と私たちに聞きます。
お会いする前に夫から聞いていた瀬川さんに関しての情報では、瀬川さんの彼女はいろんなところにピアスしてるということでした。
それだけしか聞いていなかったので、イケイケのやんちゃな女性を想像していたのですが、まったく違いました。
年齢のわりにきれいなつつましい奥さんという見た目。
厳密には奥さんではないということでしたが、愛人らしからぬ(?)控えめな感じ。
ほんとにこの人がピアスを?
そんな気すらしていたので、ピアスを見るかと聞かれたときも、イケイケにもアバズレにも見えない人がどこにどんなふうにピアスしてるのか想像すらできなくて、へんてこな気持ちになりました。

彼女は、
「はい」
と素直にうなずいて、下半身をあらわにし始めます。
まるで手術痕でも見せるようなおちついた様子。
パンティーの横からむきだしになった彼女のクリトリスには、シルバーのピアスがささっていました。
恥らうでもなく誇るでもなく、無表情にそれを見せる彼女。
私はどういう言葉を発したら適切なのか、よくわからないまま、
「は~、すごいですねー」
と間の抜けた声を出していたように思います。
そしてさらに彼女は胸もむき出しにし、乳首のピアスを見せます。
大きめの乳首に真横にささったシルバーのピアス。
痛っと思い、私は思わず自分の胸をおさえました。
うわさには聞いたことのあるクリピアスに乳首ピアス。
ファッションでもないように思えるのですが、いったいこの人はなんのためにそんな痛いことをしてるのだろう?

私はとりあえず、
「痛くなかったですか?勇気いりますよね?」
と聞きました。
彼女はふんわりと微笑み、
「かなり悩みました」
と言います。
そして瀬川さんのほうをう訴えるように見ます。
瀬川さんは、これは自分が強要したことではなく、彼女が自らやると決めたことで、実際、ピアスを開けるにあったっては細心の注意を払っている、と饒舌に語りました。
私は混乱しました。
なぜ瀬川さんが饒舌になるのかよくわからなかったのです。
私は彼女がピアスを入れてるのを、彼女以外の意思が動いてると考えすらしなかったからです。
「これを入れてると、瀬川さんは気持ちいいんですか?それとも彼女さんがイキやすくなるとか?」
そう聞くと、瀬川さんは何を見当違いな質問をしてるんだという表情になり、
「どうしてこいつをイカさないといけないんですか?」
と気色ばみます。
ますます混乱しました。
彼女をイカさないでいい状態ってどういうものですか?
と聞きたかったのですが、瀬川さんは重ねて、
「妻でもなく彼女でもないのに」
と言うのです。
妻でもなく、彼女でもない。
見た目、友達でもない。
じゃあ何?
私はそっと夫を見ました。
夫も頭の中で混乱を整理している最中のようでした。
瀬川さんの語ることを用心深く聞いていると、ようやくわかってきました。
妻でも彼女でもないその人は、瀬川さんの奴隷でした。





いつもご訪問ありがとうございます~!
話が長くなるので続きは次回になります。
できるだけ来週更新したいなあと思っていますが、できなかったらごめんなさい(汗)

読んだよ~のおことばをランキングクリックいただけるとうれしいです!!\(^ ^)/
ランキング応援お願いします。<(_ _)>


テーマ : 日記
ジャンル : アダルト

見せるという快感




学生のころ、バイトの帰りに強烈なものを見たことがあります。
バイト先から駅に向う途中の道。
人通りがそれほど多くないところに路上駐車した車の中で、中年男性がオナニーしていたのです。
私はぎょっとして二度見してしまいました(笑)
その直後怖くなって、小走りで駅に向ったのですが、そのしぐさは今でも覚えています。
黒々した茂みの中から生々しく勃起したペニスを、焦ったように右手でしごいていたしぐさ。
リクライニングしてわざと股間を丸見えにしているふうで、ペニスと手の動きは外からでもはっきりわかりました。
男性の目はサングラスをしていたためわかりませんでしたが、目が合ったような感覚がありました。
きっと、見せるためにやっていたのでしょう。
若い女が(もちろん当時ですが、笑)それを見て、きゃっと顔を赤らめるのが楽しいという性癖なのでしょうか。
見せることに快感を覚える人もたくさんいるようです。

性に関する好みは多種多様。
私たち自身はノーマル夫婦だと思っていますが、スワッピングをするのがノーマルか、と突っ込まれそうですし、40歳にもなるのに、年間120回も夫婦でセックスするのは日本人では異常だと思われるかもしれません。
だれしも自分以外の好みは不思議に思えるもの。
私たちがお会いした中でも、妻を露出させて写真を撮るのが趣味というご夫婦がいました。
妻の写真を撮るのが趣味というご主人はけっこういます。
私の夫はその気持ちがわからないと言います。
もともと写真を撮るのが趣味ではない上に、写真だけでは気持ちよくない、と言うのです。

そのご夫婦は、スワップはNGということだったので、お話だけでした。
見た目はごくごく普通の夫婦。
それが夜になると路上に繰り出し、奥さんを素っ裸にさせて写真を撮るというので、驚きました。
女である身からすると、露出させられるという行為はものすごくハラハラすると思います。
だれか通ったらどうしよう。
こんなとこで裸になるなんて。
夫の見てる前でいきなり触られたり犯される危険性もある。
ぎりぎり感、背徳感がハンパないと思います。

男性のほうはどうなのでしょう?
イケナイコトをしてるというだけの楽しみでしょうか。
妻にここまでさせて、それをちゃんと受け入れてもらってるという安心感なのでしょうか。
恥らう妻を見て、あらためて「俺の女だ」とかわいく思うのでしょうか。
私の乏しい想像力ではわからない部分がたくさんあると思いました。

そのご夫婦は、
「いきなりスワップのほうがハードル高いでしょ」
と言ってましたが、私たち夫婦にとっては、室内でセックスすることのほうが、屋外で裸になるよりもハードルが低いことのように思えるのでした。
夫婦の楽しみはさまざまです。

ただ愛してるだけでセックスできたときとは違い、夫婦なりの楽しみを見つけなければセックスは楽しめないと思います。
それがたとえ他人から見ると変態的な形式であったとしても、夫婦が納得していたらいいのです。
セックスばっかり推奨する女だなと思われるかもしれませんが、そのとおり!(笑)
不純異性交遊として、してはいけないことだといわれた子どものころと違って、大人になって、ましてや夫婦となったら、それはもはや不純ではなく、純粋な愛の行為なのです。
後悔しないように、私はいっぱいセックスしておきたいと思っているのです。



ランキングクリックおよび拍手、いつもありがとうございます~(^-^)
きのう、はセックスしませんでした。
一昨日したので。(//∇//)
夫をマッサージしてあげながらのプレイでした。
最近、マッサージしてあげるとついつい股間をさわりたくなります。
「感じてはいけませんよ」なんて言いながらやると、エロさも倍増。
ぜひオススメのプレイです!ヽ(´∀`*)ノ

ランキング応援お願いします。<(_ _)>


テーマ : 日記
ジャンル : アダルト

プロフィール

Author:メロン♀
夫にスワッピングの話を聞き、最初は全拒否から始めました。(>_<)
初体験まで数年かかりましたが、徐々にこの世界のよさがわかりはじめたアラフォー世代。スワッピングをお誘いくださるカップル様 募集中(沖縄県の某所)




最新記事
メールフォーム
沖縄某所まで会いに来てスワッピングをお誘いくださる同年代カップルさん募集中です。できれば女性同士でやり取りを進められたら永いお付き合いができると思います。こちらでの出会いは記事にはしませんので気軽にご連絡ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
アクセス元ランキング
検索フォーム
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。