スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ランキング応援お願いします。<(_ _)>


二回戦



私と上野さんの行為が終わり横を見ると、夫はまだ果てていない様子。
しばらくすると果てないまま、終わっていました。

夫は恐縮しきりでしたが、上野さんの奥さんは「大丈夫です」となぐさめてくれていました。
上野さんのやり方では、シャワーは各夫婦で浴びると決めているようで、私は夫とシャワーを浴びました。

夫は、小声で、
「コンドームがどうもダメみたい」
と言います。
「イかなかった原因?」
「そう。なんだか気持ちよさが半減するんだ」
夫は心底残念そうに言うのでした。

夫がイけなかったことは私も少し驚きました。
若いときとは違い一日に何度も射精できるということはありませんでしたが、セックスでイかないことなんか、これまでなかったからです。
緊張と慣れないコンドームがそうさせるのでしょう。

夫は、
「初スワップがこれじゃなあ・・・」
と苦笑い。
「もう一回、お願いしてみたら?」
私が提案すると、夫は
「できるかなあ」
と不安そうにします。
「大丈夫よ。今度はイくことだけに専念したら?」
「そうしてみる」
夫はそういって、私にペニスをなめてと言いました。

夫のペニスはすぐにビンとたって、準備OKの状態。
私は心の中で、どうにか無事イけますように、と思っていました。

スワップなんか信じられない!
夫がだれかを抱くなんて!
と思っていたときにはまさか考えもつかないような心境でした。

夫は上野さんの奥さんにOKをもらい、再チャレンジ。
そうなると、私と上野さんも自然ともう一度・・ということになり、ふたたびセックスをしました。

二回目は一回目よりもいやらしく感じました。
上野さんは正常位で私を突きながら、
「メロン、すてきだよ、きれいだよ・・・」
と耳元でささやきます。
私は夢中で上野さんにしがみつき、鼻にかかった声を出していました。
上野さんは乳首も感じるようで、乳首を愛撫してあげると、すごく興奮しているのがわかりました。
さらに激しく腰を使って、奥のほうまで突いてきます。
「あん、もうだめ、もうだめ・・」
私は人差し指を噛みながら、苦痛のような快感を感じていました。

夫は奥さんに挿入して今度はきちんと発射できたようで、コンドームをはずし後処理をしています。
ほどなく上野さんは二回目の射精。

不思議なもので、射精が終わるとお互い他人の配偶者の顔になり、私は早く夫のもとに戻りたい気持ちでいっぱいになりました。

そうして、二回セックスをして、上野さんはイったのですが、私はイきませんでした。
スワップでイクのは難しいかもしれないと、漠然とそのとき感じました。




いつもお読みいただき、ランキングクリックに拍手、ありがとうございます!!\(^-^ )♪
オナニーではイけても、セックスでイクのは難しいものですね。
ましてや初めてのお相手は、さぐりを入れるだけで精一杯という気がします。
初スワップは無事終了しました!
が、その後は順調に行くのか・・・??
またお読みくださいね!!\(*´▽`)o゚★,。・:*:・☆゚"
ランキング応援お願いします。<(_ _)>


テーマ : 日記
ジャンル : アダルト

スワップ後




上野さん夫婦と別れふたりきりになったとき、私たちはお互い顔を見合わせて笑いました。
「本当に、あったね」
「ほんと。スワップしたね」
笑えて仕方ありませんでした。

正直、安堵したというのが本音。
気持ちよかったというよりも、スワップした事実が私たちにとっては大事なのでした。
スワップしても、なにも変わらないという事実が。

もしかしたらこれがきっかけで私たちの関係がギクシャクしたらどうしよう?
そんなことも思っていたのですが、まったく心配ありませんでした。

むしろ、私は夫のことが本当に好きなんだ。
それを深く確信した行為だったと思えるのです。

長い月日をかけて夫という人間を理解して、夫といることが当たり前になって、これ以上深く愛することなどないだろうと思っていたのですが、それは違いました。
子どもを産み育て、心も体もおばさんになってゆく自分。
でもこれがきっと幸せというものなのだろう、とあきらめていた時期もありました。
しかし、オンナは復活するのだ!
そう確信したのです。
そして、復活したオンナは、あらたに夫を男として見つめるようになったのです。
スワップしなければわからなかったことでした。

スワップした後の夫とのセックスは、また違うものでした。
お互い、他人と交わった性器。
ここを使ったのか、ここをなめられたのか、ここが感じたのか、
そんなことを思ったり、実際に言い合ったりしながら激しく抱き合いました。

上野さんが印象深いことを言ってたのを思い出しました。
「スワップはアフターがいいんですよ」

スワップする前の私はむしろ、ビフォーでも十分セックスの回数は増えてるのだから、アフターにそんなに意味あるのかなと思っていました。
でも実際、スワップをしてみると、アフターがいい、ということがとても実感できました。

上野さんではイクことができなかった私も、夫となら安心してイクことができます。
そうして、夫をなめてあげることがとても好きになりました。
乳首、ペニスの先っぽ、その裏の筋、睾丸の裏、アナル。
セックスが楽しい、と思いました。

上野さん夫婦とのスワップをおかず(?)に、何度も激しいセックスをしました。
それくらい、初めてのスワップは私たちにとって雷に打たれたような衝撃体験だったのです。
でも私たちはスワップするのは1ヶ月に1回くらいにしよう、と決めました。
求めるのは刺激。
それ以上回数を重ねたら刺激が薄まってしまうと思ったからです。

そして、次のお相手に会うのはそれから3ヶ月後のことになりました。



いつもランキングクリックおよび拍手をありがとうございます~!゚・:,。★\(^-^ )♪
スワップ以来、夫とのセックスで手抜きはなくなりました。
いえ、それまで手抜きしてたってわけでもないのですが、
毎回濃厚でエロいセックスになったのです。(//∇//)
スワップはいい刺激になりました!
二回目のスワップはまた違った感慨があります。
お読みいただけたらうれしいです~!\(^ ^)/


ランキング応援お願いします。<(_ _)>


テーマ : 日記
ジャンル : アダルト

年間100回越えセックスの秘訣




今年に入って11月までのセックス回数を数えたのですが、すでに100回を越えていました。
これは日本人の平均としてもかなり多いほうだと思います。
ましてやアラフォーで、20年来のつきあい。
そのうえスワップしてからは濃厚さも増し、毎回ぐったりするようなセックスをします。
回数の秘訣は飽きないようにお互い工夫することだと思います。

私が好んでするセックスは、イメージプレイ。
なぜか私は少し犯されたい願望があるのか、(もちろん本当にレイプされるのはいやですが)エッチなビデオでもそういうものを好みます。

セックスのためにわざわざ洋服を着替えることもあります。
ぴちぴちのタイトなスカートに胸元が大きく開いたブラウス。
胸元から夫に手を差し入れられ、
「やめて・・・」
といいながら、あえぐ。
短いスカートを無理やりたくし上げられて、あそこに指を突っ込まれる。
私のそこはすでにびちょびちょになっています。

服を脱がずにそのまま挿入されると、すごく興奮します。
立ちバックのまま胸を強めにもまれたり、ときにはやさしく乳首をコリコリされたり。
思わず私も腰を振ってしまうのです。

そのほかに好きなシチュエーションは、マッサージを受けながらうっかり(?)セックスに発展というもの。
やさしく背中をマッサージされていると思いきや、いつの間にかマッサージ師(夫)の手は前のほうにも伸びてきて、胸をもみます。
「あん、気持ちいい・・・」
というと、彼の指はクリトリスをもてあそび始める。

私の好きな2大シチュエーション、痴漢プレイとマッサージ。
これをされるともうだめです。

セックスが楽しいと思う前は、夫に誘われないとセックスしませんでした。
今は誘うこともあります。
夫が気を抜いているときに、ペニスをなめたりするのはとても楽しいです。
夫はこのごろ常に言います。
「かわいいとかよりも、最後にはフェラの上手いひとが勝つと思う」
と。

フェラの上達。
私はそれまでフェラに重きを置いていなかったので、それほど精進することもなかったのですが、最近考えをあらため、フェラが上手くなりたいと思うようになりました。

フェラするときには、棒の部分を重点的に吸ったりなめたりしていたのですが、そのまわりもたくさんなめてあげることにしました。
とくにアナルは喜ぶようです。
アナルから睾丸につながる部分や、足の付け根、睾丸の裏。
そういうところをたっぷりの唾液でべろべろすると、夫はとてもよがります。
すると夫のほうもたくさん愛撫してくれ、結果すごく濃厚なセックスになるのです。

いいセックスをすると、イクのがもったいなくて、
「ねえ、明日もしよう、お願い、明日も抱いて」
とすがりつくこともあります。
実際次の日にするかどうかは別として、セックスしたいと思うサイクルが早くなります。
おまけに、こうやって思い出すだけでもまたしたくなるので、年間100回越えということになるのです。

セックスは遠ざかれば遠ざかるほど、することが怖くなると思います。
できる相手がいるときは、思いっきりセックスしたい!
そして、セックスの最中ほど、オンナなのだと実感することはありません。
気持ちいいことをたくさん、たくさんしたい。
そう思って過ごしています。




ご訪問ありがとうございます~!(*^ワ^*)
ランキングクリックや拍手、励みになります!
今回はスワップとは直接関係のない話でしたが、また徐々に第二回のスワップの話を書いてゆきますので、読んでいただけるとうれしいです~!\(^ ^)/

ランキング応援お願いします。<(_ _)>


テーマ : 日記
ジャンル : アダルト

だれとでもできる?





上野さんたちと会う前に、夫はもう一組のご夫婦とやりとりしていたようでした。
そのご夫婦の写真がメールに添付されてきたというので、見せてもらいました。

40代後半くらいのご夫婦。
目も隠すことなく、ばっちりと写っています。

正直、ひるみました。
というのも、ご主人のほうがかなりの薄毛だったからなのです。

プロフィールではわりと長身で中肉ということだったのですが、見てみるまではいろいろとわからないことがあるものだと思いました。
私は、
「ほんとにこのひと・・・?」
と及び腰な口調で聞きました。
夫は、
「そうだよ。やさしそうな人だろ?」
と意に介さない様子。

私は不服でした。
イケメンを希望してるわけじゃないけど、わざわざ好みに合わない人とセックスしなければならないのだろうか?
奥さんのほうはなかなかの美人。
夫はそれを逃したくないだけなんじゃ・・・?

しかし夫の言い分はこうでした。
「俺はどんな人でも受け入れられる人間になりたいんだ。
自分もたいしたものじゃないのに、人を選ぶなんておこがましすぎる」
わかるようなわからないような理論でしたが、要するに夫にとってのスワップは快楽というよりも自分自身に対する挑戦なのだと解釈しました。
大げさに言うならば、人間というものを知る行為。

夫にそういう話を聞かされるうち、私もはじめに抱いていた薄毛のご主人に対する見方が変わってきました。
うん、よく見たら目がかわいいよね。
へえ、犬好きなんだね。
体鍛えてるんだ、いいじゃない~。

なんだかいとおしくさえ思えてきたのです。
そしておしまいには、あの薄毛のご主人に抱かれるんだ・・・という妄想までしはじめました。
すると不思議なもの。
ふさふさの頭髪の人よりも、薄毛の人のほうが、エロくかんじてしまうのです。
頭に汗をかきながら私の乳首をなめると思うと、一段といやらしく思えてくるのです。
これは発見でした。

そうだ、私も冒険しなければ。

どんなところにどんなすごいものが眠っているかわからない。
どんな体型であろうが、どんな髪型であろうが、何歳であろうが、冒険のようなセックスをするんだ。

そんなことを思ったのです。

愛がなければセックスができない。
それは一部真実だと思います。
愛がなければ『よい』セックスはできない。
心まで満たされるセックスはなかなか愛なしにはたどりつけない。

しかし、人間愛も立派な愛。
人間愛さえ持っていれば、だれとでもセックスできるんだ。

私は夫以外の人とセックスするときは、その相手に愛を感じる努力をします。
どんな見た目だろうが、どんなテクニックだろうが、今自分に向き合ってくれているということがとても崇高な行為に思えるのです。

本来、出会うことのなかった相手と出会っている。
それはネット社会がもたらしてくれたラッキーだと思うのです。

以前も書きましたが、スワップしてから、夫のことをもっと深く愛するようになりました。
セックスだけの相手に嫉妬を感じることがばかばかしいくらい、愛おしくなりました。

今セックスがすごく楽しいです。
セックスレスなご夫婦がいたら、一度スワップしませんか?とお誘いしたいくらい、楽しいです。
スワップはテニスの打ち合いと似ています。
初めての相手はどれくらいのテクニックなのか、強めに打ったらどうかえってくるか、
など探りあうことからはじめるからです。

若いころには感じることのできない快楽。
純粋にスポーツだと思えるセックス。
それは心が枯れだしてからはじめてやってくるものなのかもしれないと思いました。




いつもランキングクリックおよび拍手ありがとうございます~!!(*´∀`*b)
今日は少しまじめな内容でした?
なかなか、書きたいことをうまくまとめるのはむずかしいですね。
自分の気持ちばっかりがエロモードでも、文章にするとぜんぜん伝わってなかったり・・・。
いろいろ、がんばります~ (=∩_∩=)

ランキング応援お願いします。<(_ _)>


テーマ : 日記
ジャンル : アダルト

スワップ二回目に向けて



次のスワップ相手は50歳前後のご夫婦、江藤さん。
江藤さんご夫婦はスワップの経験はけっこうあるらしいとのこと。
スワップもさることながら、奥さんのヌード写真を撮るのが好きということでした。

夫が見せてくれたメールには、江藤さんの奥さんのヌード写真が添付されていました。
奥さんは細身でなかなかのスタイル。
顔はモザイクがかかっているのでわかりませんが、普通の人のように見受けられました。

私はますますスワップというものは、ふつうの人たちの趣味なのだということを確信しました。
セックスは少々刺激のあるスポーツなのだ。

江藤さん夫婦は信頼できるカップルと年に数回スワップを楽しんでいるのだとか。
私たち夫婦が信頼できるカップルかどうかは、どうやって判断するのだろう?
と疑問に思いましたが、夫はメールでのやりとりには細心の注意を払う人。
じっくりと時間をかけて相手に安心感を与えているようでした。

私たちにとっても江藤さん夫婦が信頼できるかどうかはわかりません。
出たとこ勝負な部分が非常に大きいと思うのです。
危険は覚悟で飛び込んでいかなければいけないときもあります。

江藤さんと会う日が近づくにしたがって、私たちのセックス回数も増えてきました。
お風呂もいっしょに入り、お風呂の中でもセックスしました。

湯船に手をつきお尻を突き出し、夫のペニスを迎え入れる。
そこで夫がイクときもあれば、出てから部屋で続きを楽しむこともありました。

お互い見ず知らずの相手に思いをはせながら、知り尽くした相手とのセックスを堪能します。
最初は夫が私の乳首やクリトリスを愛撫し、次に私が夫にフェラをする。
それからシックスナインに突入。
その後、すぐに挿入するときもあれば、夫が指をつかって私をびちゃびちゃにすることもありました。

じらされると入れてほしくてたまらなくなります。
あそこを夫によく見えるように、腰を動かし、
「ねえ、入れて、入れてよ」
と甘ったるい声でお願いします。

夫のペニスが私のあそこに入れられる瞬間はすごく好きです。
にゅるっと入ってくると、思わず声が漏れます。

夫は私をずんずんとつきながら、乳首をなめたりクリトリスをいじったり。
頭の中は真っ白になってゆきます。

濃厚で気持ちのよいセックス。
夫となら毎回こうなるのですが。
江藤さん夫婦と、きちんとセックスできるだろうか?

私たちの不安はそこにありました。




ランキングクリックに拍手、ありがとうございます~!\(@^0^@)/
徐々に二回目のスワップのことを書いてゆきますので、また読んでくださいね!
夫とは今週2回セックスしました。
きっともう1回はすると思います!
気持ちいいこと、大好きです~!(●^д^●)

ランキング応援お願いします。<(_ _)>


テーマ : 日記
ジャンル : アダルト

レズプレイ




江藤さん夫婦は待ち合わせの時間には少し遅れていました。
メールを送るともう少し時間がかかるという返事ばかり。
私たちは過去にネットでだまされた経験から、
「ひょっとしてまた釣りってこと、ない?」
「大丈夫だと思うんだけどなあ・・」
というやり取りを何度もしていました。

「もう来ないかもよ」
とあきらめかけていたとき、待ち合わせの場所に江藤さん夫婦と思われるカップルが現れました。
果たして、それは江藤さん夫婦。

かっぷくのよいご主人と、細身の奥さん。
ほんとうにどこにでもいそうな夫婦。
むしろ、奥さんはどちらかというとまじめで寂しげな印象すらあります。

こんな人があんな写真を・・・?

私はにわかには信じられませんでした。

ほんとうにこの夫婦とスワップするの?

それもなかなかに信じがたいくらい、エロい印象というものが皆無なご夫婦でした。
まるでビジネスのようなあいさつを済ませたあと、とりあえず居酒屋でごはんを食べることにしました。

ご主人も奥さんもあまりおしゃべりでもなく、お酒が入ってもエロエロに乱れるわけでもなく、私はひょっとしたらこのままごはんだけで終わるかもしれないと思ったくらいです。

しかし、店を出たらすぐにホテルに直行という流れになり、それはそうだな、そのために会ってるんだから、と考え直しました。

江藤さん夫婦は旅行で私たちの地方に訪れているため、そこにおじゃますることにしました。
そのホテルは地元でも高級で有名なホテル。
私はこの普通きわまりないご夫婦がますますわからなくなりました。

もしかしたら変態的なプレイを強要されるかもしれない。
金持ちほど、変態が多いと聞くし・・・。

ふとそんなことが頭をよぎりました。
しかし、どう考えても向こうのほうが体力なさそう。
いざというときには走って逃げてもいいんだから。
そう考えて江藤さんの宿泊しているホテルに足を踏み入れました。

初めてのスワップのときはそれこそなにものどを通らないくらい緊張していたのですが、2回目はまるで違いました。
お相手が見た目、ふつうのおじさんとおばさんというのもあったかもしれません。
ゴージャスなお部屋で少し話しをしたあと、シャワーを浴びようという流れになりました。

夫が耳打ちしたところによると、江藤さんのやり方というのは、最初、奥さんが私に対してレズプレイをする。
そして徐々にふたりの夫が妻や相手の奥さんを愛撫し、最終的にそれぞれにわかれて楽しむ、というスタイル。

正直なところ、レズプレイにはかなり抵抗がありました。
エッチな動画などでレズプレイを見ることもありましたが、普通にエロいな~と思う程度で、レズプレイをまさか自分が経験するなんてことは考えたこともありませんでした。

シャワーを浴び終えて、江藤さんがベッドカバーをばっさりとはずします。
私は夫にうながされてそこに寝転がりました。
江藤さんは奥さんに対して、私の乳首を愛撫するよう指示します。

私は恥ずかしく
「え~!!」
とかなり躊躇しました。
夫は
「だめだよ、ちゃんとやらなきゃ」
と強引に私を押さえつけ、江藤さんの奥さんをいざないます。

奥さんは「じゃあ」と言って私の乳首を舐めはじめました。
初めて女性に愛撫されている。
奥さんは舌と指を使って私の乳首をもてあそびます。
もっとエロい気持ちになるのかと思いましたが、まったくそんなことはありませんでした。
それよりも、奥さんが女性を愛撫しているという状況をうれしそうに見ている江藤さんは、いまどういう気持ちなんだろう、とかいうことが気になっていました。

奥さんの指は下のほうに伸び、私のクリトリスをもみはじめます。
女性の指は男性よりもずいぶんとやわらかくやさしいものだな、と思いました。

夫が私の胸を愛撫し始めます。
それを皮切りに、江藤さんも加わり4Pが始まりました。
夫は私を愛撫しながら、奥さんの胸やあそこを愛撫。
江藤さんは私のあそこを舐め、私は奥さんの乳首をこりこりしたり、江藤さんのペニスをまさぐったり。

初めての4P。

きっと横で見てるほうがエッチな感じがするんだろうな、と漠然と思いながら、私は必死によがり声を上げていたのでした。




ランキングクリックおよび拍手をいつもありがとうございます~v(⌒o⌒)v
寒くなるとエッチの回数って減っちゃいますよね。
寒さに負けずに年間エッチ120回目指したいと思います!ヽ(*´Д`*)ノ
また来てくださいね!

ランキング応援お願いします。<(_ _)>


テーマ : 日記
ジャンル : アダルト

挿入なし?




お金持ちで、スワップ経験も豊富で、レズプレイを要求して・・・
と書くと、なんだか金持ちの変態みたいなイメージがありますが、江藤さん夫婦はまったくそういう雰囲気ではなく、むしろ田舎のおじさんみたいな風貌でした。

4Pからそれぞれの相手とのスワップに突入。
夫と、江藤さんの奥さんはさっそくシックスナインをしています。
控えめでおとなしそうな奥さんは、大きな声であえぎます。

江藤さんはその声に興奮しているようで、私にむかってしきりに、
「ほら、うちの奥さんすごい声出してるよね」
などといいます。
あんまり何度も言うので、しまいに私の心の中には、
「奥さんのことはどーでもいいよ!」
という、さめた気持ちが湧き上がってきました。

江藤さんはそれほどいやらしく濃厚な愛撫をする人ではなく、どちらかというと淡々と胸からあそこにと舌を這わせてゆきます。
もっと強く、もっと激しく!
そう思いました。
江藤さんは愛撫をしながらも奥さんのチェックに余念がありません。
私を愛撫しながら、奥さんに向って、
「感じてるの?すごい声だね」
などと声をかけているのでした。

夫は奥さんのあそこに指を突っ込んで激しく出し入れしています。
奥さんは、
「はあっ、ああんっ、いいわ、ああ~んっ・・!」
と乱れてびちょびちょに濡れているようでした。

江藤さんはひざをついて立ち、私にフェラを要求します。
私は「こっちを見て集中しなさい」というような気持ちで、江藤さんのペニスを強く吸いました。
そのとたん、
「あ、イク、イっちゃうよ・・・」
というと、江藤さんはあっという間に果ててしまいました。

「はあ~?もう~?」
と思いましたが、口には出しませんでした。
江藤さんは苦笑いしながら、
「奥さんの声がすごいからさ・・・」
と言い訳していました。

その後、江藤さんのペニスは復活せず、結局、挿入なし、ということになりました。
江藤さんは、
「若いころなら何度もできたんだけど・・・」
とまたまた言い訳していました。
奥さんを見ながら感じ、奥さんを見ながらイった江藤さんは、すごく奥さんが好きなんだなと思いました。

でも、私は挿入されていない上にイってもいないので、不満が残るスワップとなりました。
あとから聞いたところによると、夫は挿入したもののイクことができなかったようで、私たちはふたりともザンネンな結果だったのだとわかりました。
そうして、それは江藤さん側にしても一緒なのだと思いました。




ランキングクリックおよび拍手、ありがとうございま~す!!
寒くなって少しばかり体調を崩してしまいました。
なので、先週は1回だけでした~、ざんねん!(´Д`。)
でもきのうはしました!(//∇//)
スワップで濃厚セックスできる日は来るのか!?
また読んでくださいね!\(^ ^)/

ランキング応援お願いします。<(_ _)>


テーマ : 日記
ジャンル : アダルト

サクっとセックス




きのうも夫とセックスしました。
私たち夫婦はかなりスキンシップの多いほうだと思います。
普段も愛してるとか好きとか、しょっちゅう言い合うし、暇があればべたべたしています。

昔からそうだったのかというと、そういうわけでもなく、むしろここ5年ほどのことです。
子どもの手がかからなくなり、転職していっしょに自営業をはじめたというのも理由かもしれません。

もし夫が勤め人で、飲み会や残業が当たり前にある境遇なら、きっとそれほど仲良くなかったと思うのです。
仕事の悩みを分け合える存在というのは秘密を共有するような存在。
妻に悩みを打ち明けられない人は、きっと他所でだれかに打ち明けるはずです。
そしてそれが浮気につながるのだと思います。
浮気の心配がある人に対して、女はやさしくなれません。
どこかでいつも自分は被害者側なんだと思ってしまいます。
だから、セックスも誘われて当たり前という感情を持ってしまうのです。

浮気は両方の責任である。
というのは私たち夫婦の共通認識。
浮気をするくらい、こころが寂しかったんだ。
夫婦なら、それを食い止める努力をいつもし続けなければならない。

こういうことはなかなか他人にはわかってもらいにくいものです。
「浮気をするほうが一方的に悪い」
「いまさら妻(夫)に欲望がわかない」
なんて思うのかもしれません。

ひとりの人間を抱え込むというのは、相当しんどいことです。
でもなにを犠牲にしても、愛する人との生活を大事にすることは、人生の一番大切なことだと私は信じています。

さて、こう寒くなるとなかなかエッチ方面の活動もおっくうになってしまうものです。
私たちもこの時期、『サクっと』がキーワードになっています。
サクっとセックスするのです。
裸になって抱き合うには寒いときには、服を着たまま下半身をむき出しにして、ふとんのなかで交わります。

きのうはセックスするつもりでもなかったのですが、夫が執拗に乳首を触りに来るのでなんだかむらむらしてしまい、
「サクっとしようか?」
という誘いに乗ってしまいました。

夫は愛撫もなく、いきなり挿入。
私のあそこは思ったよりも濡れているようでした。
夫は私のシャツをまくりあげて乳首を舐めまわします。
そのたびに私のあそこは濡れてくるのがわかりました。
すべりがよくなると、がぜん挿入の気持ちよさが違ってきます。

夫はうしろから私に入れ、クリトリスをくにゅくにゅともみます。
片方の手は乳房をもみ、乳首をくるくるともてあそぶ。
気持ちよくてたまらない瞬間でした。

しばらくイキそうなのをこらえながらあえいでいると、夫は正常位になり、私のシャツをまくりあげ、脱がせる直前でとめます。
ちょうど目が隠れた状態。
そうして激しくキスをします。
まるで知らない人に犯されている気分になりました。

私は直後にイってしまいました。
夫はそのままぐんぐんと私をつき、奥のほうまでこすります。
ほどなく、
「ああ、イキそう・・・」
というので、
「イっていいよ、いっぱいイって・・・」
私が言うのと同時に夫の動きが止まり、夫の眉間にしわがよってイったのがわかりました。
『サクっと』と言うわりに、かなり気持ちよかったです。
今週中に、またできたらいいな。


いつもランキングクリックおよび拍手ありがとうございます!!!
(((愛~ヽ( ̄▽ ̄)/~愛)))
セックスしたら女としての寿命が少し伸びるような気がします。
また三回目のスワップ報告をぼちぼち書きますので、読んでくれたらうれしいです!
\(^ ^)/



ランキング応援お願いします。<(_ _)>


テーマ : 日記
ジャンル : アダルト

プロフィール

メロン♀

Author:メロン♀
夫にスワッピングの話を聞き、最初は全拒否から始めました。(>_<)
初体験まで数年かかりましたが、徐々にこの世界のよさがわかりはじめたアラフォー世代。スワッピングをお誘いくださるカップル様 募集中(沖縄県の某所)




最新記事
メールフォーム
沖縄某所まで会いに来てスワッピングをお誘いくださる同年代カップルさん募集中です。できれば女性同士でやり取りを進められたら永いお付き合いができると思います。こちらでの出会いは記事にはしませんので気軽にご連絡ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
アクセス元ランキング
検索フォーム
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。