スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ランキング応援お願いします。<(_ _)>


イキたければ伝えよう




イクということに関して、もう少し書きたいと思います。
セックスでイク。
男性は射精という形ではっきりとわかってしまうので、『イッたふり』というのはありえません。
しかし、女は『ふり』ができます。
ある程度セックス経験がある女性で、イッたふりをしたことがある人はとても多いと思います。
むしろ、ないほうがすくないのではないでしょうか。

私もあります。
でも夫に対しては、ほんとうに、正真正銘『ふり』はありません。
その必要がないからです。
もしイかないならイかないままで、次回のセックスでイけばいいとおもうからです。

私がイッふりをしたのは、結婚前、浮気をしたときです。
浮気相手は私よりも年下でセックスがそれほど上手ではありませんでした。
挿入されるだけでは女はなかなかイキません。
でも「イキそう?」と何度も聞かれると、「ぜんぜん」とは答えらず、何回か聞かれたあと、イクふりをしました。
彼は満足そうでした。
正直なところ、セックスがそれほどよくなかったので、浮気相手とはまず結婚は考えられないと思ったほどです。
それほど、セックスの相性というのは大切で、中でも毎回ちゃんとイかせてくれる男というのは貴重な存在だと思いました。

セックスのやり方は表立ってだれも教えてくれません。
だから自分のやり方が正しいのか間違っているのか、確かめようもありません。
それに厳密に間違いというものはないような分野。
動画や雑誌などで知識を深めても、実際に挿入して腰を振るというのは思ったより大変だろうし、女性の反応が予想外ということもあります。
ましてや女がほんとうにイってるのかイってないのか、男にはまったく見分けようがないと思うのです。
「イクぅ~!」
と顔をゆがませて叫ばれたら、
「イかせることができた」
ととりあえず満足してしまうのではないでしょうか。

セックスのやり方は、お互い交際相手を通じて学んでゆくところが多いと思うのです。
私は初めての相手が夫で、夫はセックスに関しては貪欲でした。
だからじっくりとイクポイントをふたりで探すことができたのです。
お互い、エロいということに関しては、平均以上。
淡白なセックスなどありえない、という点で一致していました。
一日中部屋にこもりっきりで何度もセックスしたこともあったし、外でも、車の中でも、飽きることなく、セックスをしました。
イクたびに、セックスとはなんて気持ちのよい行為だろうと心底思いました。

『イッたふり』を何度もしなければならないような相手なら、結婚しないほうがいいのではないだろうかとすら思います。
ここがイクポイントだということを、手取り足取り男性に教えてあげなければ、きっとわかりません。
AVなどではこうやったらイッてるのに・・・と思っても、実際にAV女優がイッてるとは限らないのです。
だから女性は、1回限りの相手ならまだしも、結婚しようと決めた男性には、ちゃんと感じるポイントを伝える努力をしなければならないと思うのです。
その努力なしに夫が下手だからセックスがいやだと拒否するのは片手落ちです。
モッタイナイです。
男はホメてのばせるのです(笑)

イカないセックスを続けていれば、セックスレスになる可能性が高くなるのは当然です。
気持ちよくなければ、ただの苦痛に近い行為。
体だけではなく、心も裸になって、素直に感じるところを伝え合えば気持ちいいセックスをすることができます。
愛する人とのセックスほど幸せに満ちた体験はないと、今のところ私は思っているのです。



ランキングクリックおよび拍手ありがとうございます~(*´∀`*b)
少しまじめなお話になりました。
きのうセックスしなかったせいかもしれません(笑)
1月のセックスは計10回でした!
2月もがんばりマ~ス!!v(=∩_∩=)!!

ランキング応援お願いします。<(_ _)>


テーマ : 日記
ジャンル : アダルト

見せるという快感




学生のころ、バイトの帰りに強烈なものを見たことがあります。
バイト先から駅に向う途中の道。
人通りがそれほど多くないところに路上駐車した車の中で、中年男性がオナニーしていたのです。
私はぎょっとして二度見してしまいました(笑)
その直後怖くなって、小走りで駅に向ったのですが、そのしぐさは今でも覚えています。
黒々した茂みの中から生々しく勃起したペニスを、焦ったように右手でしごいていたしぐさ。
リクライニングしてわざと股間を丸見えにしているふうで、ペニスと手の動きは外からでもはっきりわかりました。
男性の目はサングラスをしていたためわかりませんでしたが、目が合ったような感覚がありました。
きっと、見せるためにやっていたのでしょう。
若い女が(もちろん当時ですが、笑)それを見て、きゃっと顔を赤らめるのが楽しいという性癖なのでしょうか。
見せることに快感を覚える人もたくさんいるようです。

性に関する好みは多種多様。
私たち自身はノーマル夫婦だと思っていますが、スワッピングをするのがノーマルか、と突っ込まれそうですし、40歳にもなるのに、年間120回も夫婦でセックスするのは日本人では異常だと思われるかもしれません。
だれしも自分以外の好みは不思議に思えるもの。
私たちがお会いした中でも、妻を露出させて写真を撮るのが趣味というご夫婦がいました。
妻の写真を撮るのが趣味というご主人はけっこういます。
私の夫はその気持ちがわからないと言います。
もともと写真を撮るのが趣味ではない上に、写真だけでは気持ちよくない、と言うのです。

そのご夫婦は、スワップはNGということだったので、お話だけでした。
見た目はごくごく普通の夫婦。
それが夜になると路上に繰り出し、奥さんを素っ裸にさせて写真を撮るというので、驚きました。
女である身からすると、露出させられるという行為はものすごくハラハラすると思います。
だれか通ったらどうしよう。
こんなとこで裸になるなんて。
夫の見てる前でいきなり触られたり犯される危険性もある。
ぎりぎり感、背徳感がハンパないと思います。

男性のほうはどうなのでしょう?
イケナイコトをしてるというだけの楽しみでしょうか。
妻にここまでさせて、それをちゃんと受け入れてもらってるという安心感なのでしょうか。
恥らう妻を見て、あらためて「俺の女だ」とかわいく思うのでしょうか。
私の乏しい想像力ではわからない部分がたくさんあると思いました。

そのご夫婦は、
「いきなりスワップのほうがハードル高いでしょ」
と言ってましたが、私たち夫婦にとっては、室内でセックスすることのほうが、屋外で裸になるよりもハードルが低いことのように思えるのでした。
夫婦の楽しみはさまざまです。

ただ愛してるだけでセックスできたときとは違い、夫婦なりの楽しみを見つけなければセックスは楽しめないと思います。
それがたとえ他人から見ると変態的な形式であったとしても、夫婦が納得していたらいいのです。
セックスばっかり推奨する女だなと思われるかもしれませんが、そのとおり!(笑)
不純異性交遊として、してはいけないことだといわれた子どものころと違って、大人になって、ましてや夫婦となったら、それはもはや不純ではなく、純粋な愛の行為なのです。
後悔しないように、私はいっぱいセックスしておきたいと思っているのです。



ランキングクリックおよび拍手、いつもありがとうございます~(^-^)
きのう、はセックスしませんでした。
一昨日したので。(//∇//)
夫をマッサージしてあげながらのプレイでした。
最近、マッサージしてあげるとついつい股間をさわりたくなります。
「感じてはいけませんよ」なんて言いながらやると、エロさも倍増。
ぜひオススメのプレイです!ヽ(´∀`*)ノ

ランキング応援お願いします。<(_ _)>


テーマ : 日記
ジャンル : アダルト

リベンジのお誘い



男女の相性のように、スワップの相性というのもあると思います。
ノリが同じとか、話しやすいとか、ふつうに友だちとして付き合える相手のほうがやはり楽しめます。
私たちはそれほどたくさんのカップルとスワップしているわけではないですが、年代が同じくらいのほうが気軽に楽しめると思います。

そういう意味で2回目のスワップ相手、江藤さんご夫婦はもう会うこともないだろうと思っていました。
(詳しくはカテゴリの『二回目のスワップ』をお読みください)
江藤さんご夫婦は私たちよりもひとまわりくらい年上。
奥さんの裸写真を撮るのが好きなご主人と、それに従順に従う奥さん。
年代もノリも違う。
私たちにとってはまだ2回目のスワップだったこともあり、とにかく無我夢中だったのですが、経験豊富な江藤さんたちが満足したとはまったく思えなかったのです。

その江藤さんご夫婦からまた会いたいと連絡があったのです。
私も夫も顔を見合わせました。
「もう会うことないと思ってたのに」
「ねえ」
と苦笑いしました。

夫の思い出は、江藤さんの奥さんをかなり激しく責めすぎたかもしれない、しかし、自分はイけなかったという反省。
私のほうはといえば、江藤さんが挿入前に奥さんのあえぎ声を聞いてイってしまったという悲しい記憶。
はっきり言うと、『ほろ苦スワップ』という位置づけだったのです。

「あれでも、よかったのかな?」
私は不思議な気持ちで夫に聞きました。
「よくわからない。でも江藤さんにしたら、挿入前にイってしまったというのが、引っかかってるのかも」
と分析していました。
夫は、
「それよりも、俺、イってもないのに、あれでよかったのかほんとに不安」
とまた会いたいというお誘いに半信半疑な様子でした。

考えてみたら、江藤さんご夫婦にとってもあのスワップには不満があったはずです。
だれも挿入して射精していないセックス。
私たちはただ夢中だったので見えていなかったけど、江藤さんはそんなビギナーな私たちをきちんと導いてやれなかったという反省がひょっとしたらあるのかもしれない。
あるいは、初めてのカップルと一からはじめるのは億劫だ。
そんな気持ちもあったのかもしれません。

とにかく、私たちはとくに断る理由もないので、江藤さんご夫婦と再会することにしました。





ランキングクリックおよび拍手ありがとうございます~!
昨日も夫としました~(//∇//)
きのうは初めて、アニメのエロ動画を見ました。
驚きました。
日本アニメはエロ方面でもすごいのですね。
出し入れするときの音のいやらしさ!
でもあんな胸の大きな子どもみたいな女子、そんなにいないと思いました(笑)
あと設定のアブノーマルさ。
実写よりもずっと精神的にエロいものがあるかもしれないと思いました。
スワップも、セックスのよさよりも精神的なエロさを追求するものだと思います。
上流階級の遊びだったというスワップ。
豊かになれば、エロスのバリエーションも豊かになるのかも?


ランキング応援お願いします。<(_ _)>


テーマ : 日記
ジャンル : アダルト

再会スワップ




江藤さん夫婦との再会は、思ったよりなごやかなものでした。
しかし慣れ親しんだ相手というかんじでもありません。
二回目ながらも、どのカップルにも感じるように、
「ほんとにこの人に抱かれるの?」
という違和感は感じていました。

私は保守的な人間なので、スワップのお相手に対して最初から『抱かれたい』と感じることはまずなく、『怖いな、できることなら逃げたいな』という思いのほうが強いです。
それを見せないようにするのに必死です。
きっと、お相手の男性も私のことをタイプだとも思っていないだろうし、遊びとして抱くのだから、『早くやりたい』とも思っていないでしょう。
それを見せないのがマナー。

スワップではタイプの相手に出会えることのほうがずっと少ないと思います。
当然、自分の配偶者がいちばんなのは当たり前です。
だから結婚したのですから。
しかしあえて冒険してまで違う相手とセックスする。
そのことによって得られるのは、刺激、背徳。
そして、自分の配偶者がいちばん自分にはしっくりくる、ということをあらためて納得する行為なのかもしれません。

江藤さん夫婦もきっとそうなのだと思いながら、居酒屋で飲むことになりました。
江藤さん夫婦とはそれほど共通の話題もありません。
おたがいさぐりさぐりの状態。
お酒が入ってだんだん緊張感もほぐれてきて、会話も弾みだしました。
この時点でも、
「ほんとに、この人とするのかな?」
という思いはぬぐいきれません。
あまりにも他人として普通の会話をしているので、エッチな気持ちにならないからです。

しかし、店を出ると当たり前のように江藤さんたちが泊まっているホテルに向かいました。
ここに至ってようやく、スワップするんだ、という気持ちになりました。

お金持ちらしく、かなり豪華なホテル。
部屋にジャグジーまであります。
しばらく談笑したあと、みんな一緒にジャグジーに入りましょうということになりました。

初めての相手ではないので、みんなさっさと服を脱ぎます。
私もためらわず、服を脱ぎ、ジャグジーに入りました。
夫は自然と私を江藤さんの横に座らせます。
江藤さんはさっそく私の腰を引き寄せ、片手を胸に這わせるのでした。
乳首の先っぽを人差し指と中指でくるくるまわすように愛撫します。

お湯の中なので、その部分は夫には見えません。
夫もとなりに座った奥さんの胸を愛撫しているようでした。
お互い、表面上は「すごいジャグジーだね」「ほんと」などと平静をよそおっているものの、お湯の中ではみだらなことが行われている。
とてもいやらしい気持ちになりました。

江藤さんはうしろから両手を前に回して、乳首を愛撫します。
私も江藤さんのペニスをつかみ上下にしごきました。
胸のふくらみから乳首までマッサージするようにもみしだかれ、思わず感じてしまい、私は顔がゆがみそうになりました。
夫のほうも奥さんに愛撫を激しくしているようで、すでにお互いみだらな行為にふけりはじめていました。
お湯の跳ねる音が激しくなり、あえぎ声が出始めたころ、
「そろそろベッドに行きましょうか」
とだれからともなく提案し、私たちはベッドに向いました。






ランキングクリックおよび拍手ありがとうございます~v(⌒o⌒)v
昨日も夫とセックスしました!
最近、夫は入れてる途中にペニスを抜き、指で膣の中のスポットを責めるのです。
濡れまくりです!!(//∇//)
何度も何度もそれをされると、もうムズムズした快感がどうにかなりそうです。
セックスが、したいときに気持ちよくできるのは幸せだと実感してます!ヽ(´∀`*)ノ


ランキング応援お願いします。<(_ _)>


テーマ : 日記
ジャンル : アダルト

3Pとレズと写真と挿入



ベッドに行く前にシャワーを浴びることになりました。
豪華ホテルのシャワーはガラス張りで、外から丸見えです。
江藤さんは、
「写真撮るから」
と言って、立派なカメラを取り出しました。

私たち夫婦と奥さんの3Pの様子を撮りたいと言います。
自分が加わらない3Pって、楽しいのだろうか?
そう思いましたが、正直なところ、私は以前からも実際に3Pをしているとき、そんなにいやらしい気持ちになりません。
それは私自身に脱ぎ捨てきれない殻があるからなのかもしれないと思っていましたが、ほんとうは見ているほうが興奮するのかもしれないなと思いました。

私と江藤さんの奥さんは、夫のペニスを2人で舐めます。
シャワーがしたたる中で、私と奥さんの舌が触れることもありました。
それでもそんなにいやらしい気持ちにはなりません。
夫も後から、2人でいっぺんに舐められるのは、それほどすごくいいものでもない、と正直な感想を言ってました(笑)
江藤さんは私たちにいろいろ要求します。
「メロンさん、うちの奥さんの乳首なめて」
「ふたりでキスして」
など、レズプレイを見るのが好きなのか、しきりに私と奥さんをからませたがるのでした。

私もここで拒むのは野暮だと思い、要求どおりに乳首を舐めたりキスしたりしました。
複数の人とからんでいると、もう男でも女でも関係なくなることがあります。
ただそこにある性器を愛撫し、唇を吸いという瞬間。
私は要求どおりに奥さんの唇に自分の唇を重ね、舌を入れました。
女性のほうが男性よりも全体的にやわらかくできているからなのか、奥さんは江藤さんよりもずっとやわらかいキスでした。
夫はうしろから奥さんのあそこを舐めています。
奥さんが私たちにもてあそばれているのを、江藤さんはせわしなげに何枚も写真に撮るのでした。

しかしながら、江藤さんはそういう瞬間も、
「もうちょっと顔を上に向けて」
などと注文をつけるので、興ざめです。
写真はもういいよ、と正直思いました。

ひとしきり奥さんをもてあそんだあと、ベッドに行きました。
少し4人で絡んでから、それぞれのバートナーにわかれます。
江藤さんは私の乳首を人差し指と中指で挟むようにこりこりとまわしなでしながら、舌をあそこに這わせます。
クリトリスを舐められ、
「ああん、いい・・・」
と声が出ました。
私は足を思いっきり開き、江藤さんの頭をつかんで自分の股間におしつけます。
江藤さんの舐め方はそれほど激しくなく、私は少しもどかしさを感じました。

夫は奥さんとシックスナイン。
奥さんは激しく感じているのか、大きな声であえいでいます。
前回は、この光景を見て江藤さんが挿入以前にイってしまったのだった、と思い出しました。

江藤さんは私の股間から顔を上げて、ペニスを舐めてと腰を突き出します。
私は江藤さんを寝かせて丁寧にべろべろと舐めまわしました。
それほど大きくないペニスは私の口にすっぽりと収まり、強く吸うとペニスがきゅっとかたくしまるのがわかりました。

「じゃあ、入れようか」
江藤さんはコンドームをつけ、私の両足を開かせひざをつきました。
「この間はここまでたどりつかなかったからね」
と自虐気味に言うのを聞くと、彼もそれがかなり気になっていたのだなとわかりました。
男の人は、いろんなところで女以上に傷ついているのかもしれない。
セックスというのは男にとっては緊張感のあるプレゼンのようなものなんだと思いました。

私の中に江藤さんがそろりと入ってきました。
私は腰を浮かせてそれを受け止め、江藤さんの動きに身をゆだねました。
ずんずんと突かれるたび、膣の中は甘くうずき、
「もっと、もっと奥までちょうだい」
とよがり声が出るのでした。
江藤さんの鼻息も荒くなります。
私の計画では、もう少しこのまま正常位でしたあと、私が上に乗って、その次はバックから突いてもらって・・・と考えていました。

しかしほどなくして、江藤さんは顔をしかめたあと、
「うっ・・・」
とうめき、腰を振るのをやめました。
「ああ・・・イっちゃったよ」
そういってペニスを抜きます。
えー!
と言いたいのをぐっとがまんしました(笑)
だって必死のプレゼンなのですから。

私はつとめて笑顔で、
「気持ちよかったですか?」
と聞きました。
「ああ・・・気持ちよすぎてすぐにイっちゃったよ。
若いころならすぐにもう一戦できたんだけど・・・」
江藤さんは残念そうに言いました。

横では夫が激しく腰を振っていました。
夫はどちらかといえば、イクのに時間がかかるほうなので、これは長丁場になるなと思い、私はジャグジーに入ることにしたのでした。





ランキングクリックおよび拍手ありがとうございます~ヽ(´∀`*)ノ
このあいだ、ひさしぶりに私が上に乗ったままイかせました!
夫の腰をまったく使わずにイかせることができたのがうれしかったです!
そのかわり翌日筋肉痛でしたが(笑)
上に乗ると私のほうがすぐにイってしまうのが玉にキズ。
でも気持ちよかったです~(//∇//)



ランキング応援お願いします。<(_ _)>


テーマ : 日記
ジャンル : アダルト

イった男とイきそうな女



私がジャグジーに入っていると、江藤さんもやってきました。
私のほうはまだイっていなくて、むしろこれからだと思っていたので、不完全燃焼な体をもてあましていました。
それを感じたのか、江藤さんはうしろから私の乳首をもてあそび、くるくるとなでまわします。
まだまだ感じたい私は、湯船の中でもすぐに濡れてくるのがわかりました。
「あ・・あん・・・」
感じて声が出ます。
江藤さんは私にキスします。
イったあとだからなのか、余裕が感じられました。
ジャグジーの湯船から私の股間が見え隠れし、かすかにアンダーヘアがゆれています。
その間に江藤さんは指を差し入れ、規則正しくクリトリスをこすります。
私は江藤さんの指にクリトリスをゆだねました。

いまだスワップでイったことのない私は、今日はチャンスかもしれないと思いました。
男の人にとっては、相手の女性をイかせないよりも、自分がイかないほうが失礼にあたると思っているようです。
現に夫も自分本位でもしょうがないから、とりあえずイかないことには申し訳ないと、最初のスワップでも語っていました。

女にしてみても、自分の体でイかない男性には申し訳なく思います。
私の魅力がないからイケないのかな・・・と思ってしまいます。
だからすぐにイっちゃったと言われると、がっかりもしますが、うれしいものでもあるのです。

江藤さんの指は、同じリズムで私のクリトリスをこすります。
それはベストポイントではありませんでしたが、長いこと身をゆだねていると、さざなみのように快感がやってくるたぐいの愛撫でした。
私はリラックスしてそこに快感を集中させました。
「ああ・・・いい・・・いい・・」
快感のしっぽをつかむと、あとはそこに突進すればイける。
注意深く江藤さんの指を感じるベストスポットに移動させ、
「もっと、強くして・・・」
と頼みました。
江藤さんの指はがっちりとクリトリスをなでまわします。
少し強すぎて、一瞬、イケない方向に進むかと思いましたが、どうにか軌道修正。
ふたたび快感がおしよせてきて、私はもう少しでイけることを確信しました。
「ああん、ああっ、いい!」
私の声も熱をおびてきます。
江藤さんにも興奮がもどってくるのがわかりました。

ところが、そこになぜか奥さんがやってきました。
「ちょっと休憩~」
と能天気な声を出します。
江藤さんは指の動きを止めました。
「どうしたの?」
「私がもうダメでえ、申し訳ないわ。まだだんなさん、イッてないの」
奥さんはジャグジーにつかります。
もう少しでイけそうだった私の体は急速に平常心に戻りました。

見ると、夫はトイレから出てきてお茶を飲んでいます。
その夫を見ていると、私はすぐに夫に抱かれたい衝動に駆られました。
私を抱いて、イって、イカせて!
夫にぎゅっと抱きしめてもらいたい。
ずっと見ているはずの夫が、懐かしく思えてしかたありませんでした。





ランキングクリックおよび拍手ありがとうございます~!!<(_ _)>
きのうスワップのことを英語では『SWING(スゥイング)』と言うことを知りました。
てっきりスワップで通じると思ってたのですが、これも和製英語なのかな~??
でもどっちも『SW』で始まるところがおもしろいですね。あるいはわざとなのかも?
海外のスワップ動画も興味深いものがありました。
なんだか大味なというか・・・
エロさにおいて日本は先進国なのかもしれないと思いました!ヽ(´∀`*)ノ





ランキング応援お願いします。<(_ _)>


テーマ : 日記
ジャンル : アダルト

ふたりにクリトリスをさわられても





イクという瞬間にはいろんな要素が必要です。
リラックスして快感に集中できなければ、いくら感じるポイントであってもそうそうイけません。
AV女優さんたちが、はたしてどれくらい本当にイってるのかわかりませんが、かなりな部分イったふりが含まれてると思います。
もし本当にちゃんとイってるのであれば、やはりプロというのはすごいと言わざるを得ません。
気持ちがすぐに入り込めるというのは、素人には非常に難しいからです。

華々しい(?)潮吹きは一見すごくイってるように思えます。
しかしあれこそがプロのテクニック。
イクというより出すのです。
おしっこをもらすような感覚。
それをがまんせずに出し、かつ潮を吹かせるテクニック。
かなり訓練してあの域に達してるんだろうなと頭が下がります。
潮吹きは男性側も、
「おお、イカせてやったぜ」
という満足感が目でわかります。
今後素人方面にも潮吹き熟練者が増えてゆくのではないでしょうか。
なんの解説をしてるんでしょうね(笑)

前回の続きですが、江藤さんの奥さんがやってきて、いったん愛撫は終わりました。
が、すぐに江藤さんの指は動き出し、私のクリトリスをこするのでした。
奥さんは横目でそれを見ながら、
「ご主人まだイってないのよ」
と心配そうに言います。
「それはよくないな。オトコはイカないことにはダメだよ」
と江藤さんも同調。
私は、夫がスワップではイきにくいというのを知っていたので、
「大丈夫ですよ」
と答えたのですが、江藤さんの奥さんは
「ダメよお、ねえ、奥さんが抜いてきてあげたら」
と言います。
なんのためのスワップか、と思いました。
せっかく(?)他人と交わるめったにない機会なのに。
夫も私も特に鑑賞される趣味はありません。
イケなければ、それはそれで仕方ないと思っていつも臨んでいるのです。

奥さんは奥さんなりに申し訳ないと思っているのでしょう。
おわびのつもりなのか、私のクリトリスに指をはわせに来ました。
江藤さんの指と奥さんの指が私のクリトリスをゆるゆると撫で回します。
シチュエーションだけ書けば、なんといやらしい場面かと思います。
しかし、いったんさめた気持ちは回復することはありませんでした。
私のクリトリスはいくら撫で回されても快感のうずきにつながりません。
あえぎ声をあげても、そらぞらしくなってしまうような気がして、
「ぁぁ・・・・・、ぃぃ・・・・」
と非常に小声で感じたふりをしていたのでした。
夫がジャグジーにやってきたのを潮に、愛撫終了となりました。

結局私たち夫婦はイクことはなくお別れしました。
お会いするのは二回目でしたが、二回目のほうがリラックスできたとは思います。
しかしなかなか満足する結果を出すのは難しいと知らされることになりました。





ランキングクリックおよび拍手ありがとうございます~(*^ワ^*)
あっという間に終わる2月ですが、今月夫とのセックスは9回です!
なんとか二桁に乗せてゆきたいです。粛々とガンバリます!(笑)
今月はお風呂でもしました。
いきなり夫のペニスをくわえてしごいてあげると、驚いてましたが、すぐビンとたちました。
精液を体中に塗りたくれるのもお風呂ならでは。
気持ちのよいセックスは健康の源かもしれません!ヽ(´∀`*)ノ


ランキング応援お願いします。<(_ _)>


テーマ : 日記
ジャンル : アダルト

女としての存在価値



体調が悪いときはなかなかセックスする気にならないもの。
夫が風邪のため、2月は9回で伸び悩んでいます(笑)
ギリシャ人にはまだまだ遠い道のりです。

私は、心身ともに健康であるからこそ、セックスも楽しいのだと思っていました。
しかし、男と女では心の部分が少し違うようです。
どこかで読んだ話ですが、男性は悩み事があってもセックスすればすっきりするというのです。
夫にそれを話すと、確かにそのとおりだと答えました。
これは私にはちょっと信じられないです。
女性全般がどうかわからないですが、少なくとも私は悩み事があるときにセックスする気にはなりません。
セックスするにはまず気持ちを入れる必要があるからです。
それに対し、男性はまずセックス。
そしてセックスしてから気持ちを整えるのだとか。

目からうろこでした。
男性と女性はまったくもって違うルールで生きているのだと思います。

スワップに対する気持ちも、男と女ではまるで違うはずです。
男性は妻が他人に抱かれることによって、屈辱からにじみでる快感を味わうのでしょうか。
それとも他人に与えてやったという優越感なのでしょうか。
あるいは、自分の妻がどうなってるかは興味はないが、他人の妻を抱けるという喜びなのでしょうか。
風邪の夫に、よくなったら聞いてみたいです。

女性にとってはどうなのでしょう。
私個人の感想ですが、他人の夫、というよりも、個人の男性として見ているほうが大きいと思います。
自分に挿入したいオトコがいるという確認。
それに尽きるかもしれません。
たとえそれが熱望されたものではないとしても。

女というのは何歳になっても自分がかわいい存在としてありたいもの。
え~、うちのやつ、もうおばさんだよ?
と思ってはいても、絶対そうなのです。
オトコがこいつのためにがんばってる、と思わせる存在でありたいのです。

セックスというのはその感覚を簡単に満足させてくれます。
自分を愛撫して、汗をかきながら腰を振るのを見ると、それだけでも男は私のためにがんばっていると思えるのです。
女としての自分の存在価値を確認できます。
実は、私もスワップするまで、そんな願望が自分の中にあるとは思いもよりませんでした。
女としての存在価値など、もう考える年齢ではないとすら思っていました。

夫が定期的に自分を求めてくれる、ということにあぐらをかいていたのかもしれません。
単に夫に悩みが多かっただけかもしれないのに(笑)

スワップで得ることは肉体的な快感よりも、精神的な満足感のほうが大きいと思います。
敗北感のような気持ちもありますが、それでもだれかと裸で抱き合うというのはそうそうない経験。
どうにか試合を終えたという達成感が体を取り巻きます。
もちろん、もっと上級者になれば、肉体的な快感をたくさん得られるのでしょう。
まだ私にとっては、そこまでは遠く、必死に試合に挑んでいるという状況です。




ランキングクリックおよび拍手ありがとうございます~\(^ ^)/
まじめ~な話ですいません。
ちょっとさいきんご無沙汰なので(笑)
週に2,3回セックスをしていると、たまに一週間あいただけで、すご~く久しぶりな感じがします。
そうなると少し気恥ずかしいものです。
継続することが大事ですね!ヽ(´∀`*)ノ


ランキング応援お願いします。<(_ _)>


テーマ : 日記
ジャンル : アダルト

プロフィール

Author:メロン♀
夫にスワッピングの話を聞き、最初は全拒否から始めました。(>_<)
初体験まで数年かかりましたが、徐々にこの世界のよさがわかりはじめたアラフォー世代。スワッピングをお誘いくださるカップル様 募集中(沖縄県の某所)




最新記事
メールフォーム
沖縄某所まで会いに来てスワッピングをお誘いくださる同年代カップルさん募集中です。できれば女性同士でやり取りを進められたら永いお付き合いができると思います。こちらでの出会いは記事にはしませんので気軽にご連絡ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
アクセス元ランキング
検索フォーム
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。