スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ランキング応援お願いします。<(_ _)>


別室&単独 (3)




すでに4月になってしまいました~(汗)
ほんとに更新がゆっくりでごめんなさい。
春休みって、家の中が落ち着かないので、どうしても記事を書く時間がなくなります。
暖かく見守っていただければさいわいです。


さて、島田さんとセックスの最中に単独さんの杉本さんがやってきました。
カメラを提げています。
島田さんは奥さんの行為をカメラに収めて、あとでゆっくり見るのが好きなのだとか。
奥さんからしてみれば、それほどうれしくもないそうなのですが、奥さんのプレイをカメラに収めるのが好きなダンナさんは多いようです。
またあらためて、このことについては書きたいと思います。

杉本さんはカメラを私たちに向けます。
正直、とても戸惑いました。
どんな顔でいればいいのだろう?
いろんなプレイを見せなければいけないのだろうか?
島田さんのことが信用できないわけではないのですが、顔をうつされるということは、万一の可能性もあるということ。
ネットにエッチ画像流出!ということばが私の頭をよぎりました。
そんなことはあるわけないし、だれも食いつかない(笑)とはわかっていながらも、私はできるだけ顔を下向けたり横向けたりして、なるべくカメラにうつらないようにしていました。
そんなことに心を砕いていたからか、急速にエロモードがしぼんでゆくのを感じました。
せっかくカメラが回っているのだから、おもいっきりエロい行為を見せなければという責任感と、顔がうつらないようにしなければという、および腰な気持ちがまざりあって、声は激しく出ているものの、同時にあそこが乾いてゆくのを感じました。

杉本さんは脱ぐでもなく、私を触るわけでもなく、ひたすらカメラマンに徹しています。
ひょっとしたら私が手を伸ばして誘い入れなければいけないのかな?
と思いましたが、どのタイミングでそれをすればいいのかわかりません。
島田さんに下から突き上げながら、杉本さんに対してどうしたらよいのか聞くのも変な話。
宙ぶらりんな気持ちのまま、とりあえずプレイに没頭しようとつとめました。
人に見られているとわかっていてするセックスというのは、難しいもの。
見られているという気持ちが、快感を増長させるのかと思っていましたが、それはきっと慣れた相手との場合。
初めてする人とでは、まるで『お仕事』的な気分にすらなりました。
あらためて、たくさんの人にかこまれてセックス模様をうつされる女優さん、俳優さんというのは、メンタルが強いのだなと思いました。

シックスナインや正常位、バックなどひとしきり披露(?)していきました。
そのうち杉本さんは出て行ったようでした。
なんとなく、杉本さんに悪かったような気持ちが残りました。
単独さんの気持ちというのは、いまだ私にはよくわかりません。
どういう感じがいちばんいいのか、聞く機会があれば聞いてみたいです。

カメラが入ったせいもあって、時間はけっこう経っていました。
そのためか、島田さんのペニスはしぼんでしまい、なかなか復活しないようでした。
ベッドに並んで寝ながら、私は島田さんのペニスをゆるゆるとさすっていました。
「まだイってないですよね」
私が言うと、島田さんは、
「それはそれでいいんだ。メロンさんが感じてるところを見てたいんだよ」
と私のクリトリスを愛撫しながら言うのでした。
そういわれることはうれしいのですが、反面、これは私がイかなければ終わらない、というプレッシャーを感じました。

島田さんの愛撫は、私が欲しいのとは少し違いました。
もちろん、下手というのではありません。
ちろちろとクリトリスを、乳首を愛撫するように撫でまわす。
きっとこれで何人もイかせてきたのだと思います。
その愛撫にハマる人もたくさんいると思うのです。
でも感じるポイントというのは、ほんとうに微妙な部分で人によって違います。
私は腰をずらせたり、島田さんの指を感じるほうにいざなったりして、感じるように努めました。

そのうち、エロい感覚は戻ってきました。
しかしながら、濡れが悪く、思ったように指もするするとは入ってゆきません。
入り口がひりひりしてきました。
痛くなると、感度もにぶります。
島田さんは私にいろいろささやいてくれるのですが、濡れは戻りません。
私は焦りました。
それほど胸を愛撫しない島田さんの手をとって、私の乳首を愛撫するようにお願いし、キスをしながら気持ちを高めました。
少し濡れてきました。
私は声をあげて気持ちいいことを伝えました。
そうして、じょじょに声を大きくしてゆき、イキました。

厳密にはイったふりをしました。
罪悪感が駆け巡る中、
「ああんっ、イクぅ、イッちゃうぅ、あん、ダメぇっ」
と叫びました。
顔が赤くなるのがわかりました。
それは感じたせいもあるけど、ウソをついてることもちょっとある、と感じていました。

イクというのは、ムズカシイことだなあ。
しみじみ思いました。

イクふりをする必要はなかったのかもしれません。
イかなくても、島田さんは特に気を悪くしなかったと思います。
でもとてもやさしい人だったので、なにか恩返し(?)がしたいという気持ちが動いたのでしょう。
とりあえず終わってほっとした、とお互いが思っていたような気がします。

私にとっては課題の多いスワップでした。
単独さんとのカラミ、濡れない問題、イクことの難しさ。
このころ、すでにスワップをするという行為自体に刺激はそれほど感じなくなっていました。
あんなにもどきどきして気持ちが高ぶったのに、人間というものはこうも簡単に慣れてしまうことができるのだ。
私がこんなふうになってしまうのは驚きでした。
もう、だれに抱かれても怖くないのかもしれない。
そんなことを本音で言える自分がいるのが発見でした。
平凡だと思っていた人生でも、どんな自分を見つけるかわかりません。




いつもご訪問ありがとうございます!
読んだよ~のおことばをランキングクリックいただけるとうれしいです!!\(^ ^)/


ランキング応援お願いします。<(_ _)>


テーマ : 日記
ジャンル : アダルト

色つきの女でいるには




夫にとって、妻というものはいつまでも女であってほしい。
思わず抱きたくなる表情をしていてほしい。
その思いは、男ならだれもが納得することなのでしょう。

女は『いつまでも女でいて』といわれても困惑します。
私は生まれてから、いつなんどきも女であった。
女であるということは、むしろやめたくてもやめられないことだ。
そんな思いで生きているのです。

しかし男からすると、『思わず抱きたくなる』というキーワードが大切なのです。
むかしむかし流行った歌にある『色つきの女』とはこういうことなのでしょう。
ガミガミと常に文句ばっかり言う妻に対して、年々愛しづらくなってゆくという話はよく聞きます。
私の夫も、そういう横柄な態度の文句に対して非常に敏感です。
すぐに不機嫌になり、倍返し、いえ100倍返しでしかられます(笑)
だから私は地雷をふまないようにびくびくして生きてるのです。
というのは言いすぎですが(笑)
毎日きちんと愛情表現をしてくれる夫に対して、最低限のマナーは大切だと思っています。

どれだけかわいいと思った女でも、妻となって何年もたてば強くなるのは当然。
一緒の生活では『思わず抱きたくなる』ことなど皆無になってゆくのでしょう。
もちろん、これは男性からだけの言い分なので、妻側の言いたいことも山のようにあります。
しかしこのブログで、それを言ってしまうと『女性のための』というキーワードが泣くように思うのです。
基本理念としては、女性のみなさん、気持ちいいセックスをするために一緒にいろいろ乗り越えましょう、ということなので、文句を言う場ではないと思っています。
できるだけ(笑)

私が小さいころのことですが、近所に酒癖の悪い独身青年がいました。
酒好きな父は彼と気があっていたようで、よく家に招いては酒をふるまっていました。
その青年は酔っ払うとすぐに母に絡みに行くので、私はそれが嫌でたまりませんでした。
絡むといっても、
「こういう女の人と結婚したいですよぅ」
と、母の肩を抱いたり握手したり、そんな程度のこと。
それでもその光景は、オトナのむき出しの欲望を見るようで、気持ち悪いような悲しいような、どんよりした気持ちがたまってゆくのを感じました。
普段はとても気のいいお兄さんだったのに、酒が入ると別人のようにイヤラシクなる。
不潔。
父も父だ。
どうして彼を止めず、やりたい放題させるのか。
そう思っていたのですが、私が一番気に入らなかったのが、母の態度だったと思うのです。
私は母に、
「やめてください!」
ときっぱりと言い放って欲しかったのです。
それをまったく正反対の表情で返していた母。
むしろ、うれしそうな表情すらしていた母。
それがたまらなく嫌悪感を抱かせたのです。
その表情は子どもにはついぞ見せることのない、女の表情だったからなのでしょう。
オトナの気持ちわるさを見てしまったという思いでした。

長い間、このことは忘れていたのですが、スワップを始めてからふと思い出したのです。
父が青年を止めなかった理由。
それは母に女の表情を見たからなのでしょう。
母にしてみたら夫以外の男から、女として扱われることの晴れがましさ。
それは平凡な毎日には、必要な刺激であったのかもしれません。

スワップしていると、女の表情がばんばん出てしまいます。
むしろ、隠しておきたいくらいの表情を見せている可能性もあります。
自分自身が他人に抱かれながら、オレのセックスを見ている妻。
感じている妻。
他人のペニスをくわえている妻。
あそこの奥まで指を突っ込まれてあえぐ妻。
オレが知っているはずの妻が、いま他人とセックスしている。
そういう気持ちはえもいわれぬものでしょう。

しかしながら、それも慣れると刺激が薄くなります。
夫はある日、
「ハプバー、行ってみようか」
と提案しました。
ハプバー。
ハプニングバー。
臆病者の私の心に、また新しい『不安』という空気が広がるのを感じました。




いつもご訪問ありがとうございます!
読んだよ~のおことばをランキングクリックいただけるとうれしいです!!\(^ ^)/



ランキング応援お願いします。<(_ _)>


テーマ : 日記
ジャンル : アダルト

プロフィール

メロン♀

Author:メロン♀
夫にスワッピングの話を聞き、最初は全拒否から始めました。(>_<)
初体験まで数年かかりましたが、徐々にこの世界のよさがわかりはじめたアラフォー世代。スワッピングをお誘いくださるカップル様 募集中(沖縄県の某所)




最新記事
メールフォーム
沖縄某所まで会いに来てスワッピングをお誘いくださる同年代カップルさん募集中です。できれば女性同士でやり取りを進められたら永いお付き合いができると思います。こちらでの出会いは記事にはしませんので気軽にご連絡ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
アクセス元ランキング
検索フォーム
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。