スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ランキング応援お願いします。<(_ _)>


ハプバー (1)




ハプニングバーというものがあると知ったのは、もうずいぶん前になります。
あるお笑い芸人が行ったということをテレビで暴露されていて、芸人さんというのは性的にも変態要素が強いのだなあと思ったのを記憶しています。
そのハプニングバーに自分が行くことがあろうとは、想像もしていませんでした。
大都会ではめずらしくないと思われるハプバーですが、私のすむ地域ではあまり多くなく、すくない中から夫が選んだのはMというお店。

私はハプバーに行くという話を提案されたとき、まずジョディ・フォスター主演の『告発の行方』という映画を思い出しました。
ずいぶん前の映画ですが、強烈に印象に残っています。
酔った女性がバーで男たちにレイプされるという話。
和姦(合意の上のセックス)だと主張する男たちに対し、あれはレイプだったという主人公。
結局レイプした男たちには司法取引が成立するのですが、その結果を後悔した女性地方検事補は、奮闘した結果、とうとうレイプをそそのかした男たちに対し、暴行教唆で告発することに成功します。
その映画の中のレイプシーンは若い私には強烈でした。
ピンボール台の上で男たちに押さえつけられ、レイプされるジョディ・フォスター。
口をふさがれ、見世物になって男たちに犯される。
集団になった男たちは、欲望にブレーキがきかないのだ。
セックスを愛の行為だと思っていた私にはありえない状況でした。

スワップとは違い、ハプバーというのはそういうことが起こるのではないか?
私はそれが不安でした。
夫の知らないところで、かわるがわる男たちに挿入されるのではないか?
怖い。
そう思っていました。

それを夫に言ったところ、
「そんなわけないよ」
と一笑されました。
なんでもハプバーというところは、わりとルールがきっちりしていて、合意がなければ他人とのセックスなどありえないのだということ。
それに場合によってはハプニングがなにも起こらないというハプニングすらあるのだということ。
私はそれを聞いて安心しました。
むしろそのときには、ハプニングがなくてもいい、とすら思っていました。
何事も経験!とは思っていても、初めてのことに対しては、どうしても臆病風が吹いてしまいます。
まずは見るだけでも、と思っていたのです。

ところが夫はさっそく以前スワップをした久保さん夫妻に声をかけていたのです。
久保さん夫妻というのは、4Pした相手。
私がペニスバンドを装着させられ、久保さんの奥さんケイさんに挿入するという、めずらしい体験をさせてもらったご夫妻です。
久保さん夫妻はハプバーにも行ったことがあり、いろいろ研究熱心。
夫は、
「最悪、他人ともハプニングがなくても、久保さんとのスワップは確約できてるから」
と言います。
それはそれで私は複雑なのでした。
いつのまにかハプニングはないだろうという気持ちのほうが強くなり、スワップするという心構えができていなかったからです。
それでも初めての人たちではないのだから、と自分をナットクさせ、その日を待ちました。

Mというハプバーは、雑居ビルの一角にありました。
会員制と書いてはいるものの、ベルを鳴らすと出てきた初老の男性は、とくになんのチェックもなく私たちを通してくれました。
薄暗い部屋。
マンションの一室みたいなつくり。
タバコのにおいが充満しています。
早い時間に行ってもだれもいないということで、夜9時に行ったのですが、それでもだれもいませんでした。
入って左手にはカウンターがあって、スツールが7、8脚並んでいます。
右手は靴を脱いで上がるようになったボックス席。
4つか5つのボックス席があるのですが、ひとつは荷物置き場になっていて、雑然としています。
床にもなにやらいろいろころがっていて、雑然。
バー、というよりも、きのう大騒ぎがあったマンションの一室、という感じでした。

どういうのがハプニングバーの正しいありかたなのか、私にはまるでわかりません。
しかし、これがハプニングバーの王道だとは思えませんでした。
仮にもお店なのだから、もう少し片付けて欲しいなあ、と正直思いました。
こんなところでほんとにエッチなことが繰り広げられるのか?
私が、ここでエッチな行為をするのだろうか?
漠然とした不安がありました。
それよりももっと不安だったのは、だれとエッチなことをするのだろう?ということ。
少なくとも、久保さんとはエッチな行為があるはずだ。
でも、そのほかにもだれかとすることになるのだろうか?
いろんな想像が頭をよぎりました。

混雑するのは11時ごろだということで、私たちはとりあえず薄暗いボックス席に座りました。
壁には一面にコスプレの衣装。
下着まがいのドレスや、セーラー服、チアガールの衣装、バドワイザーのぴちぴちワンピースなどが、あやしげな様子で吊るされています。
これはただの飾りなのだろうか?
あるいは、だれかが着るためにあるのだろうか?
見ると、ボックス席フロアの中央部分にフィッティングルームのようなところがあります。
あきらかに衣装を着てプレイするのだとわかりました。

ビールを注文し、しばらく夫ととりとめもない話をしていると、店員さんらしき人が出勤(?)してきました。
がっちりした男性。
散らかった部屋をどうにか居心地のよいスペースにしようと片付けています。
それからほどなくして、別のカップルが入店。
私たちは急にそわそわしてきました。





いつもご訪問ありがとうございます!
読んだよ~のおことばをランキングクリックいただけるとうれしいです!!\(^ ^)/




ランキング応援お願いします。<(_ _)>


テーマ : 日記
ジャンル : アダルト

単独男性でいっぱい!?~ハプバー (2)


「ハプバーに行くのだから、ハプニングは覚悟」
とは思うものの、実際にカップルさんが入店してきたときには、緊張感がマックスになりました。
がっちりした男の店員さんがそのカップルにどこに座るかを聞いています。
私たちはどんな人たちなのだろう?と目をこらしました。
薄暗い店内では顔はよくわかりません。
それにあまりじろじろと眺めるのもぶしつけかと思い、ちらちらとそれとなく見ていました。

カップルは私たちの隣のボックス席に座りました。
私たちは、聞こえるか聞こえないかくらいのかすかな声で、
「こんばんは」
とあいさつをしました。
むこうは気付かなかったのか、あるいは気づいていても言葉をかわす気がなかったのか、なにも言いませんでした。

30代くらいの女性と、それよりはけっこう年上らしき男性カップル。
夫婦のような、そうでもないような感じ。
普段着姿のまま、ちょっと飲みに来ました、というような雰囲気でした。
私の勝手な想像ですが、こういうところに来る女性というのは、どこかスキモノオーラがあるのではないかと思っていたのですが、まったくそんなことはなく、女性のほうはちょっと怠け者のお母さん、という見た目でした。
薄暗いので見えづらかったといいながら、チェックするところはチェックしてるものです(笑)
しかし、私のほうもとくにスキモノオーラが出ているとはいえないので、お互い、
「この人、そういうエッチなことに興味津々なんだ・・・」
と思っていたはずです。

私たちのときには、初老のおじさん店員しかいなかったので、なにも説明を受けていなかったのですが、がっちりした店員さんはそのカップルに店のシステムについて丁寧に説明をはじめました。
店員さんはテーブルの上にある何枚かのカードを示します。
うろ覚えですが、カードには『飲んでるだけ』『カップルさんとお話し希望』『単独さんと遊びたい』『カップルさんとスワップOK』というような内容のことが書かれていました。
私たちは初めて自分たちのテーブルにもそれがあることに気付き、一応『スワップOK』のカードを示しました。
しかしながら薄暗い店内。
私たちがどのカードを示しているか、隣のテーブルからは見えず、その逆もしかり。
むこうのカップルはどのカードを提示してるのだろう?ということはまるでわからないのでした。

店には電話がひっきりなしにかかってきます。
それはほとんどが単独さんからの電話。
店の場所はどこか?いま空いてるか?女性はいるのか?
という内容でした。
店員さんは丁寧に対応しながらも、どこか横柄な感じでした。
それくらい、たくさん電話がかかってきていたのです。

カップルが入店してからすぐに単独さんがひとり入ってきました。
サラリーマンらしき中年男性。
店員さんがシステムについての説明をはじめます。
聞いて驚きました。
カップルの扱いと、単独男性の扱いはまったく違います。
単独男性は基本、カウンター。
ボックス席のほうに行くことはできません。
行けるのは、カップルに呼ばれたときか、単独女性に呼ばれたときのみ。
それ以外は、まったく会話すら出来ないシステム。
カウンターとボックス席の間には、庭にあるラティスのような仕切りがあって、お互いよく見えません。
そのうえ、値段も高額。
飲み放題とはいえ、ひとり8千円。
ハプニングが起こらなければ、不当に高い出費です。
しかし、その後も単独さんの入店は相次ぎ、瞬く間にカウンターは満席になりました。

そんな高いお金を払ってまで、あるかどうかわからないハプニングを期待するのはどういう心境なのでしょう。
もう少し払えば、風俗で確実に気持ちいいことができるはずです。
それをしないのは、素人とのセックスがいいんだ、ということなのでしょうか。
あるいは、うまくいけば何度もタダでできるという期待でしょうか。
それとも、他人の妻を寝取るという好奇心からでしょうか。
なにぶん、ハプバー初体験の女目線なので、よくわからないことはたくさんありました。

ボックス席はあいかわらず私たちともうひとカップルだけ。
カップル同士、交流もなく、さりとて相互鑑賞目的にエッチ行為を始めることもなく、淡々と飲んでいるだけです。
単独男性でぎゅうぎゅう詰めのカウンターとはあきらかに温度差がありました。
こんな状態で、どこかでエッチなことが起こるのだろうか?
不思議な感覚でした。
ハプバーというのは、初めて会った人とエッチなことをする可能性がある場所。
それだけを聞くと、想像がふくらみ、いやらしい気持ちになります。
しかし、いざその場所に身をおくと、タバコの煙や雑然とした室内が、そんな気を起こさせないのです。

いいかげん私も夫も緊張することに飽きてきたころ、夫の携帯に久保さんから、
「もうすぐ着きます」
というメールが入りました。
少なくとも、エッチなことが起こる可能性は高い。
私はべつの緊張感がわきあがるのを感じました。



ゆっくり更新にお付き合いいただきありがとうございます~!
また、わざわざメールで感想をくださったかたがた、ありがとうございます!!
なかなかお返事できなくてすみません。(>人<) 
次回、ハプバーで起こったエッチなもろもろを書きたいと思いますので、またご訪問くださったらうれしいです!ヽ(´∀`*)ノ
お手数ですが、読んだよ~のおことばをぜひともランキングクリックお願いしま~す!!\(^ ^)/


ランキング応援お願いします。<(_ _)>


テーマ : 日記
ジャンル : アダルト

ひとさまの前でエッチする! ~ ハプバー(3)



すでに5月も終わりかけですが、いつも読んでいただきありがとうございます!
さて、ハプバーの続きです。

久保さん夫妻を待つ間も、単独さんのボルテージはあがってきます。
ひとりの単独さんは、勝手にボックス席のほうの衣装をチェックしにきて、店員さんに怒られていました。
そういうときの店員さんは丁寧な言葉遣いながらも、そっちに行ったら困るということを厳しい態度でいさめていました。
怒られた単独さんは、まるでいたずらを見つかった小学生。
もごもごと言い訳しながら、自分の席に戻っていきました。

しばらくして、久保さんと奥さんのケイさんが入店。
私たちの席にやってきます。
久保さん夫妻もこの店は初めてらしく、店内をものめずらしそうに見回していました。
とりあえず乾杯してから、近況報告をします。
ケイさんは久保さんの仕事が忙しいために、さいきん体をもてあまし気味なんだとこぼしていました。
彼女はなかなか積極的で、コスプレの衣装を見て、着てみましょうと提案します。
私はまさか自分がこの衣装を着るとは思っていなかったので、腰がひけました。
だれが着たのかわからないし、きちんと洗われてるのかどうかもギモンです。
でも、こういうところでいちばんの厳禁は野暮であること。
私はなるようになれ、とばかりに席を立って衣装を選びました。

まずケイさんはバドワイザーのぴちぴちワンピース。
私は赤いチアガールの衣装を身につけることになりました。
薄暗い店内とはいえ、他人がたくさんいるところで、正直とても恥ずかしい思いでした。
この歳でチアガールとは・・とつっこむ自分がいましたが、なるようになれ。
着替えを終え、席に戻りました。

すでにケイさんは夫の隣に座っているので、必然的に私は久保さんの隣に座ることになります。
4人で話をしながらも、夫はケイさんになにやらごにょごにょしにいってます。
それをにやにや眺める久保さん。
夫はそのうちケイさんにキスをし、胸をもみはじめます。
久保さんと私はまだ世間話をしていたのですが、会話のとぎれたころ、久保さんが私の胸に手を回してきました。
チアガールの短い上着の下から手をさしのべて、乳首をさわります。
それらの行為は、隣の席のカップルからは丸見え。
単独さんたちのいるカウンターからは後ろを向かないと見えません。
だれもあからさまに見ようという人はいないようでしたが(というか、紳士的にしないと誘われませんよ、というようなことを店員さんは言ってました)、たぶん雰囲気でなにかを始めている様子は伝わっていたと思います。

スワップをはじめてから変わったことといえば、自分の裸をだれかに見られることに抵抗がなくなったこと。
当然、中年女の裸なので、ひとさまを喜ばせるものを持っているとは思いません。
だからこそ、見られても減るもんじゃなし、という気になりました。
久保さんは私の下半身に手を伸ばし、下着の上から力強くクリトリスをもみます。
私も久保さんのペニスのふくらみに手を伸ばし、ジーンズの上からなでるように触りました。
夫とケイさんは激しい愛撫に移っています。
ケイさんのあえぎ声が響きました。
久保さんは私のショーツを脱がせ、あそこに指を差し入れます。
すでにたっぷり濡れていたので、びちゃびちゃという音がするのがわかりました。
思わず声が漏れます。

カウンターのほうでは、単独女性は何時ごろ来ることが多いのか、という会話が交わされていました。
隣のカップルは私たちの行為を見ても、なにかを始めるでもなく、しきりにタバコを吸っていました。
久保さんは私をソファに寝かせ、両足を大きく開かせます。
その間に顔をうずめ、クリトリスを吸ったり舐めたりしまじめました。
気持ちよくてたくさん声が出ました。
「あん、あはん、いいっ、・・・あっ、あっ・・・」
私は思わず大きな声を出していました。

夫とケイさんも、かなり盛り上がっている様子。
ケイさんはバックから夫に舐められているようで、四つんばいになっていました。
L型になったソファなので、ちょうどケイさんの顔と私の顔がぶつかるような格好になります。
そのうちケイさんは私の胸に手を伸ばしてきました。
乳首を指でつまみ、こりこりともみ、口に含みます。
「あん、乳首おいしい」
ケイさんはいやらしい声で言いました。
その間にも、久保さんは私の下半身を熱心に愛撫します。
指を膣に入れ、ずぶずぶと出し入れ。
そのうちだらだらと愛液がたくさんあふれてきました。
ぴちゃぴちゃいうのをさらに指で責められます。
「あっ、ダメ、すごく濡れちゃう!」
私は焦った声をあげました。
久保さんは愛撫の手を緩めることなく、
「いいの?すごくいいの?」
と聞きます。
私の膣の中の、とても感じるポイントを指で責められ、のどの奥になにかが詰まったような甘いうずきの快感。
あ、と思った瞬間、私の膣から愛液が噴出しました。
ぴゅん、ぴゅん、と飛んだ愛液が久保さんの腕を濡らしています。
「あ、ふいちゃった・・」
私が言うと、久保さんは、
「感じてたんだね」
とキスをします。
まだクリトリスのほうはイってないので、あそこがペニスを欲しがっているのがわかりました。





いつもご訪問ありがとうございます~!
ゆっくりの更新ですが、また読んでくださいね~ヽ(´∀`*)ノ
お手数ですが、読んだよ~のおことばをランキングクリックいただけるとウレシイです!!\(^ ^)/


ランキング応援お願いします。<(_ _)>


プロフィール

メロン♀

Author:メロン♀
夫にスワッピングの話を聞き、最初は全拒否から始めました。(>_<)
初体験まで数年かかりましたが、徐々にこの世界のよさがわかりはじめたアラフォー世代。スワッピングをお誘いくださるカップル様 募集中(沖縄県の某所)




最新記事
メールフォーム
沖縄某所まで会いに来てスワッピングをお誘いくださる同年代カップルさん募集中です。できれば女性同士でやり取りを進められたら永いお付き合いができると思います。こちらでの出会いは記事にはしませんので気軽にご連絡ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
アクセス元ランキング
検索フォーム
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。