スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ランキング応援お願いします。<(_ _)>


夫とハプニング




気がつけば10月です。
このブログもあっというまにまる2年です。
記事の数は少ないですが、訪れてくださるみなさまに感謝してやみません。
あいかわらずメール文字化け問題は解決できていませんので(←解決するつもりがあるのか?^^;)、みなさまにはご迷惑をおかけしております。
つくづく自分のダメさ加減がいやになります(泣)

女性目線のスワッピングブログということで、自分の心のうちを書き連ねているうちに、自分でも思っていなかった感情や欲望を見ることがあります。
いちばん、顕著にあらわれたのが性欲の復活かもしれません。
年齢的には中年にどっぷりですが、性欲というのはひょっとしたら若い子よりも中年女性のほうが、それが強いかもしれないとすら思います。
自分本位で、感じたい部分を感じたいといえる喜び。
どんな男性にでもペニスがある、というのはエロいことだと思えるよさ。
おじさん目線がオンナにも芽生えてくるのが中年だと思います。
だからこそ、夫とのセックスにもそういう目線がでてきてからのほうが、楽しいと感じるのです。

この夏、二回目のハプバーに行きました。
前回行ったところとは別のところ。
外からはまるでわからないつくりで、
「ほんとにこんなところにバーがあるの?」
といぶかしく思いながらエレベーターに乗りました。
そこに行ったことがあるという人の情報によると、
「まるでハプニングがなかった。ふつうにバーとして楽しんだ」
とのこと。
私も夫もなにもなくてもいいか、くらいの軽い気持ちでした。

入り口のドアもあっさりしたもので、呼び出しのブザーを鳴らして入店するしくみになっています。
すぐに若い男性店員さんが現れ、私たちをボックス席に案内してくれました。
以前のところよりも広めの店内。
カウンターには単独男性とおぼしき人が2人、楽しげに会話していました。
そういう雰囲気はまるでふつうのバー。
違う雰囲気をかもしだしているのは、店の真ん中のビリヤード台にずらりと並べられた大人のオモチャの数々。
そして天井からつるされたSM用の鎖のような器具。
ここで、人前で、SM行為を楽しむ人もいるのだなあ。
私は、前回人前で他人のご主人とあられもないセックスをしたにもかかわらず、なにかそれが夢のような出来事のように思え、しらふでいると、ここは自分にとって場違いなところではないのか、という気すらしました。

夫は、なにもなくてもいいかというわりには、前回と同じ久保さん夫婦を呼ぼうと声をかけていたようですが、急なこともあってこれるかどうかは微妙だということでした。
若い男性店員の飲み物を注文し、ちびちびと飲んでいました。
普段、私たち夫婦はたくさん話をします。
いろいろなことを会話するのは私たちの楽しみの一つでもあるのですが、ハプバーにおいてはどうしても会話がとぎれがちになりました。
カウンターにいる男性二人がときどきちらちらと私たちのほうを見ていました。
ボックス席は暗く、目隠しのようなひも状の暖簾(?)がつられてあり、私たちのことはよく見えないようでしたが、ときどき少しかがみこむようにして、私たちがなにもしていないか確認しているようでした。

そのうち、ひと組のカップルが入店。
にわかに緊張感が走りました。
薄暗いのであまりよくは見えませんでしたが、若いカップルのようす。
すでにどこかで飲んできたようで、男性のほうはかなり大声でなにやら盛り上がっていました。
座ったり立ち上がったり落ち着きがなく、笑い方が耳ざわりで、私は正直、
(この人とするのはちょっといやだな)
と思いました。
もちろん、むこうだって「このオンナはいやだ」と思う可能性はたくさんありますが。(笑)
さいわい、そのカップルはすぐに出てゆきました。
いったいなにをしにきたのだろうと私と夫は首をかしげました。

店内はもとどおりに静かになりました。
夫はなにげなしに私を抱き寄せます。
すこしおどろきました。
続いて、ものすごく恥ずかしくなりました。
夫と公衆の面前でいちゃいちゃする、ということをずいぶん長いことしていなかったために、照れてしまったのです。
他人とそういうことをするよりも、恥ずかしいという気がありました。
そういえば私たち夫婦は、スワッピングはしますが、相互鑑賞ということをしたことがありません。
人前でいちゃつくのは、はじめての経験でした。
夫は私のシャツの胸元に手を入れ、胸をもみます。
とてもなれた行為なのに、まるではじめてそうされるようにどきどきしました。
そのときの夫の顔つきが、よく知った夫ではなく、他人とセックスするときの夫の顔だと思え、余計にどきどきしました。
見てはならない顔を見たような気がしました。
あえていうなら、夫の現役オスの顔。
普段の生活で見せる家族の表情はまったくないのが新鮮でした。

夫の手はエスカレートし、私のシャツをたくしあげ、乳首を吸い始めます。
もう片方の乳首は、指でつまんでいじられ、私は思わず声をもらしました。
不思議な気分でした。
それがだれに聞かせるでもない声だということが不思議でした。
いつもならその声は夫の耳にとどけたい声のはずで、私があえげばあえぐほどいいのでしょう?というアピールであったように思います。
私は純粋にこの行為を夫とともに楽しむのだ。
そう思った瞬間に、だれに後ろ指差されるでもない夫とのいちゃつきが、私がまだ未熟な若い女だったころのことを思いださせ、不思議なことに、きゅうに若返った気すらしたのです。
他人とであれば次にどういうふうに愛撫されるかわからず、ただただ緊張の中でことを進めますが、夫ならどうするかはよくわかります。
そしてそれがどれだけ感じることなのかも、性感帯がよく覚えています。
私のあえぎ声はしだいに大きくなり、店内の単独男性の耳にもとどくくらいになってゆきました。




いつもご訪問ありがとうございます~!
ゆっくりの更新ですが、また読んでくださいね~ヽ(´∀`*)ノ
お手数ですが、読んだよ~のおことばをランキングクリックいただけるとウレシイです!!\(^ ^)/

ランキング応援お願いします。<(_ _)>


テーマ : 日記
ジャンル : アダルト

お待たせしてました!



かねてより、文字化けでどうのこうの言ってたメール問題ですが、ようやくメール復活しました!
\(^ ^)/
ご迷惑をおかけしていましたが、肩の荷がおりました。
7月以降でメールをいただいていたかたには本当に申し訳ありませんが、メールが解読できないため、お返事をお送りすることができません。
ほんとにごめんなさい!!
2ヶ月以上かかってしまった自分にうんざりです。(´ヘ`;)
また気が向いたときにでもメールいただけるとうれしいです!^^

ランキング応援お願いします。<(_ _)>


テーマ : 日記
ジャンル : アダルト

いけにえセックスとデパートのコタツ




夫以外の人に抱かれるスワップというものを初体験する前、スワップする予定のカップルがどういうひとたちであるのか、とても気になりました。
見た目とか年齢とかだけでなく、どういう仕事をしてるのだろうとか、子どもはいるのかとか。
どこかに自分の好みの要素を見つけようと思っていたのかもしれません。
だからメールに写真を添付してもらうことは必須でした。
写真を見ると現実感が増し、本当にこういうことを趣味にしてる人がいるのだな、でも普通の人なのだな、と実感できました。
不安を取り除くには、相手をよく知ることがいちばんの解決法に思えたのです。

しかしながら、写真のやりとりをそれほどしないというカップルもいて、よくそんな怖いことができるな、と思いました。
もしすごくいやなタイプの人だったらどうするのだろう。
そんな人でも抱かれるのだろうか?
私にはまるでわからない考えだったので、スワップというものがそれほどまで女の気持ちを変えてしまうのだろうか?あるいは、そのカップルが飛びぬけておおらかなんだろうか?と、いろいろ思い悩みました。
結果として、今ではそのカップルの気持ちがよくわかります。
だれでもいい、とまでは言いませんが、基本、やっぱりだれでもいいのです(笑)
なぜなら、その行為は自分が楽しむとともに、夫も楽しむものだからです。
いうなれば、『いけにえ』のようなセックス。
夫とのセックスに刺激を与える『いけにえ』のセックスなのです。
だから、自分の相手はだれでもいいのです。
あえていえば、エロい人がいいのです。
エロくて、ねちねちとして、あとで夫に、
「すごくいやらしかった」
と報告できるくらいのエロさがいいのです。

さて、ハプバーでの続きです。
夫の指や舌が私を愛撫するのを、2人の単独男性は公然と見ていました。
薄暗い店内では、どういう顔つきかはわかりませんが、視線はきちんと感じました。
夫の行為はエスカレートし、自分のペニスを取り出し私に舐めるように指示します。
私はためらうことなくペニスを握り、口に含みました。
よく知っているペニス。
大きさも硬さも私のなじんだもの。
不思議なもので、よく知っているものがそこにあるだけで、とてもリラックスした気分になります。
たとえば、デパートの家具売り場で、そこにあるコタツに入っていいよと言われるとします。
コタツに足を入れたとたん、そこがデパートであることを忘れ、くつろいでしまうと思うのです。
ヘンなたとえですが、夫にフェラチオするということは、まさにそんな感じだったのです。
私は思いっきり吸いました。
頬をきゅううっとへこませて、夫のペニスを上下しました。
夫はときどき、うう、とか、ああ、とか、声を漏らします。
リラックスするとプレイに集中できます。
私はまるで家でしている錯覚に陥りました。
相互鑑賞をしたことはなかったですが、相互鑑賞というのは、こういうメリットがあるのだとわかりました。
はじめての人とでは得られない集中力。
普段どおりできるということは、普段どおり感じられるということなのです。

私と夫はセックスこそしませんでしたが、けっこうな激しい愛撫を応酬しました。
夫が声をかけていた久保さん夫婦は、やはりこられないという連絡がありました。
「どうする?」
とお互い顔を見合わせました。
店内にいるのは単独男性だけで、スワップできそうなカップルもいません。
私たちは単独さんを呼んで遊ぶということはしないルールなので、残っているお酒を飲んで出ようということになりました。
すると、若い男性店員さんが私たちのテーブルにやってきて、
「あちらの男性が、お2人の行為をこちらで見学したいとおっしゃってるのですが」
と告げにきました。
私たちは驚きました。
ハプバー2回目なのでよくわかっていなかったのですが、単独さんたちはそういうことをしたいと思うと、店員さんに仲介を頼むというシステムらしいのでした。
紳士的といえば紳士的なやり方です。
夫はもう帰るつもりだと言い、それを断りました。
私たちが帰る直前、女性がひとり入店しました。
40代くらいの女性。
派手ではなく、むしろ地味な印象でした。
私はひそかに、単独男性とこの女性でなにかが始まるのではないか、と期待しましたが、見た感じではそういう気配もなく、むしろその女性は、若い男性店員目当てなのではないだろうか、などと思ったりしました。
どっちにしろ、その後すぐに店を出たので、彼女がどうなったかはわかりません。
ふと、私がもし独身だったら、ひとりでハプバーに行ったりするだろうか?と考えました。
なかなか勇気のいることです。
行ってみたいとは思っても、臆病者の私にはかなり難しいと思うにつけ、あの女性はすごいなと思うのでした。


いつもご訪問ありがとうございます~!
ゆっくりの更新ですが、また読んでくださいね~ヽ(´∀`*)ノ
お手数ですが、読んだよ~のおことばをランキングクリックいただけるとウレシイです!!\(^ ^)/

ランキング応援お願いします。<(_ _)>


テーマ : 日記
ジャンル : アダルト

VSラブドール


性の世界というのは、コンピュータの進化と同じようにものすごい速さと多様性をもって進んでいると思います。
このあいだから、夫に『ラブドール』なるものがあるということを聞き、検索してみたらおどろきました。
画像にはどこかで見たことあるようなアイドル顔のお嬢さんたちが並び、体つきも非常にリアルで、まさか人形とは思えないクオリティ。
外で写した写真などは、ほんとのアイドルのように見えました。
夫が言うには、ラブドールさんたちは、ダッチワイフ的に使用することはもちろん、ドライブにも連れてゆかれることもある、ほんとの彼女みたいな存在なのだとか。
生身の女性に相手にされないから、というよりも、生身の女性のめんどくささを抱えなくてよい気楽さがあるのでしょう。

たしかに、生身の女性とのセックスは面倒なものです。
それがお金を介したものであったとしても、男は勃起し、腰をふることが必要です。
素人の女ならなおさら大変。
イヤだなどといわれながらも、なだめすかしてどうにか挿入まで持ってゆくのは至難の業。
射精は一瞬。
しかし、その一瞬のためにあの手この手でがんばり続けるのが男です。
それだけセックスは大事なこと。
オナニーも同じように気持ちいいのでしょうが、セックスにしかないものがあります。
お金を出してでも、生身のオンナと交わるという行為。
そこには自分の存在を受け入れてもらえているという安心感があるのではないでしょうか。

セックスレスの悲しみというのは、だからじつは、とても深いと思います。
自分の存在を受け入れてもらえない悲しみにつながるのです。
今の社会では、自分のことを等身大で受け入れることがとても困難です。
できていない、イケてない、みっともない自分。
情報過多の今は、それをどこかでわかりながらも、鋭い言葉でだれかをやり込めれば、自分は強い人間だと錯覚してしまうことができます。
ほんとは弱い自分をさらけ出すことが愛されることに近づくはずなのに、弱いところだけは見せられない。
だれかを攻撃すればするほど、自分の首をしめてしまう。
疲弊しきった心をもてあまし、だれかに慰めて欲しいけれど、傷つくことはいやだ。
男も女も、そういう状況で苦しんでいるような気がします。

私も弱みを見せることが苦手な人間なので、よくわかります。
しかしながら夫との関係でわかったのは、弱みというのは自分が案外理解していないということ。
自分のこれが弱みだ、とすぐにわかることはそれほど問題ではないのですが、本当の弱みというのは、つつかれるとまず反発してしまう部分です。
自分が大事だと思っているところだから厄介なのです。

セックスレスになるという要因は、その弱みを捨てないという意固地な心構え。
それが、相手を遠ざけてしまっていると思うのです。
さみしくなると自分の中の大事なものをより大事だと思うようになります。
それを手放すことが、自分を失うことだと思ってしまいます。
具体的に言えば、ちっぽけなプライドみたいなもの。
それに固執するあまり、もう自分のことをわかってくれなくてもいい、というさみしい心境になってしまうのです。

本当の関係は、それを捨てたところから始まると思います。
プライドを捨て、お互いがいちばん大事な存在だ、と確認すること。
そうすると、セックスもあらたなステージ突入すると思うのです。

とてもまじめな話になってしまいました。
セックスを楽しいと思うようになると、女の賞味期限もちょっと延びる気がします。
女性はついつい若く見えることに気をとられがちです。
がんばって美白、美顔、ダイエットにいそしみますが、それよりも大事なことは現役でいることだと思うのです。
自分を幸せにしてくれるのは、同性のお世辞の評価ではなく、すぐそばにいる男の精液に他ならないと思います。
自分にまだサカる男がいるというのは、女冥利につきること。
美白やダイエットには限りがなく、満たされることがありません。
しかし、愛されると満たされます。
セックスがあると、満たされるのです。

たぶん、男性がいちばん喜ぶのは肌が白いとか、やせているとか、シワがないとか、そういうことではなく、毎日セックスさせてくれるという女性なのだと思います。
だから、美白とダイエットにいそしんでるだけでは、エッチなオンナに負けるのです。
エッチなオンナ、求めたら応じてくれる妻、というのは自分とのセックスを受け入れてくれる女。
つまり、男の存在をそのまま受け入れてくれる女。
エッチなオンナというのは、じつは、癒しを感じさせるのかもしれません。
女性のみなさん、がんばりましょう!(笑)
エッチなことをサボっていると、私もそのうちラブドールに妻の座を奪われかねませんから。
そして、あちらのほうがずっと若くてぴちぴちしてそうですから(笑)



いつもご訪問ありがとうございます~!
ゆっくりの更新ですが、また読んでくださいね~ヽ(´∀`*)ノ
読んだよ~のおことばをランキングクリックいただけるとウレシイです!!\(^ ^)/

ランキング応援お願いします。<(_ _)>


テーマ : 日記
ジャンル : アダルト

プロフィール

メロン♀

Author:メロン♀
夫にスワッピングの話を聞き、最初は全拒否から始めました。(>_<)
初体験まで数年かかりましたが、徐々にこの世界のよさがわかりはじめたアラフォー世代。スワッピングをお誘いくださるカップル様 募集中(沖縄県の某所)




最新記事
メールフォーム
沖縄某所まで会いに来てスワッピングをお誘いくださる同年代カップルさん募集中です。できれば女性同士でやり取りを進められたら永いお付き合いができると思います。こちらでの出会いは記事にはしませんので気軽にご連絡ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
アクセス元ランキング
検索フォーム
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。