スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ランキング応援お願いします。<(_ _)>


ヤマダさんとエレナちゃん



むかしから、流行のギャグにはどこかエロの響きがあるなと思ってきました。
今、流行中の「ダメよ~ダメダメ」というギャグもそうですし、以前流行したレイザーラモンHGのギャグはそのまんま、エロを彷彿とさせるし、むかしむかしに流行したカトちゃんの「ちょっとだけよ~」というのも、エロが前面に押し出されたものでした。
エロを想起させるものは、万人にとって興味があることがら。
子どものころは、オトナになったらあんなエロいことやこんなイヤラシイことをするんだな・・・と頬を赤らめて期待していました。
きっと私だけではないはず。(笑)

そのころは妄想がたくましく、男女がからみあう姿を絵に描いてみたり、新聞の映画欄で成人映画のタイトルを見て興奮したり、なにかと日々エロを考えていました。
これだけエロの情報にあふれているのだから、世の中のオトナたちはよほどエロまみれでいるに違いない、と確信していました。
だから、女子同士の会話で、まったくエロに関する情報を持たない子には、
「あんた、そのままオトナになっちゃったらどうするわけ!?」
と半ば真剣に心配してあげたりしたものですが、まったく余計な心配。
そういう子でもきちんと妊娠しているのだから、エロはだれにとってもあたりまえに訪れる季節のようなものなのです。

ただ、妄想したエロのほうがエロいと思うこともあります。
実際にセックスするという行為は、その最中は嵐のよう。
とにかく体を動かしてがんばったという思いがあります。
妄想の付け入る隙がないときもあります。
しかしながら、女性ならだれしもが経験あると思いますが、セックスがマンネリになってきたころから、頭の中で遊び始めます。
自分を仮のだれかになぞらえる。
あるいは、パートナーをだれかになぞらえる。
そういう妄想をしながら、セックスするのです。
すると、エロい感覚が戻ってきます。
それをつきつめてゆけば、スワッピングになると思うのです。

私と夫はときどき、妄想プレイをします。
登場人物は中年男性ヤマダさん(仮名)ときれいで若いモデルの女の子エレナちゃん(仮名)。
エレナちゃんがヤマダさんになにかしらのお礼のフェラをするとかいう設定ではじめます。
もちろん(?)私はエレナちゃん役です。
一応、興ざめを防ぐため、部屋の電気を暗くしています。(笑)
ヤマダさん役の夫は、最初、
「こんなおじさんなのに・・・」
とか言いながら、ペニスをくわえられてうめきます。
エレナちゃんは、
「ヤマダさんのこれ、ずっとこうしたかったの」
などといいながら、だんだん行為はエスカレート。
ヤマダさんの乳首をつまんだり、ヤマダさんの唇に舌を差し込んだりします。
最初はためらいがちだったヤマダさんも、じょじょに自分の指をエレナちゃんのあそこに這わせたり、胸をもんだりしはじめます。
エレナちゃんは激しくヤマダさんの唇を求め、そのうち興奮したヤマダさんは、こんどは自分が上になり激しい愛撫をします。
そうしてヤマダさんはエレナちゃんに挿入。
「ああ、いいです、すごい感じちゃいます、ヤマダさん、いい、すごくいい、ああん・・・!」
「エレナちゃん、これが感じるの?ここがいいの?」
と夫婦で役になりきり言葉と愛撫の応酬。
そのうち、気持ちよさが頂点に達し、
「ヤマダさん、イっちゃう!イっちゃいそうですっ!ああんっ」
「うっ、エレナちゃん、ぼくもイクよ、ああ、・・・・うっ」
と、お互い果てるのです。

読んでみると、バカな夫婦ですね。(笑)
でもすごく楽しいです。
そのうえ、だれも傷つけることがありません。
スワッピングのどきどきはありませんが、慣れ親しんだ相手であるので気持ちよさの保証はあります。
なかなかスワップ相手がみつからなかったり、忙しい毎日だったりのときには、わりとこういう遊びをします。
たまに、超ミニスカートにノーパンでくねくねしながらの行為というのもあります。
そんなときには、私の股間に夫の顔をうずめ、あそこを舐めてもらいます。
日常が、ミニスカート1枚で非日常にかわります。
オススメです。(笑)

妄想が気持ちよさを手助けしてくれます。
マンネリを打破するのは、ちょっとの工夫でできるのだと思います。
みなさんも寒い日には、おうちでエッチ、どうですか?


いつもご訪問ありがとうございます~!
ゆっくりの更新ですが、また読んでくださいね~ヽ(´∀`*)ノ
読んだよ~のおことばをランキングクリックいただけるとウレシイです!!\(^ ^)/
ランキング応援お願いします。<(_ _)>


テーマ : 日記
ジャンル : アダルト

まず妻を、そしてスワップを



スワップのときにいちばんネックになるのが女の気持ちだと思います。
男はだれとでもセックスできる生き物。
それがわかっていながらも、いざ自分の夫が他の女を抱くという場面を目にするのはひょっとしたらものすごくツラいものなのではないか、と思うのです。
それ以前に、男が自分以外の女に興味を持つということすら、許せないと思ってしまうのです。

そういう気持ちから、なかなかスワップに踏み切れないご夫婦はたくさんいらっしゃると思います。
夫がスワップに興味を示すということは、ひょっとしたら自分に飽きてきたからではないか?
結婚して以来、自分のことを女として見られないから、他の女性を抱きたいと思うのではないか?
いろいろいやな想像をしてしまいます。

そんな妻にスワップを踏み切らせたいと思うなら、夫はまず妻を思いっきり愛してあげてほしいのです。
こんなにもキミが好きなんだ、愛してるんだよ、とひとつのためらいもなく妻を抱きしめてあげてほしいのです。
女は安心感がなければ、危険なことにチャレンジしようと思いません。
夫に対して完全なる安心感があってこそ、はじめてなりたつのがスワップの世界です。

スワップを楽しむ夫婦は、ものすごく仲が良いです。
結婚していないカップルはちょっとよくわかりませんが、夫婦に限って言えば私達が出会ったご夫婦はすべて仲が良かったです。
もちろん、私たち夫婦も仲が良いです。
たぶん、はた目に見ると「仲良すぎ!」くらい仲が良いと思います。
それを維持するのは、定期的なセックスと対話。
これにつきるのではないでしょうか。

定期的なセックスはほんとうに大切だと、男は体でわかっているでしょう。
しかし、女はあまりピンときません。
妊娠出産を経て、体がいくつあっても足りないくらい忙しくなったり、あるいは、あれほどときめいた夫に対する興味も薄れ、お互い趣味などに没頭するようになったり、そんなこんなで日々の報告程度の会話しかなくなってしまう。
そうすると相手に対する人間的な興味を失うのは当然です。
人間的な興味というのは、心の奥底に眠ってるその人独特の考え、いわば個性みたいなものが垣間見えたときに起こります。
そしてそれが自分の価値観に寄り添うものだったら、好ましいという感情が生まれます。
恋愛のはじめはそれの連続。
この人のこういうところが好きという『好きストック』をためてゆくのです。
だから、もっとこの人と話したい、もっとこの人のことが知りたい、という欲求が生まれ、愛が深まってゆくのです。

ところが、夫婦になってしまうとそれを怠り始めます。
もっと妻のことを知りたい、もっと夫のことを知りたい、そんなことをまるで思わなくなってしまうのです。
ほんとうは夫の知らない妻の顔、妻の知らない夫の顔は、たくさんたくさんあるはずなのに。
相手に自分のことを伝える努力もしなくなり、勝手に腹を立てていると思われることになるのです。
腹を立てた妻に対して、夫は深く理由を探ろうとはしません。
女ってよくわからん。
そんなふうにして投げ出してしまいます。
そうして妻は夫に対してさらに不満を持つことになり、溝は深まるばかり。
セックスを求められても、二つ返事で応じることなどありえなくなってしまうのです。

女はしかし、知らないのです。
私も知りませんでした。
男はエッチな女がほんとうにほんとうに好きだということを。
ある調査で、結婚相手に求めることとして、男性のトップが、
『セックスの相性が合うこと』
とありました。
女性のほうにそういう項目はまずないので、これは男性はもっと声を大にして言うべきだと思いました。
セックスの相性が合うといえば聞こえがいいですが、要するに、ヤリたいときにヤラせてくれる妻。
そういうことだと思います。

女が生きやすい日本になってきたといわれますが、それは表面上であって、精神的に満たされる状況ではなくなってきているはずです。
精神的に満たされる状況というのは、ごくひっそりとした幸せなのだと思います。
それは夫と仲が良い、それだけのことでいいのだと思います。
そうすれば、夫の性欲にお付き合いするということは、妻にとってみたらあたりまえの行動だと納得できます。
フェミニストに反するような発言かもしれませんが、ほんとうに女が自立するというのは、なにもエラそうに夫に命令するということではなく、夫の性欲も含めて愛を自分で支えてゆく覚悟を持つことだと思うのです。

今回、エロ皆無ですいません(汗
それでも読んでくださってありがとうございました!


いつもご訪問ありがとうございます~!
ゆっくりの更新ですが、また読んでくださいね~ヽ(´∀`*)ノ
読んだよ~のおことばをランキングクリックいただけるとウレシイです!!\(^ ^)/
ランキング応援お願いします。<(_ _)>


テーマ : 日記
ジャンル : アダルト

プロフィール

Author:メロン♀
夫にスワッピングの話を聞き、最初は全拒否から始めました。(>_<)
初体験まで数年かかりましたが、徐々にこの世界のよさがわかりはじめたアラフォー世代。スワッピングをお誘いくださるカップル様 募集中(沖縄県の某所)




最新記事
メールフォーム
沖縄某所まで会いに来てスワッピングをお誘いくださる同年代カップルさん募集中です。できれば女性同士でやり取りを進められたら永いお付き合いができると思います。こちらでの出会いは記事にはしませんので気軽にご連絡ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
アクセス元ランキング
検索フォーム
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。