スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ランキング応援お願いします。<(_ _)>


勃起できなくなる前に


せいぜい2週間に1度の更新ですが、ご訪問いただきほんとうにありがとうございます!
なのに、いただいたメッセージのお返事がとどこおっていて申し訳ありません!(汗
来週にはかならず・・・と思っております。
気長にお待ちいただけるとありがたいです。

さて、前回の記事は、かすかながらいつもより反応がありました。
とくに女性のかたからは「よくわかる」というお声をいただき、共感していただいてうれしいです。

しかしながら、男性の目線は違うもの。
夫からは、
「違う目線でみるべきだ」
との言葉を投げられました。
たしかに女と男は違うもの。
性別が違うというのは人種や国籍よりも、ずっと違う性格を獲得しているということです。
それでも、
「どうせ女の気持ちはあなたにはわからない」
と切り捨ててしまうことは不誠実なのだと気付きました。

夫は常に、男の気持ちというものはこういうものだ、セックスは排泄行為といえるのはこういう考えなのだ、などなど、言葉を尽くして私の理解を得ようとします。
軽蔑されるかも・・・と思って本心を隠してしまうようなことはしません。
夫にとっては、軽蔑されることよりも、思いを風通しよく話し合えないほうがずっと危険なことだからです。
一度思いを隠してしまえば、それが当たり前になります。
そうすると、妻には夫の気持ちが見えません。
妻はいまの生活に夫が満足していると疑いもしません。
凪の生活。
女は安定が好きですから、凪であることは大歓迎です。
しかし本心をさらけ出さない凪の生活が続くと、妻のほうも夫が見えなくなります。
よく見知った表情、いつもの口調、なにも変わらない日常。
それが続くと、ゲシュタルト崩壊するように、果たしてこの人は私の何なのだろう?と考えてしまいます。
そんなことを考えてしまうのは、なぜだろう?
なにが足りないのだろう?と。

なにが足りないのかは明白です。
それは情熱です。
この人と熱いセックスをしたいという情熱なのです。

女は生殖能力に限界があり、まさか60歳になって妊娠などほぼありえないことです。
しかし、男は違います。
70歳でもパパになることは可能です。
しかしそれはオリンピック選手に選ばれるくらいまれな状況。
普通であれば、40歳をすぎ、50歳の声を聞くころには、
「オレの、大丈夫?」
と不安になることもあるようです。
女は70歳になってもセックスはどうにかできます。
卒業はありません。
しかし、男の場合は勃起するという非常に高いハードルが出現するのです。
勃起など、10代のころならしなくてもよいのにしていたことが、こんなにも大変なことになってしまうのか。
そんな気持ちになるのだと思います。
卒業は自分の意思に関係なく、体が決めてしまうのです。

「そうなったときに効いてくるのがスワップなんだよ」
夫は言います。
情熱を復活させる作業がスワップであり、その思い出が70歳になった自分を楽しませてくれるのだ、と。
スワップで嫉妬したことすら、
「あんなこともあったね」
という、よい思い出になると断言します。
自分が勃起できなくなったときに、スワップした夫婦と思い出話に花を咲かせるのは楽しいではないかとうれしそうに言います。

夫の言いたいことはよくわかるようなわからないような感じです(笑)
それでも話をすればするほど、「女の気持ちは男にはわからない」ということは言わないで、きちんと向きあおうと思うようになりました。
私がそういってすねることを自分に許してしまえば、夫は私を許さざるをえません。
それはフェアではありません。
もし私がすねる自分を許してしまうなら、夫の気持ちを手放す覚悟が必要です。
豊かな老後のための種まきは今から始まっています。
それは気持ちも含めてです。
セックスの情熱を持つ努力をすること。
そのためにスワップしてよかったと思える気持ちをつくること。
夫との関係を常に風通しよく、毎日更新し続けること。
仲のよい夫婦ほど、日々気を抜かず相手をおもいやっているということを忘れてはならない。
そしてそれは常に声に出して言い続けなければならない。
そういう毎日が芳醇な老後を作るのです。




いつもご訪問ありがとうございます~!
読んだよ~のお言葉を、ランキングクリックしていただけるとうれしいです~\(^ ^)

ランキング応援お願いします。<(_ _)>


テーマ : 日記
ジャンル : アダルト

おばさんになっても愛してもらうために



『私がおばさんになっても』という森高千里さんの有名な歌があります。
あの曲が流行したときには、私はまだまだおばさんには遠かったので、若いのにそんな歌詞を書くことのできる森高千里さんがすごいと思いました。
今、私はおばさんになってますが、森高千里さんを見るたび、あのころから『わかってる人』は、おばさんになってもイキイキしてるなと脱帽せざるをえません。
『わかってる人』というのはどういうことか。
それは人間は老いるということがわかっているということです。
そしてそのためにどういう努力をするべきか、どういう気持ちを持っているべきか、それがわかっている人だと思うのです。

このあいだ、男性の勃起について書きました。
女性は勃起ほど見た目にわかりやすい変化はないと思っていました。
しかし、かならずしもそうではないようです。
夫のいうところによると、
「女性は50代になると騎乗位で動かなくなる」
のだとか。
もちろんこれは夫の経験した結果による独断と偏見によるもので、騎乗位でがんがん動く50代の女性もたくさんいらっしゃると思います。
50代になると上に乗っても動かなくなるのか、あるいは動けなくなるのか、じっとしたままなので下から突き上げねばならず、それが結構な労力になるというのです。
ひょっとしたら世代の常識として、50代以上の女性は騎乗位でも動かないというのが当たり前なのかもしれませんが、あまりそれは考えにくく、やはり腰を振るのがしんどくなってくるからだと思います。

その気持ちはよくわかります。
しっかり(?)セックスすると汗をかきます。
翌日、筋肉痛になることもあります。
そんなとき、セックスというのは体力が必要なものだとつくづく思うのです。
騎乗位も元気なときには大好物。
上に乗ってクリトリスをこすりつけて、自分の快感ポイントを繰り返しこねくりまわすのは、えもいわれぬよさがあります。
ときどきは後ろ向きにまたがり、男性のアナルをいじくりまわすのも楽しいものです。
しかし体が疲れているときには、騎乗位で長時間腰を振ることはできません。
若いときにはいくら疲れていても快感の後押しがあればいくらでもできたのに、なかなかそうはいかなくなります。

そして困ったことに、あそこもゆるくなるのです。
『ごく軽い尿もれ』はいまや女性の常識。
堂々と言ってもそれほど恥ずかしくないくらい、市民権を得たことばになってきました。
しかし、私は思うのです。
だからしょうがないじゃないと開き直ってると、『私がおばさんになっても』愛してもらえないのではないかと。
尿もれするのは仕方ないことです。
でもそこに努力がなければ、夫は鼻白むのではないかと。
尿もれとあそこがゆるむ問題は同じ根っこから出ていると思います。
下半身の力というのはだれでも年とともに衰えます。
が、食い止める努力をするかしないかで、すこしはなにかが違ってくると思うのです。
たとえば、あそこを締める努力をする。
ふだんの生活でも気にしていれば、長い目で見ればずいぶん違うと思います。
そしてその努力を夫が気付いてくれたら、双方にとってプラスなことではないでしょうか。

きっと夫が、妻におばさんになっても忘れないでほしいと願うのは、その謙虚な努力だと思うのです。
私がおばさんになっても愛してほしいから、と努力し続ける姿が愛おしいものなのです。
尿もれするし、あそこはゆるゆる、騎乗位では動かない。
私にとっても耳が痛いことばかりですが(笑)、それを改善する努力は、夫に働きかけられなくても自らが始めなければならないものです。
そうやって努力する人は、おばさんになっても愛してもらえるのだと思います。
いつまでも女を武器にして「抱かせてあげている」という状況は長くは続きません。
せいぜい30代半ばまでです。
その後は人知れず努力の毎日です。
しかし、それがいやだから、もうセックスなんか自分に必要ない、と思った時点で尿もれまっしぐらです。
悲しいけれど、それが現実です。
どちらかを選ぶしかないのなら、愛があるほうを私は選びたいです。
いまもPCに向かいながら、おしりの穴をきゅっと締める訓練をしています(笑)
この努力が実ればいいなとひそやかに思っているのです。




いつもご訪問ありがとうございます~!
読んだよ~のお言葉を、ランキングクリックしていただけるとうれしいです~(^ ^)


ランキング応援お願いします。<(_ _)>


テーマ : 日記
ジャンル : アダルト

プロフィール

メロン♀

Author:メロン♀
夫にスワッピングの話を聞き、最初は全拒否から始めました。(>_<)
初体験まで数年かかりましたが、徐々にこの世界のよさがわかりはじめたアラフォー世代。スワッピングをお誘いくださるカップル様 募集中(沖縄県の某所)




最新記事
メールフォーム
沖縄某所まで会いに来てスワッピングをお誘いくださる同年代カップルさん募集中です。できれば女性同士でやり取りを進められたら永いお付き合いができると思います。こちらでの出会いは記事にはしませんので気軽にご連絡ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
アクセス元ランキング
検索フォーム
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。