スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ランキング応援お願いします。<(_ _)>


単独かスワップか、それが問題だ



夫婦がいれば、その数だけタイプは多種多様です。
それは夫婦に限ったことではなく、個人であっても性癖や趣向はさまざま。
それが合う人同士がカップルとしてうまくゆくのだと思います。

どうしてこんなことを考えたのかというと、単独さんを呼んで遊ぶという行為を、私たち夫婦はまるでしないからです。
会うのであれば必ずカップル限定。
どちらか一方に対して、単独さんをあてがうというのはNGです。
それはなぜなのか?

ぼんやりと考えていて、夫にもそのテーマをぶつけてみて、理由が二つあることがわかりました。
二つといいながら、根っこは一つといえるかもしれません。
一つめは、夫が私に単独男性をあてがってセックスしているところを見たい、という願望がまるでないこと。
二つめは、私自身がちやほやされるに値する女ではないと思っていること。

まず、一つめのことですが、夫が私を愛していないというのではまるでありません。
単独男性を呼んで妻を抱かせるという男の心理が、夫には理解できないというのです。
わかろうとしてもどうしてもしっくりこない。
そもそも、嫉妬をしないのです。
嫉妬というのは頭で考えてできるものでもなく、自然と湧き上がってくるもの。
他人が自分の妻を抱いているところを見て、ひりひりするような嫉妬心が湧き上がってくる。
あんなにいつも取り澄ました顔をしている妻が乱れている、いやらしい。
そんな場面を目の当たりにして嫉妬するのが醍醐味だとしたら、そんな感情はまずないと思う、と夫は言います。

最初は私も、そんなわけはない、実際にそういうことがあれば違うのではないか、と思いました。
しかし、ひょっとしたらそういうことができる男性は、妻をちやほやしたいのではないか、と考えてみました。
妻に対する愛の表現の一環が、ちやほやするということなのかもしれない。
妻の機嫌をとるということのひとつが、単独男性をあてがうことなのかもしれない。
妻は自分に対してはもう安心しきったような態度で、色気も失いつつあるのに、他人の男ならあんなにも不安な表情で、色気を出しているじゃないか。
それを見ることで、夫は妻に対してどこか優位に立てるのかもしれない。
首ねっこを押さえて言うことを聞かせることができる唯一の行為なのかもしれない。
そう考えてみると、私の夫は最初から私の首ねっこを押さえつけているので(笑)、単独男性をあてがわなくてもよいのだということが理解できます。

そして、夫は単独男性に対してあれこれ注文することも苦手だといいます。
「うちの妻は〇〇が感じるんでもっとせめてやってくださいよ」
というようなことを言うことができない、というのです。
夫にとっては、自分が手出ししないで、だれかを動かすというのはとても気を遣う行為なので、興奮するどころではない、ということ。

そして何よりも、夫は女が好きだということ。
それも、女を口説くことが好きだということ(笑)
とすれば、もう口説く必要のない妻に対して、単独男性をあてがうのであれば、自分も単独女性をあてがってほしい、というのです。
じゃあ、それならスワップだ、という結論に至るのです。

きっと夫のようなタイプは多数派ではないと思います。
しかし、私もきっと多数派とはいえない女なので、うまくゆくのだと思います。
それが二つめの理由、私はちやほやされるに値する女ではないと思っていることにつながるのです。
そのことはまた次回に。



いつもご訪問ありがとうございます~!
読んだよ~のお言葉を、ランキングクリックしていただけるとうれしいです!
ランキング応援お願いします。<(_ _)>


テーマ : 日記
ジャンル : アダルト

ありのままではありえない



毎年のことながら、暑くなってくるとセックス回数が減り勝ちです。
暑さ寒さ関係なく、むさぼるようにセックスできてたのは若いころの話。
年齢を重ねると、気候や場所を選ぶようになるものですね。

さて、前回の続きです。
私と夫がどうして単独さんを呼んで遊ばないか、という私目線の理由です。

私は前回も書いたように、ちやほやされるに値する女ではない、と思っています。
それは自己否定ではありません。
むしろ私は自己肯定の強い人間だと思っています。
自分のよさは自分がいちばんよくわかっているとすら思っています。
しかし、そのよさはあまりわかってもらえないだろうとも思っています。
あまりわかってもらえないよさって、よさと言えるのかどうか難しいところですが(笑)

そのため、努力しなければだれにも愛されないと強く思っていました。
ひところ流行った「ありのままで」などもってのほか。
悩んだ末にありのままの私でいいと気付いた、と堂々といえる人は、愛され慣れている側の人。
私のような下劣な品性の持ち主は、ありのままを出したら引かれるだろうし、軽蔑されるにちがいない、と思っていました。
見た目に恵まれているわけでもなく、性格も悪い。
そんな女をどこの男が欲しがるだろう?
長い間、そう思っていました。

ひねくれた人間というのはだいたいこんなものです。
天真爛漫に、愛されることを楽しむ、ということがないのです。
だから女王様やお嬢様のような扱いは苦手なのです。
たんなる通りすがりの女として、気楽に扱ってもらうのがいちばんです。
女王様やお嬢様には自由がない。
いつもだれかの目にさらされる。
それは私にとってみたら奴隷と同じこと。
ちやほやされるけれども、人の気持ちを汲んで要求にこたえることも、ときには必要。
とすれば、ちやほやされるイコール不自由である、と私は思うのです。

夫はそういう気性を、
「人に命令されることを極端に嫌がる」
と言います。
それは非常に当たってます。
なにかにつけて人のやり方に従うことは苦手です。
それがどれだけ合理的な正攻法であっても苦手です。
何回傷ついても、私自身が納得するやり方を自分で見つけたいという、ものすごい意固地な人間なのです。
結果として正解にたどりつけなくてもいい。
書いてても悲しいくらい欠陥人間です(笑)

そんな私がどうにか結婚生活を営むことができるのは、夫も変人部分をふんだんに持っているからだと思います。
本当のところ、私も夫も、だれにも知られずひっそりと生きていたいとすら思っています。
こんなブログを書いてていうのもナンですが(笑)

なんだか話が単独さん遊びとずれてしまいましたが、私も夫も当面、単独さん遊びをしなくても満足しているということです。
夫の女好きと、私の意固地。
これらがあいまって単独さん遊びをしないのです。
しかし、これは私たち夫婦のルール。

夫婦の数だけ成り立ちは違うものです。
それぞれにあったやり方でセックスを楽しめばよいと思います。


いつもご訪問ありがとうございます~!
読んだよ~のお言葉を、ランキングクリックしていただけるとうれしいです!
ランキング応援お願いします。<(_ _)>


テーマ : 日記
ジャンル : アダルト

プロフィール

メロン♀

Author:メロン♀
夫にスワッピングの話を聞き、最初は全拒否から始めました。(>_<)
初体験まで数年かかりましたが、徐々にこの世界のよさがわかりはじめたアラフォー世代。スワッピングをお誘いくださるカップル様 募集中(沖縄県の某所)




最新記事
メールフォーム
沖縄某所まで会いに来てスワッピングをお誘いくださる同年代カップルさん募集中です。できれば女性同士でやり取りを進められたら永いお付き合いができると思います。こちらでの出会いは記事にはしませんので気軽にご連絡ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
アクセス元ランキング
検索フォーム
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。