スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ランキング応援お願いします。<(_ _)>


痛みを消すふたつの方法




新しい年になって初めての更新です。
いつもご訪問いただきありがとうございます!
昨年から少し体の調子が悪く(といっても内部ではなく外部的な要因なのですが)、
長文を打つ作業が少し困難だったため更新が怠ってしまいました。
なかなか自分の体の衰えと戦うのは大変だと実感します。

さて、体の具合が思わしくなくなって以来、夜中でもその部分が痛み出したりしてこまりました。
(いまは少し改善したのでご心配なく)
夜中に痛み出すとどうしようもなく、横で寝ている夫を起こしてもどうなるわけでもなく、どうにかして眠りたいという思いが焦りを生み悶々とした日々でした。
しかし、苦しい中にも学ぶことがあります。
その経験でわかったことが二つありました。

それは、ある痛みは別の痛みを消すということ。
そして、痛みをまぎらすのは快楽であるということ。

それまでにも私は足に少し痛みがあり、それはたいしたことはなかったのですが、日々の暮らしの中では少し気になる程度のものでした。
それが別の痛みが発生したとたん、まるで気にならなくなったのです。
ありがたいことというべきかもしれません。

そして、痛みで夜中起きてしまうようになって、どうしても眠れないときにわたしはあることをしました。
それはオナニーです。
自分の乳首をもてあそび、クリトリスをいじっていると痛みを忘れるのです。
寝ぼけまなこで行うオナニーなので、そのままイクことなく眠れることもありました。
もちろん、イクまでクリトリスを愛撫し続けることもありました。
そうしている最中は痛みを忘れます。
そしてイッたあとは、なにかツキモノが落ちたようにすぐに眠れるのです。
私はそこで初めて男性の気持ちが少しわかったように思いました。
女は悩みがあるときにはなかなかセックスに気持ちは動かない。
しかし、男は悩みがあるときにセックスしたい。
私は男性のこの感覚がいまひとつピンとこなかったのですが、今回夜中のオナニーでイったあと、ピンときました(笑)

どうしようもないときには、とりあえず気持ちよくなってリセットする。
そんな感覚でしょうか。
気持ちが入るとか入らないとか、そんなのは関係なくてとりあえず悶々としたものを吐き出す。
悩みとは痛みに似ているのかもしれません。

そう考えると、ストレスの多い仕事に就く人には変態が多いというのもうなずけます。
あるいは、リストカットに走る若者の行動。
彼らは悩みや苦しみを別のもっと強いことで忘れようとしているのです。

中学に入って数学の時間、なかなかピンとこなかったこと。
1-(-1)=1+1=2
になるということ。
マイナスを引くとプラスになるのか。
これが今ようやく分かった気がします。
とことん遅いですが(笑)
これは痛みを、もっと強い痛みや人には言えない快楽など、マイナスな要因で解消すると、プラスに転じる。
そういうことだといえるのかもしれない。

夫に、夜中のオナニーのことを言うと、
「それならオレが手伝ってあげるのに」
と言ってくれました。
しかしそれでは1-(-1)にはなりません。
夫とのセックスは楽しい行動、すなわち+1なので、結局1-(+1)にしかならないのです。
私個人の痛みを私自身の行動でやわらげる。
自慰というのは、そのとおりな行動なのだと納得した新年でした。




いつもご訪問ありがとうございます~!
読んだよ~のお言葉を、ランキングクリックしていただけるとうれしいです~(^ ^)


関連記事
ランキング応援お願いします。<(_ _)>


テーマ : 日記
ジャンル : アダルト

プロフィール

メロン♀

Author:メロン♀
夫にスワッピングの話を聞き、最初は全拒否から始めました。(>_<)
初体験まで数年かかりましたが、徐々にこの世界のよさがわかりはじめたアラフォー世代。スワッピングをお誘いくださるカップル様 募集中(沖縄県の某所)




最新記事
メールフォーム
沖縄某所まで会いに来てスワッピングをお誘いくださる同年代カップルさん募集中です。できれば女性同士でやり取りを進められたら永いお付き合いができると思います。こちらでの出会いは記事にはしませんので気軽にご連絡ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
アクセス元ランキング
検索フォーム
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。