スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ランキング応援お願いします。<(_ _)>


他人唇、他人棒



上野さんのくちびるは薄く、夫のとは違うと感じました。
他人とキスするのはほんとうにひさしぶりで、どこまで舌を入れてもいいんだろうなど、変なことを考えました。

上野さんのキスはわりと淡白。
私の上唇を吸いひととおり舌をかき回します。
口の中を舌でぐるぐるかきまわすような夫のキスとは違うんだ、これは他人なんだ、とあらためて感じました。

上野さんの唇はすぐに私の首筋から胸にうつります。
乳首を吸い少し歯をたて、強くひっぱるようにします。
甘い痛みがじんと快感の芯をつらぬき、私は思わず声をもらしました。
「ああ・・・・いい・・・・」

私の胸をもんでいた上野さんの右手は、足の付け根におりてゆき、クリトリスのあたりをゆっくりと指でくるくるなでまわします。
「いい・・・ああ、きもちいい・・・」
私はあえぎました。
お酒が入っていたこともあり、普段よりも大きな声を出しました。

それは夫に聞かせる声でもありました。
どう?
私、感じてるよ?
ねえ、聞いてる?
私のあえぎ、聞いてる?
そんな気持ちが私の中にはありました。

夫は上野さんの奥さんに激しいキスをしていました。
どきっとしました。
それはよく知った夫でありながら、夫ではない感覚。
真横で他人の激しいキスを見るということに、純粋に卑猥なものを感じたのです。

私は興奮しました。
いやらしい、いやらしい、いやらしい!
もっといやらしくなりたい!

私は夢中で上野さんのペニスを探しました。
上野さんのペニスはもうすでにびんとたっています。
石鹸の香りがするペニス。
私はペニスの裏側の筋を舌でなめあげ、先っぽを口に含みました。
「うっ・・・」
と上野さんが声をもらすのがわかりました。

私は激しく首を上下させ、舌を使い上野さんのペニスをぐちゅぐちゅにしました。
上野さんは私の胸をもみながら、
「メロンさん、上手だね・・・」
とうわずった声で言います。
お世辞とわかっていてもそれはうれしいもので、私は思わず顔をあげ、上野さんの唇に私の唇を押し付け、激しく舌を吸ったのでした。



スワップ初体験の話、細かく書きすぎて(?)なかなか挿入までいきませんが、続きもよんでいただけたらうれしいです~!\(^ ^)/
いつもランキングクリックや拍手、ありがとうございます!
更新のはげみになってます!!((嬉´∀`嬉))ノ


関連記事
ランキング応援お願いします。<(_ _)>


テーマ : 日記
ジャンル : アダルト

プロフィール

メロン♀

Author:メロン♀
夫にスワッピングの話を聞き、最初は全拒否から始めました。(>_<)
初体験まで数年かかりましたが、徐々にこの世界のよさがわかりはじめたアラフォー世代。スワッピングをお誘いくださるカップル様 募集中(沖縄県の某所)




最新記事
メールフォーム
沖縄某所まで会いに来てスワッピングをお誘いくださる同年代カップルさん募集中です。できれば女性同士でやり取りを進められたら永いお付き合いができると思います。こちらでの出会いは記事にはしませんので気軽にご連絡ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
アクセス元ランキング
検索フォーム
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。