スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ランキング応援お願いします。<(_ _)>


再会スワップ




江藤さん夫婦との再会は、思ったよりなごやかなものでした。
しかし慣れ親しんだ相手というかんじでもありません。
二回目ながらも、どのカップルにも感じるように、
「ほんとにこの人に抱かれるの?」
という違和感は感じていました。

私は保守的な人間なので、スワップのお相手に対して最初から『抱かれたい』と感じることはまずなく、『怖いな、できることなら逃げたいな』という思いのほうが強いです。
それを見せないようにするのに必死です。
きっと、お相手の男性も私のことをタイプだとも思っていないだろうし、遊びとして抱くのだから、『早くやりたい』とも思っていないでしょう。
それを見せないのがマナー。

スワップではタイプの相手に出会えることのほうがずっと少ないと思います。
当然、自分の配偶者がいちばんなのは当たり前です。
だから結婚したのですから。
しかしあえて冒険してまで違う相手とセックスする。
そのことによって得られるのは、刺激、背徳。
そして、自分の配偶者がいちばん自分にはしっくりくる、ということをあらためて納得する行為なのかもしれません。

江藤さん夫婦もきっとそうなのだと思いながら、居酒屋で飲むことになりました。
江藤さん夫婦とはそれほど共通の話題もありません。
おたがいさぐりさぐりの状態。
お酒が入ってだんだん緊張感もほぐれてきて、会話も弾みだしました。
この時点でも、
「ほんとに、この人とするのかな?」
という思いはぬぐいきれません。
あまりにも他人として普通の会話をしているので、エッチな気持ちにならないからです。

しかし、店を出ると当たり前のように江藤さんたちが泊まっているホテルに向かいました。
ここに至ってようやく、スワップするんだ、という気持ちになりました。

お金持ちらしく、かなり豪華なホテル。
部屋にジャグジーまであります。
しばらく談笑したあと、みんな一緒にジャグジーに入りましょうということになりました。

初めての相手ではないので、みんなさっさと服を脱ぎます。
私もためらわず、服を脱ぎ、ジャグジーに入りました。
夫は自然と私を江藤さんの横に座らせます。
江藤さんはさっそく私の腰を引き寄せ、片手を胸に這わせるのでした。
乳首の先っぽを人差し指と中指でくるくるまわすように愛撫します。

お湯の中なので、その部分は夫には見えません。
夫もとなりに座った奥さんの胸を愛撫しているようでした。
お互い、表面上は「すごいジャグジーだね」「ほんと」などと平静をよそおっているものの、お湯の中ではみだらなことが行われている。
とてもいやらしい気持ちになりました。

江藤さんはうしろから両手を前に回して、乳首を愛撫します。
私も江藤さんのペニスをつかみ上下にしごきました。
胸のふくらみから乳首までマッサージするようにもみしだかれ、思わず感じてしまい、私は顔がゆがみそうになりました。
夫のほうも奥さんに愛撫を激しくしているようで、すでにお互いみだらな行為にふけりはじめていました。
お湯の跳ねる音が激しくなり、あえぎ声が出始めたころ、
「そろそろベッドに行きましょうか」
とだれからともなく提案し、私たちはベッドに向いました。






ランキングクリックおよび拍手ありがとうございます~v(⌒o⌒)v
昨日も夫とセックスしました!
最近、夫は入れてる途中にペニスを抜き、指で膣の中のスポットを責めるのです。
濡れまくりです!!(//∇//)
何度も何度もそれをされると、もうムズムズした快感がどうにかなりそうです。
セックスが、したいときに気持ちよくできるのは幸せだと実感してます!ヽ(´∀`*)ノ


関連記事
ランキング応援お願いします。<(_ _)>


テーマ : 日記
ジャンル : アダルト

プロフィール

メロン♀

Author:メロン♀
夫にスワッピングの話を聞き、最初は全拒否から始めました。(>_<)
初体験まで数年かかりましたが、徐々にこの世界のよさがわかりはじめたアラフォー世代。スワッピングをお誘いくださるカップル様 募集中(沖縄県の某所)




最新記事
メールフォーム
沖縄某所まで会いに来てスワッピングをお誘いくださる同年代カップルさん募集中です。できれば女性同士でやり取りを進められたら永いお付き合いができると思います。こちらでの出会いは記事にはしませんので気軽にご連絡ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
アクセス元ランキング
検索フォーム
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。