スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ランキング応援お願いします。<(_ _)>


やはりなにもないことはない




待ち合わせの駐車場に行くと、もう小川さんカップルは到着していました。
私たちは自分たちの車を駐車場にとめたまま、小川さんの車に乗りました。
後部座席は広々していて、ここでいろんな人たちとスワップをしてるのかなと想像しました。

小川さんは以前と変わりなかったのですが、彼女のほうはいくぶん派手になっていました。
それまでは地味でおとなしい印象だったのが、なにかにふっきれたのか、あるいはそれが小川さんの趣味なのか、明るい色に髪を染め、派手なスカートをはいていました。

彼女は以前よりもよくしゃべるようになっていました。
そして小川さんとはセックスレスに近い状態だというのでした。

まだ付き合って1年も経たないはずなのに、もうセックスレスということにおどろきました。
小川さんは慣れたら勃たなくなるらしく、なるべく彼女とは距離を置いておきたいのだそう。
彼女は、だから一緒に住むこともNGで、なるべく家に来るなといわれるんだと、ぼやいていました。

不思議な関係だなあと思いました。
好きだったら四六時中いっしょにいたいものではないのだろうか?
なにもなくてもいっしょにいたいと思うものでもないのだろうか?

私はいまだに夫と四六時中いっしょにいたいと思っています。
なにもなくてもいちばん落ち着ける相手が夫です。

若いころからそうで、今もそうなので、結婚するというのはこういうことかとかなりしっくりきたのですが、そうではない関係もあるのだと思いました。

小川さんは、彼女のぼやきも聞き飽きたという顔つき。
そそくさと、
「後部座席にいって、ご奉仕しなさい」
と命令するのでした。

彼女はいそいそと車を降りて、私と交代しようとします。
夫が言った「なにもなかったら」は、これで消えたと思いました。

必然的に、私が助手席に座ることになります。
私はひょっとしたら夫がご奉仕されるのを見てるだけなのかなと思っていたら、夫は、
「メロンも小川さんにしてあげたら」
と提案。

やっぱりそうきたか。

私は作り笑顔で小川さんのペニスをそろそろと引っ張り出したのでした。




いつもランキングクリックありがとうございます~゚・:,。★\(^-^ )♪( ^-^)/★,。・
さいきんすこし忙しい気味で、更新が飛ぶこともあると思います。
ごめんなさい!
セックスもさいきんは急ぎ足で、きのうもしたのですが夫だけがイきました。
じっくりセックスできる日がきてほしいです~(´Д`。)
読んだよ~のおことばをランキングクリックいただけるとうれしいです!\(^ ^)/



関連記事
ランキング応援お願いします。<(_ _)>


テーマ : 日記
ジャンル : アダルト

プロフィール

メロン♀

Author:メロン♀
夫にスワッピングの話を聞き、最初は全拒否から始めました。(>_<)
初体験まで数年かかりましたが、徐々にこの世界のよさがわかりはじめたアラフォー世代。スワッピングをお誘いくださるカップル様 募集中(沖縄県の某所)




最新記事
メールフォーム
沖縄某所まで会いに来てスワッピングをお誘いくださる同年代カップルさん募集中です。できれば女性同士でやり取りを進められたら永いお付き合いができると思います。こちらでの出会いは記事にはしませんので気軽にご連絡ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
アクセス元ランキング
検索フォーム
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。