スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ランキング応援お願いします。<(_ _)>


4P4H (3)~私、女性に挿入しました




久保さんは私にペニスバンドを装着させました。
どうがんばってきつく締めてみても、つくりもののペニスは重くて、ぎんぎんに勃起という状態にはなりませんでした。
すこしやわらかめでやたら太く長いところは、まるでAVに出てくる白人男性のペニスを思い起こさせました。

ケイさんは仰向けにスタンバイ。
久保さんも夫も、女が女に挿入する瞬間を待ちます。
私はもうここでやめるとか、躊躇とか、できない状態。
いざ、という気持ちで挑もうとしたら、ケイさんが、私の大きなペニスを見て不安になったのか、
「クリトリスをなめて」
といいます。

私は言われるがままにクリトリスやあそこを威勢よくべろべろ舐めました。
こうでもしないと吹っ切れないような気がしたからです。
女性の性器を舐めるのに抵抗はないことはないです。
男性器を舐めるほうがずっと気楽です(笑)
女のそのなまなましいにおいや、男にはないごちゃごちゃした部分が、どう表現したらよいかわからないのですが、ごく少量の嫌悪感につながるのです。
性器をふてぶてしく感じてしまうのです。
もちろん、これは私個人の浅い経験からの感想なので、もっと経験をつめば新しい感覚になるのかもしれないし、私のような感想を持たない人もたくさんいるだろうと思います。

いずれにせよ、今回私は自分なりにがんばったのです(笑)
それを応援してくれるかのように、夫も、久保さんも、私を手伝ってくれます。
女はその間横たわっていたらいいだけなので、いままで思ったこともなかったのですが、挿入ひとつとっても男ってけっこう大変なんだな、と思いました。

私はケイさんの膣の穴にペニスをあてがい、そろりそろりと挿入しました。
男性ならここで、
「お、あったかい」とか「このぬるぬるがたまんねー」とか思うのでしょう。
しかし当然のことながら、私のペニスに私の神経が通っているわけではないので、まったく無感覚。
男性がやるように、前後に腰を振ってみましたが、疲れるばかりでなんの感覚もありません。
このあと、男ってどうするんだっけ?
腰を振りながら考えました。
私は休むことなく腰を動かしながら、ケイさんの胸をもんだり、指をクリトリスに押し付けてみたりしました。
ケイさんは私にも久保さんにも私の夫にも責められて激しくあえいでます。

しかしすぐに私は息切れして休憩。
「気持ちよくなかったら腰なんて振れない」
以前夫が言ってたことばを思い出しました。

ほんとにそうだ。
実感しました。
私は労働をしたような感覚で、気持ちよさとは対極でした。

それでも久保さんはまだ満足しなかったようで、
「こんどは奥さんが下に寝て、ケイが上に乗って、だんなさんがアナルを責める。
これいきましょう」
と提案。
正直、まだ私、男続けるの!?
と思いました。

しかし、久保さんはAVの監督よろしく、てきぱきと指示を出します。
私は今度は仰向けに寝て、ケイさんを迎えることになりました。
ケイさんがゆっくりとまたがります。
またしても、私自身は気持ちがよいわけではないので、妙に冷静にあたりを見回していました。
ケイさんの挿入が完了すると、夫がうしろから挿入。
その部分はまったく私には見えないので、何が行われてるのか、それがエロいのか、さぐりようもありません。
久保さんは、自分の妻が2穴で責められてることに非常に興奮したらしく、あとから夫に聞いたところでは、何度も挿入部分を眺めて喜んでいたそうです。

ひとしきり2穴プレイをし、休憩。
私のペニスがかなり大きかったので、夫もかなりペニスが窮屈だったし、ケイさんもけっこう大変だったよう。
このプレイでは久保さんだけが、エロさに浸れた結果となりました。





いつもご訪問ありがとうございます~!\(^ ^)/

読んだよ~のおことばをランキングクリックいただけたらうれしいです!
このシリーズはたぶん次回で終わると思います。
またきて下さいね!!v(⌒o⌒)v

関連記事
ランキング応援お願いします。<(_ _)>


テーマ : 日記
ジャンル : アダルト

プロフィール

メロン♀

Author:メロン♀
夫にスワッピングの話を聞き、最初は全拒否から始めました。(>_<)
初体験まで数年かかりましたが、徐々にこの世界のよさがわかりはじめたアラフォー世代。スワッピングをお誘いくださるカップル様 募集中(沖縄県の某所)




最新記事
メールフォーム
沖縄某所まで会いに来てスワッピングをお誘いくださる同年代カップルさん募集中です。できれば女性同士でやり取りを進められたら永いお付き合いができると思います。こちらでの出会いは記事にはしませんので気軽にご連絡ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
アクセス元ランキング
検索フォーム
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。