スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ランキング応援お願いします。<(_ _)>


おなじみのセックス (2)




江藤さんはもう落ち着いた年齢ということもあり、がっついて求めるということはありません。
私が、
「むこうは、はじまっちゃったみたいです」
と夫と奥さんのほうを指していうと、江藤さんはそれを満足そうに見て、
「はじまっちゃいましたか。じゃあ、こっちもはじめますか」
とカメラを置きます。
江藤さんは裸になってプール(そのホテルにはプールが各部屋についてました!)の横のジャグジーに入ろうとうながします。

江藤さんはさっさと裸になるので、私も裸になりました。
スワップをはじめるまでは、まさか人前で裸になるなんてこと、あるわけがない。
と思っていましたが、いざその一線を越えると、裸なんてたいしたことではないのかもしれない、と思うようになりました。
むしろ、たいしたことがある(?)のは、裸を恥ずかしいと思うこと。
その恥じらいこそがエロなのだと思うのです。
他人の奥さんと寝る、という行為は、ふだんはまず見ることのない人の裸を、恥じらいとともにいただけるということ。
それはなかなかにエロくて食指が動くものなのでしょう。
とくに好みのタイプの女でなくても、男というものはとりあえず抱けるというのはテンションがあがるものなのだと、さいきんようやくわかりました。

ジャグジーに入ると、江藤さんは私をうしろから抱えるように座らせ、胸を愛撫します。
江藤さんの太めの親指と人差し指が、私の乳首をつまみ、くにゅくにゅともみます。
「ああ・・・気持ちいい・・・」
私は思わず声を出しました。
同じ強さでしばらくの間、乳首をくにゅくにゅされると、だんだんしびれるようなうずきが下半身に広がって、あそこが濡れてくるのがわかりました。
江藤さんの指は乳首からクリトリスにのび、ちろちろと先っぽをはじくように愛撫します。
少し刺激が強かったのですが、とりあえずしばらくこの感覚に身をゆだねてからおもむろに強いということを告げようと思い、クリトリスをされるがままにしていました。

江藤さんの指はなおも強くなってきたので、さすがに少し痛くなり、
「ちょっと痛いよ・・・ここをくりくりして・・・」
私は江藤さんの指の位置を自分の気持ちのよいポイントに移動しました。
江藤さんはそこをゆるやかに刺激します。
「気持ちいい・・・あ、ああ、そこ・・・気持ちいいよ・・」
リラックスできていたからか、私は以前よりもずっと素直に感じることができました。
江藤さんは私を振り向かせ、キスをします。
舌がからませあいながら、私は江藤さんのペニスをしごき、江藤さんは私の胸やあそこを愛撫するのでした。

夫と奥さんは、ソファの上で絡み合っています。
シックスナインをしているようでした。
むさぼりあうようにお互いの感じる部分を舐めあっています。

しばらくキスをしたあと、私は江藤さんのぺニスを口に含み、フェラチオをしました。
両頬をきゅっとすぼめるようにして、ペニスを強く吸います。
江藤さんのペニスはそれほど大きくも長くもないですが、それをイヤだと思ったことはありません。
むしろ、口に含みやすいと思うくらいで(笑)
ペニスはゆるく勃起していたのですが、舐めているうちに口の中で力強く芯を持つのがわかりました。

それから江藤さんは私をジャグジーのふちに座らせ、クンニをします。
両脚を大きくM字に開き、私は江藤さんの頭を両手でつかみ、自分の股間におしつけました。
すばやく動く舌が私の感じる部分を舐めまわします。
「ああん、いい、いい、感じる、感じるよ・・・」
私は片手で江藤さんの頭をつかみ、片手で自分の乳首を愛撫しながらもだえました。
このまましばらくなめられるとイってしまうかもしれない。
そう思ったので、江藤さんに、
「ねえ、入れて」
と頼みました。
しかしながら、すでに盛りを過ぎた江藤さんのペニスはぶよんと垂れ下がっていました。
とくに悪びれることもなく、江藤さんは、
「あーあ、もうちょっと待って」
といいます。
慣れてるなあと思いました。
こういう状態になると焦れば焦るほど、男性自身はいうことをきいてくれないと聞いたことがあります。
焦ることもなくじっくり勃つのを待つ江藤さんは、場数を踏んでるのでしょう。
火照ったからだをもてあましながら、私は江藤さんのペニスが復活するのを待つのでした。






ご訪問ありがとうございます~!!
読んだよ~のおことばを、ランキングクリックいただけるとうれしいです!\(^ ^)/


関連記事
ランキング応援お願いします。<(_ _)>


プロフィール

メロン♀

Author:メロン♀
夫にスワッピングの話を聞き、最初は全拒否から始めました。(>_<)
初体験まで数年かかりましたが、徐々にこの世界のよさがわかりはじめたアラフォー世代。スワッピングをお誘いくださるカップル様 募集中(沖縄県の某所)




最新記事
メールフォーム
沖縄某所まで会いに来てスワッピングをお誘いくださる同年代カップルさん募集中です。できれば女性同士でやり取りを進められたら永いお付き合いができると思います。こちらでの出会いは記事にはしませんので気軽にご連絡ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
アクセス元ランキング
検索フォーム
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。