スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ランキング応援お願いします。<(_ _)>


単独男性でいっぱい!?~ハプバー (2)


「ハプバーに行くのだから、ハプニングは覚悟」
とは思うものの、実際にカップルさんが入店してきたときには、緊張感がマックスになりました。
がっちりした男の店員さんがそのカップルにどこに座るかを聞いています。
私たちはどんな人たちなのだろう?と目をこらしました。
薄暗い店内では顔はよくわかりません。
それにあまりじろじろと眺めるのもぶしつけかと思い、ちらちらとそれとなく見ていました。

カップルは私たちの隣のボックス席に座りました。
私たちは、聞こえるか聞こえないかくらいのかすかな声で、
「こんばんは」
とあいさつをしました。
むこうは気付かなかったのか、あるいは気づいていても言葉をかわす気がなかったのか、なにも言いませんでした。

30代くらいの女性と、それよりはけっこう年上らしき男性カップル。
夫婦のような、そうでもないような感じ。
普段着姿のまま、ちょっと飲みに来ました、というような雰囲気でした。
私の勝手な想像ですが、こういうところに来る女性というのは、どこかスキモノオーラがあるのではないかと思っていたのですが、まったくそんなことはなく、女性のほうはちょっと怠け者のお母さん、という見た目でした。
薄暗いので見えづらかったといいながら、チェックするところはチェックしてるものです(笑)
しかし、私のほうもとくにスキモノオーラが出ているとはいえないので、お互い、
「この人、そういうエッチなことに興味津々なんだ・・・」
と思っていたはずです。

私たちのときには、初老のおじさん店員しかいなかったので、なにも説明を受けていなかったのですが、がっちりした店員さんはそのカップルに店のシステムについて丁寧に説明をはじめました。
店員さんはテーブルの上にある何枚かのカードを示します。
うろ覚えですが、カードには『飲んでるだけ』『カップルさんとお話し希望』『単独さんと遊びたい』『カップルさんとスワップOK』というような内容のことが書かれていました。
私たちは初めて自分たちのテーブルにもそれがあることに気付き、一応『スワップOK』のカードを示しました。
しかしながら薄暗い店内。
私たちがどのカードを示しているか、隣のテーブルからは見えず、その逆もしかり。
むこうのカップルはどのカードを提示してるのだろう?ということはまるでわからないのでした。

店には電話がひっきりなしにかかってきます。
それはほとんどが単独さんからの電話。
店の場所はどこか?いま空いてるか?女性はいるのか?
という内容でした。
店員さんは丁寧に対応しながらも、どこか横柄な感じでした。
それくらい、たくさん電話がかかってきていたのです。

カップルが入店してからすぐに単独さんがひとり入ってきました。
サラリーマンらしき中年男性。
店員さんがシステムについての説明をはじめます。
聞いて驚きました。
カップルの扱いと、単独男性の扱いはまったく違います。
単独男性は基本、カウンター。
ボックス席のほうに行くことはできません。
行けるのは、カップルに呼ばれたときか、単独女性に呼ばれたときのみ。
それ以外は、まったく会話すら出来ないシステム。
カウンターとボックス席の間には、庭にあるラティスのような仕切りがあって、お互いよく見えません。
そのうえ、値段も高額。
飲み放題とはいえ、ひとり8千円。
ハプニングが起こらなければ、不当に高い出費です。
しかし、その後も単独さんの入店は相次ぎ、瞬く間にカウンターは満席になりました。

そんな高いお金を払ってまで、あるかどうかわからないハプニングを期待するのはどういう心境なのでしょう。
もう少し払えば、風俗で確実に気持ちいいことができるはずです。
それをしないのは、素人とのセックスがいいんだ、ということなのでしょうか。
あるいは、うまくいけば何度もタダでできるという期待でしょうか。
それとも、他人の妻を寝取るという好奇心からでしょうか。
なにぶん、ハプバー初体験の女目線なので、よくわからないことはたくさんありました。

ボックス席はあいかわらず私たちともうひとカップルだけ。
カップル同士、交流もなく、さりとて相互鑑賞目的にエッチ行為を始めることもなく、淡々と飲んでいるだけです。
単独男性でぎゅうぎゅう詰めのカウンターとはあきらかに温度差がありました。
こんな状態で、どこかでエッチなことが起こるのだろうか?
不思議な感覚でした。
ハプバーというのは、初めて会った人とエッチなことをする可能性がある場所。
それだけを聞くと、想像がふくらみ、いやらしい気持ちになります。
しかし、いざその場所に身をおくと、タバコの煙や雑然とした室内が、そんな気を起こさせないのです。

いいかげん私も夫も緊張することに飽きてきたころ、夫の携帯に久保さんから、
「もうすぐ着きます」
というメールが入りました。
少なくとも、エッチなことが起こる可能性は高い。
私はべつの緊張感がわきあがるのを感じました。



ゆっくり更新にお付き合いいただきありがとうございます~!
また、わざわざメールで感想をくださったかたがた、ありがとうございます!!
なかなかお返事できなくてすみません。(>人<) 
次回、ハプバーで起こったエッチなもろもろを書きたいと思いますので、またご訪問くださったらうれしいです!ヽ(´∀`*)ノ
お手数ですが、読んだよ~のおことばをぜひともランキングクリックお願いしま~す!!\(^ ^)/


関連記事
ランキング応援お願いします。<(_ _)>


テーマ : 日記
ジャンル : アダルト

プロフィール

Author:メロン♀
夫にスワッピングの話を聞き、最初は全拒否から始めました。(>_<)
初体験まで数年かかりましたが、徐々にこの世界のよさがわかりはじめたアラフォー世代。スワッピングをお誘いくださるカップル様 募集中(沖縄県の某所)




最新記事
メールフォーム
沖縄某所まで会いに来てスワッピングをお誘いくださる同年代カップルさん募集中です。できれば女性同士でやり取りを進められたら永いお付き合いができると思います。こちらでの出会いは記事にはしませんので気軽にご連絡ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
アクセス元ランキング
検索フォーム
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。