スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ランキング応援お願いします。<(_ _)>


記憶する感情と忘却する感情 (3)


2月が逃げてしまう前に更新しなければ、と思っていたら本当にもう少しで3月になってしまいます(汗)
冬はなにかと忙しいものです。
冬場の夫婦生活は寒さゆえ、いきおい少なくなってしまいますが、それでもギリシャのみなさんは精力的にいそしまれてるのだろうか?
きっとそうなのだろう。
でなければ年間100回以上もセックスできないはず。
なんて、遠い異国のことはおいといて、寺田さん夫婦とのスワップの続きです。

寺田さんと再会する直前、夫がひどい風邪をひいてしまいました。
のどをやられてしまい、声が出ません。
体自身は大丈夫なのですが、会話するのが大変です。
「悪いけど今回、お話はメロンががんばって」
といわれ、私はとたんに緊張しました。
いままでなにげなしに(?)スワップしていたけれど、自分が仕切っていかなければならないとなると話は別です。
ここにきて、私がいかに夫の大変さを理解していなかったかわかりました。
女というのは男にやってもらって当たり前のことがたくさんあり、なくなってはじめてその重要さに気付くもの。
そのスワップでも、私は何を話そう、どう展開しよう、とひとり気をもんでいました。
夫は夫で、声の出ないことをごまかすためにいろいろ手をつくしていたようで、お互いなにやらいつもと違う緊張感の中にいました。

再会するまではむしろ一回目よりもドキドキしていたのですが、寺田さん夫婦の顔を見るとなにかなつかしさみたいなものがあり、少し緊張がとけました。
奥さんはあいかわらずかわいらしく、天真爛漫ににこにこしています。
それを見ると、なぜかほっとしました。
きっと夫が風邪をひいていなければ、そこまで思わなかったのかもしれません。
現金なもので、夫の状態をこの奥さんならやさしく許してくれるだろうと思え、どうかふつつかな夫をよろしくお願いします、という気持ちになったのです。
それは奥さんが私の夫を気にってくれているという安心感からくるもの。
やきもちよりもなによりも、夫を受け入れてくれるということがそのときとてもありがたいことだと思いました。

寺田さん夫婦とホテルに行き、最初は会話です。
私はがんばれといわれてたので、がんばりました。
寺田さんも奥さんも気さくな人。
お酒を飲んでいるうちに、夫の声が出ないことも忘れるくらい大笑いしていました。
夫は声は出ないものの、手は出ます。
寺田さんの奥さんの太ももに手を伸ばし始めます。
奥さんは少しこまったような顔をして、体をくねらせます。
そして出ない声で必死に、なにやらささやいています。
私はそれを見て、寺田さんの横に行きました。

寺田さんはすぐに私の手をとり引き寄せ、キスをします。
おたがい相手を交換して、いちゃいちゃのスタート。
キスはしだいに濃厚になり、寺田さんの手や指が私の下着の下に入り込みます。
私のセーターをたくしあげ、寺田さんが胸をもみ、乳首をなめます。
私はもどかしいいやらしさに震え、声を出しました。
「ああん、気持ちいい、うっ、あん、いい、気持ちいい」
私の声は高い天井の部屋に響き渡りました。

夫と奥さんはソファにもつれあってお互いの性器を愛撫中。
奥さんの細い体が、夫の下でゆれていました。
寺田さんは私の手をとって、ベッドに誘います。
私たちはベッドに行き、寝転ぶのももどかしく、体を求めあいました。
寺田さんは鼻息荒く、私の乳首を吸い、クリトリスを吸います。
そのたびに私の体もびくんと反応しました。
寺田さんはどこからかバイブを持ってきて、私の乳首に当てます。
細かい振動が私の乳首を刺激し、激しい快感がのどの奥から耳の裏を通って脳天を突き抜けようとします。
私はあわてて、
「ねえ、待って、ゆっくりしてね」
とお願いしました。
寺田さんが、
「入れていい?」
と聞くので、私がうなずくと、寺田さんはゴムを装着して私の大きく開いた足の間に腰をつけて、ぐにゅっと挿入しました。
寺田さんのペニスが奥のほうまで届くのがわかります。

寺田さんはゆっくりと腰をふりはじめ、しだいに動きは速くなります。
私はバイブを自分のクリトリスに押し付けました。
すぐに気持ちよさが襲います。
寺田さんは胸をつかみ、
「どう?気持ちいい?」
と聞きます。
「うん、気持ちいい、すっごくいい」
私はバイブを強く押し付けながら答えました。

前回の寺田さんとのセックスではイケなかったのですが、今回はバイブのおかげですぐにイキそうになります。
夫とのセックスでは、バイブを使うとすぐにイキすぎるので、使わせてもらえないのですが(笑)、他人とのセックスではバイブは助けになります。
バイブは順調に私のクリトリスをぶるぶるとこねくりまわし、下半身に血液が集まるように熱を帯びてきます。
そのうちにバイブの振動が私の快感にぴたりと会い、頂点まで達しようとしたので、
「ねえ、イっちゃうよ、イク、イク、あ・・・」
私はバイブでイってしまいました。
寺田さんは、
「気持ちよかった?」
と腰を振りながら聞きます。
「よかった」
私はお尻の穴がひくひくとする快感にひたりながら、答えました。
ほどなくして寺田さんがかすれた声で「・・・イクよ」といい、腰の動きがゆるやかになり、果てたのがわかりました。

夫と奥さんはちょうどバックでセックスの最中。
パンパンパンという皮膚を打つ音が響いていました。

寺田さんとはその後もう一度セックスをしました。
寺田さんはかわいらしい人が好きなのか、女をかわいらしい人として扱うのが好きなのか、始終、私をかわいらしいもののように扱ってくれました。
それはありがたいことでしたが、慣れていない私は座り心地の悪い思いでした。
こんな私でごめんなさい、という思いがつきまとっていました。
ここできっちりと割り切ってかわいらしいものとして振舞うことができれば、もっとスワップも楽しめるのかもしれない。
それができない野暮な私は、これからもそういうコンプレックスに振り回されることになるのだろうと思いました。




いつもご訪問ありがとうございます~!
読んだよ~のお言葉を、ランキングクリックしていただけるとうれしいです~!!(^ ^)

ランキング応援お願いします。<(_ _)>


テーマ : 日記
ジャンル : アダルト

記憶する感情と忘却する感情 (2)



天真爛漫な性格というのはもともとの性質なのか、後天的に獲得するものなのか、残念ながら私はそういう性質がまるでないので、よくわかりません。
寺田さんの奥さんは天真爛漫な人でした。
性善説を信じているというか、人の悪い部分を見ないで生きてきたのではないだろうか、と思わせるような雰囲気がありました。
もちろん彼女も40歳を過ぎているので、苦労のない人生というわけではなく、むしろ苦労したひとの経歴を持ちあわせていました。
それでも苦労がにじみでないで済むのは、天真爛漫な性質が左右しているのだと思います。

寺田さんとのスワップが1度きりなら、天真爛漫な奥さんだったなという感想で終わり、とくに思い返して煩悶することもなかったで
しょう。
ところが、寺田さんのほうからすぐに、もう一度会いましょうとのお誘いがあったのです。
寺田さんがそれとなくいうには、初めてのスワップでとても楽しかったのだけど、2度目のスワップはどうすると奥さんにお伺いをたてたところ、もう一度私の夫がいいとのこと。
夫もとくに断る理由もないので、会いましょうと答えたということでした。

私は夫のことを気に入ったといわれて複雑な気持ちでした。
天真爛漫なあの奥さんを、私自身まったくいやな感情は持っていなかったのに、夫を気に入っているというそのひとことで、自分の中のコンプレックスと戦わなければならなくなったのです。

私のコンプレックスは、かわいらしくないことです。
たとえば、かわいい洋服とか女性らしいメイクなど、かわいらしいという形容詞がつけば、とりあえず拒否から入ってしまうことです。
素直に取り入れることができません。
試してみるまえに拒否。
私などにはまったく似合わないであろうと決め付けてしまうのです。
現に似合わないことが多いのですが(笑)

かわいらしくない自分を自分自身が認めていて、それを抱えて謙虚に生きているのならそれで問題はありません。
ふだんはおおむね、それでやっていけます。
ところが、スワッピングのセックスになるととたんに乱れます。
夫は私を選んだのだから、それでいい。
かわいらしくないのを承知で結婚したのだから、いい。

しかし、他人とセックスするということになると話は別です。
私がもし男だったら、私などより寺田さんの奥さんみたいな人がいいと思う。
それがきっとマジョリティの意見。
だとしたら、マイノリティの私は男にとってハズレに違いない。
そんな気持ちになるのです。

だったらかわいくなる努力をすれば?と自分でも思います。
それと同時に、かわいらしくない自分を失うことが不安になるのです。
うまく説明できませんが、かわいらしくなる努力をするというのは、自分らしくないこと。
それをしなければ受け入れてもらえないのであれば、負け犬でけっこうという意固地の壁がにょきにょきと出現し、それによってがっちりと心を守ろうとするのです。

だから、夫にアドバイスされても、
「でも私には似合わない」
「ちょっとかわいらしすぎる」
と、受け付けようとしません。
自分自身でよくなるチャンスをふさいでしまうのです。
素直であることが、中年女性が持つべき美徳であるというのはわかっていても、いざとなると逃げる自分がいる。
ひとのアドバイスを受けいれることは負けることではない。
笑われることでもない。
あとから考えたら、よくわかるのです。
夫にアドバイスを求めて、拒否するということを繰り返し、あきれるほどしかられてからようやくそれを思い出します。

寺田さん夫婦に再会する前、ひとしきりそういうことがありました。





いつもご訪問ありがとうございます~!
読んだよ~のお言葉を、ランキングクリックしていただけるとうれしいです~!!(^ ^)
ランキング応援お願いします。<(_ _)>


テーマ : 日記
ジャンル : アダルト

記憶する感情と忘却する感情 (1)



のどもと過ぎれば熱さを忘れるというように、悩んだことも苦しんだことも、ある程度時間が解決してくれます。
スワッピングで、気持ちがついてゆかず傷ついたことも、今になってみると、
「とくに悩むほどのことでもなかった」
と思うことがよくあります。

自分の記事を読み返してみてもそう。
いろいろ悩み苦しんでるなあ、と思います。
まるでひとごとみたいに(笑)
しかしほんとにひとごとみたいに思えるのです。
そのときは本当に苦しかったことが、今になってみるとぼんやりとした記憶になっているのです。

よく感情が伴う記憶は忘れないといいます。
確かに忘れはしませんが、感情の濃度が薄れるのはとめることはできません。
どれだけ熱く燃えた恋愛であっても、そのうち秋のように穏やかな日々が訪れるように、苦しんだことであっても、なにかその感情について、新たに上書きし続けないことには記憶が薄まるのは仕方のないことだと思うのです。
そういうことを思ったのは、少し前にわきあがった感情が、今ではまるでそうは思わないということに気付いたからなのです。

少し前、あるご夫婦とお会いしました。
私たちとほぼ同級生の寺田さんご夫婦。
おふたりはスワップは初めてとのこと。
はじめに食事をしてからということになりました。
寺田さんはガテン系のがっちりしたアニキタイプ。
奥さんはとても華奢でかわいらしいひとでした。
聞けばかなり大きなお子さんもいらっしゃるということでしたが、まるでそう見えない可憐さでした。

お酒も飲んだのですぐに打ち解け、楽しく食事し、ホテルに行きました。
けっこう酔っ払っていたので、寺田さんも奥さんも、そんなに戸惑うことなくふた手に別れてそれぞれスワッピング開始となりました。
寺田さんは勢いのよいひとで、猛烈な愛撫という感じで私をせめます。
私も酔っ払っていたため、記憶があいまいで、気付いたら入ってたという感覚でした。
しきりにおたがいの性器をこすり付けあい、気持ちよくなろうとしていました。
寺田さんは何度か「あー」といいながら腰の動きを止めていましたが、何度目かの「あー」のあとで射精しました。
私はイクところまでいってなかったので、まだ中途半端な気持ちでした。

横を見ると夫と寺田さんの奥さんは濃厚なキスをしていました。
糸が引きそうな濃厚なキスをずっと見せ付けられ、私の心の中はざわつきました。
嫉妬というのとはちょっと違う、なにかもどかしいかたまりが、のどの下にこみ上げました。
鼻息荒くなる感じとでもいうのか、いやらしいものを見て興奮しているのだけど、その片割れが自分の夫であって、どういう気持ちよさがいま彼らの中で繰り広げられているのかわかる。
とにかくもどかしい。
自分も気持ちよくなりたい。
体が火照る。
むずむずした状態でした。

寺田さんはすぐに二回戦を開始。
私はむずむずを解消するため、貪欲に快感を求めにゆくのですが、なかなか芯まではとどかずもどかしさを抱えていました。
それを払拭するように、
「ああ、あん、あん、気持ちいい、いい、もっともっと、ちょうだい」
と声をあげていました。
寺田さんの鼻息が荒くなり、ほどなく二回目の射精。
ふたりとも汗だくでした。

夫はすでに射精したらしかったのですが、ふたたび濃厚なキスの最中でした。
私たちが終わったので、ようやくふたりは離れました。
奥さんは離れぎわ、
「これ、気持ち入っちゃってヤバイよねえ」
と天真爛漫に言いました。

その言葉がのちのち私を悩ませることになったのです。




いつもご訪問ありがとうございます~!
読んだよ~のお言葉を、ランキングクリックしていただけるとうれしいです~!!(^ ^)
ランキング応援お願いします。<(_ _)>


テーマ : 日記
ジャンル : アダルト

SIX SEX (後編)


先日、いきなりブログが凍結されるという事態になりました。
FC2ブログではいきなり凍結されるということがよくあり、理由もよくわからないということ。
ああ、セックスとかSMとか奴隷とか、そういう言葉の数々がNGワードとなり、なにかに引っかかって凍結されたのか・・・
と失意の日々になると思っていたのですが、何のことはなくむこうの手違いだったようで、無事、復活いたしました。
ついでにテンプレートも変えました。
更新頻度は少ないですが、これからもお付き合いいただけると幸いです。

さて、前回のつづきです。
私と久保さん、夫と辻原さんの彼女、辻原さんとケイさん、という3組でのスワップは一旦終了しました。
久保さんは私に少し挿入しましたが、勃起が長く続かず、すぐに抜いていました。
夫は辻原さんの彼女で射精したとのことでした。
辻原さんがイったのかどうかはよくわかりません。
とりあえず6人が再び一同に集まって、小休止でした。

あとで夫に聞いたところによると、辻原さんの彼女はかなり盛り上がってスワップを楽しんでいたとのこと。
しかし、自分の彼氏が他人とセックスしているのを見たときには、
「イけなかったらいいのに」
と吐き捨てるように言っていたということでした。
その気持ちはわからないでもありません。
私は、夫が私以外の女性の中で発射しても、とくに感慨はありません。
むしろ、イけなかったと聞くほうが、残念にすら思います。
しかし自分のパートナーがスワップでうまくいかなかったらいいのにと思うという女性の声はよく聞きます。
やはりこの人は自分じゃないとダメなのよね、という安心感のようなものを感じられるからだと思います。

そういう気持ちがあったからか、6人が集まったときに、辻原さんの彼女は辻原さんのそばから離れようとしませんでした。
順番からいって、次は私は辻原さんと絡むのかなあと思っていたのですが、そういう雰囲気にはならず、ふたたび私は久保さんと絡むことになりました。
夫はケイさん、辻原さんは彼女と。
だれからともなく、ふたたびセックスモードになりました。

久保さんはさらにおもちゃで私のアナルを責めてきます。
私は開き直りのような心境で、それを受け入れていました。
しかしそれを抜く段になって、悲劇は起こりました。
お風呂場で抜いたのですが、アナルを責められると思っていなかった私は、おもちゃを汚してしまったのです。
ものすごく恥ずかしくて私は久保さんに申し訳ない気持ちでいっぱいでした。
久保さんは、
「大丈夫、大丈夫、最初はみんなこうだから」
と慰めてくれ、おもちゃを洗い流してくれました。

それまでとくに好みと思ったことのなかった久保さんでしたが、それを見ているといい人なんだなあという気持ちがじわじわわいてきて、思わずたくさんキスしてしまうほどでした。
自分のために骨を折ってくれる人がいるという事実は、新鮮にいいものだと思ったのです。
大人になると、だれかのために何かをする状態が普通。
家族や親しい人に、自分のためにやってもらってることがあったとしても、それはお互い様の範疇に押し込め、ふつうの感謝で終わります。
しかし、それ以外の人に、粗相してしまった自分のフォローをしてもらう機会などなかなかありません。
それはほんとうに新鮮な感動ですらありました。
ダメな自分を受け入れてもらうという経験。
ひたすらうなだれて、
「ごめんなさい、ありがとう」
と他人にお詫びする自分を見ることも、また新鮮な経験。
乱交パーティーの醍醐味はそれほど味わえなかったのですが、他人とのセックスだからこそ味わえた感覚だと思いました。



短めの記事ですみません(汗
本当はもっと長くなるはずで、いろいろ考えていたのですが、凍結されてごたごたしてしまい、こうなってしまいました(言い訳)
来年はもっとがんばろうと思います!


いつもご訪問ありがとうございます~!
読んだよ~のお言葉を、ランキングクリックしていただけるとうれしいです~\(^ ^)


ランキング応援お願いします。<(_ _)>


テーマ : 日記
ジャンル : アダルト

SIX SEX (前編)



乱交パーティーというものは、ハリウッド映画の影響か、やたらスタイルのいい金髪のお姉さんがたくさんいて入り乱れてセックスする、というイメージがありました。
もちろん、日本で行われる日本人だけの乱交パーティーには、金髪のお姉さんがいるわけもないので、はたしてどういうものなのだろう?と思っていました。
乱交パーティーに参加したことがあるという人たちに話を聞くと、とくにエロい感想も持っていないよう。
むしろ、趣味のサークルに参加しました、というような落ち着いたテンションでした。
そこでこんないやらしいことがあったんですというよりも、こんなオモシロイ人たちがいたんですという感想のほうが多く、他人とのセックスという行為が、ただの趣味のように思えるような話しぶりでした。

不思議なことに、スワップではあれほど心がかき乱されるのに、乱交ではそれほどかき乱されないのではないか、と思います。
スワップというのは1対1。
だから相手の顔がよく見えます。
夫あるいは妻が、どういう表情でいるのか、というのもよくわかります。
しかし乱交ではそれが見えません。
いいのか悪いのかわかりませんが、それがいやらしさを消すのかもしれません。

私はまだ乱交パーティーというものに参加したことはありませんが、3組でスワップしたことがあります。
そのときにふと、
「乱交ってこんな感じなのかな」
と思いました。

ひと組は以前2度ほどスワップした久保さんとケイさん夫婦。
もうひと組は初対面のお相手、辻原さんとその彼女
辻原さんは私たちよりも少し上で、彼女は私たちよりもかなり下。
年の差がけっこうあるカップルでした。
辻原さんカップルはスワップは未経験なのだとか。

久保さんたちが遅くなるというので、辻原さんカップルと私たちは先に食事をすることになりました。
初めてのスワップということで、辻原さんも彼女もずいぶん緊張しているのがわかりました。
かといって私たちも平常心ではありません。
かなり緊張はしていました。
初めてのお相手というのは、いつも緊張します。
そのうえ、3組いっせいにスワップなのです。
私は頭の中で、どの組み合わせでセックスが行われるのだろうと考えたりしていました。
辻原さんは正直、どういう人なのかよくわかりませんでした。
見た目、すこしこわそう。
でも話してみるとシャイなだけで、本当はやさしそうな感じもしました。

食事で少し緊張感がほぐれ、遅れてやってきた久保さん夫婦と合流し、ホテルの部屋にゆきました。
お酒がかなり入っていたので、最初からエロトークです。
辻原さんが大量のオトナのおもちゃを持参してきていたので、それで話は盛り上がりました。
そのうち、だれからともなくそれを試そうという流れになり、いつの間にかシャワーを浴び、みんな裸になっていました。
ここらへんは酔っ払っていたので、じつはあまり覚えていません(笑)

私はベッドで久保さん夫婦に愛撫されていました。
ケイさんが、
「メロンさんの乳首おいしい」
といいながら私の乳首をなめまわします。
久保さんは私のクリトリスに指をはわせ、あそこにおもちゃを差し入れます。
ひんやりとした違和感があそこに走り、背筋がひゅっとなりました。

そのうち、シャワーから出てきた辻原さんがケイさんとからみはじめます。
私は愛撫されながら、
「ということは、夫は彼女とからんでるのか・・・」
と考えていました。
夫と彼女はお風呂場でいちゃいちゃしている様子。
ケイさんと辻原さんはソファに場所を移し、セックスの最中。
「あん、あん、あ、あ、気持ちいい、気持ちいい・・・」
という、ケイさんの高いいやらしい声が響き渡っていました。

久保さんは、小さなピンポンだ玉ようなのが連なった棒のようなおもちゃを持ち出し、私のアナルに挿入しようとします。
さすがに不安で、
「そこは、ダメ・・・」
と言いましたが久保さんは、
「ゆっくりちょっとずつ入れるから」
と言って小さなピンポン玉をひとつ私のアナルに入れました。
最初ぎゅっと締まっていたアナルがピンポン玉の押され、ぎゅぎゅぎゅとされているうちに、ぷるんと入りました。
「あ・・・」
と声が出ました。

久保さんは私にキスしながら、アナルのピンポン玉をさらに入れようとします。
「ゆっくり、ゆっくりして」
私は懇願しました。
久保さんはうなずきながら、手に力を入れ、ぷるんとピンポン玉をもうひとつ入れました。
「あんっ・・・」
アナルの壁になにかが当たる感触がしました。
私は不安でいっぱいでしたが、酔いとともに古い皮がはがはがれるように恥ずかしさがはがれてゆき、楽しもうという気持ちが生まれました。
私を愛撫している久保さんのペニスをつかみ上下にしごきました。
久保さんはピンポン玉の棒をぐりぐりさせながら、私のクリトリスを刺激します。
気持ちよさが広がり、私は盛大に声を上げていました。

気がつくと部屋じゅうが、それぞれのあえぎ声で充満していました。
いやらしいとは思うものの、それは淫靡なという感じではありませんでした。
気持ちいいことをするスポーツみたいな感じ。
セックスする人数が増えれば増えるほど、淫靡さが薄れてくるのかもしれません。
1対1のセックスはたしかにいやらしく思います。
自分たちの行為に没頭できるというのは、いやらしいこと以外考えなくてもいいということ。
思いっきりセックスを堪能できます。
スワップになると、自分のパートナーの行動が気になったり、相手の女性のことが気になったり、いろんなことに気持ちが分散します。
そのため、楽しめたり楽しめなかったりということになると思うのです。
だから、2対2のスワップは気後れすると、とたんに苦しさまみれになる反面、当たればとことん淫靡な気持ちになれるのかもしれません。
もっと複数になると、感情抜きでセックスするのみ。
ただただセックス。
セックスが嫌いな人は参加していないという気楽さ。
それはそれでよいものだと思います。

後半に続きます。






いつもご訪問ありがとうございます~!
読んだよ~のお言葉を、ランキングクリックしていただけるとうれしいです~\(^ ^)\


ランキング応援お願いします。<(_ _)>


テーマ : 日記
ジャンル : アダルト

プロフィール

Author:メロン♀
夫にスワッピングの話を聞き、最初は全拒否から始めました。(>_<)
初体験まで数年かかりましたが、徐々にこの世界のよさがわかりはじめたアラフォー世代。スワッピングをお誘いくださるカップル様 募集中(沖縄県の某所)




最新記事
メールフォーム
沖縄某所まで会いに来てスワッピングをお誘いくださる同年代カップルさん募集中です。できれば女性同士でやり取りを進められたら永いお付き合いができると思います。こちらでの出会いは記事にはしませんので気軽にご連絡ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
アクセス元ランキング
検索フォーム
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。